元茨木川緑地公園の記事


元茨木川緑地

|   
(2014:04:04 15:14:28, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:450, 22 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:4.3, 中潮)

元茨木川緑地

元茨木川緑地(避難路)
元茨木川は廃川となり、一時はゴミ捨て場のような醜い環境になっていました。それが今ではこんなに緑豊かな美しい緑地に生まれ変わりました。ケヤキ、サクラ、クス、カシなどの緑は毎日私達に安らぎと新鮮な空気を提供してくれています。また元茨木川緑地と意休河川 安威川の河川空間を整備し西河原公園と連結することにより、延焼遮断帯としての効果や避難路としての活用もでき、防災機能の向上にも役立ちます。

そめいよしの桜
桜はバラ科の植物で「ひがん桜」「しき桜」「やま桜」「そめいよしの桜」など多くの品種があります。その中で一般に馴染みの深いそめいよしの桜は東京の染井の植木屋から世に広まり明治5年に初めてこの名前がつけられたそうで「えどひがん桜」と「おおしま桜」との雑種であろうといわれています。これらの清楚な花にちなみ、元茨木川緑地の高橋交差点から南側の道路に「桜通り」という愛称がつけられました。

茨木市土木公園緑地課


茨木市民さくらまつり期間 平成26年3…

|   
(2014:04:04 15:21:23, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:500, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:4.3, 中潮)

茨木市民さくらまつり
期間 平成26年3月28日~4月6日
第2会場案内図

第2会場はバーベキュー・コンロ等の火気の使用を全域で許可しています。


こちらの会場は桜以外の樹木が多くちょっ…

|   
(2014:04:04 15:22:15, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:250, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:4.3, 中潮)

こちらの会場は桜以外の樹木が多くちょっと微妙でした。


第2会場側には常設のトイレが一箇所しか…

|   
(2014:04:04 15:24:02, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:4.3, 中潮)

第2会場側には常設のトイレが一箇所しかないため、仮設トイレと仮設水道が用意されていました。


元茨木川緑地公園はここで終わり。

|   
(2014:04:04 15:28:11, NIKON D800, F8.0, 1/200, +1/2, ISO:250, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:4.3, 中潮)

元茨木川緑地公園はここで終わり。


安威川 茨木川 合流の碑

|   
(2014:04:04 15:28:28, NIKON D800, F8.0, 1/200, +1/2, ISO:250, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:4.3, 中潮)

公園の出口に石碑がありました。


茨木川は、茨木市北部の山地部から中央部…

|   
(2014:04:04 15:28:34, NIKON D800, F8.0, 1/200, +1/2, ISO:280, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:4.3, 中潮)

茨木川は、茨木市北部の山地部から中央部を、安威川と並行して貫流し、三宅村で合流していました。
昔は、川幅が甚だしく狭いうえ天井川で、しかも堤防の土質が軟弱なため、一度洪水にあうと破堤崩壊して、たびたび濁流はんらんの災害を起こしてきました。
昭和に入って昭和10年の水害の折、沿川の茨木町長 西田善次氏、王櫛村長 高島信蔵氏、玉島村長 岡田●之助氏、三島村長 谷山台三氏、春日村長 川村英太良氏、三宅村長 田畑新吾氏が連署して政府および大阪府知事 安井英二氏にその実情を訴え、すみやかに河川改修事業を実施するよう陳情書を提出されました。
当時の府議会議長 礒村彌右衛門氏等関係者の協力を得て、町村民の結集した努力の結果、昭和16年、茨木川は、田中町地先で安威川に合流され、現在の姿になりました。合流点以南の区間は、昭和24年廃川となり、現在は元茨木川緑地として整備されております。
昔から、たびたび洪水に悩み、懸命に対応してきた先人の賢明さと粘り強さを知り、洪水に対する先人たちの労苦に感謝し、その功績を顕彰し、また、後世に引き継いでいくため、ここに合流由来碑を建立します。

昭和60年3月吉日
茨木市長 重富敏之書





  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com