大町海岸公園の記事


大町海岸公園

|   
(2012:06:28 09:01:02, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位, 月齢:8.5, 小潮)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

広い芝生の公園がありました。管理人がスプリンクラーで散水中。それを見ながら休憩です。


トイレもありました。

|   
(2012:06:28 09:01:19, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 25 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位, 月齢:8.5, 小潮)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

トイレもありました。


魚津の米騒動発祥の地のすぐ近くというこ…

|   
(2012:06:28 09:02:00, NIKON D800, F8.0, 1/400, 0, ISO:100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位, 月齢:8.5, 小潮)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

魚津の米騒動発祥の地のすぐ近くということもありそのモニュメントが設置されていました。


魚津の米騒動

|   
(2012:06:28 09:02:04, NIKON D800, F8.0, 1/500, 0, ISO:100, 35 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位, 月齢:8.5, 小潮)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

魚津の米騒動

50メートル先は、大正7年(1918年)に怒った米騒動発祥の地であり、当時の米倉庫が残されています。


米騒動のモニュメント

|   
(2012:06:28 09:02:14, NIKON D800, F8.0, 1/400, 0, ISO:100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位, 月齢:8.5, 小潮)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

米騒動のモニュメント

大町海岸公園を整備するにあたりここが米騒動発祥の地の近くであることから、デザインを公募してこのモニュメントを設置しました。
デザインは、船の舳先と積んである米俵であり、当時の米俵の積み出しをイメージしています。
台座の部分は、美しい魚津の海岸線をイメージし、ビー玉や貝殻で砂浜を、モザイクタイルで富山湾の海の青さを表現しています。

平成18年12月
魚津市


郷土の生んだ先覚者 横山源之助

|   
(2012:06:28 09:11:48, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:140, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位, 月齢:8.5, 小潮)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

見逃してしまいそうなほどの隅に横山源之助という記者の記念碑がありました。


郷土の生んだ先覚者 横山源之助

|   
(2012:06:28 09:11:53, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:100, 17 mm, AF-S Nikkor 17-35mm f/2.8D, 撮影地, 潮位, 月齢:8.5, 小潮)
カテゴリ: 201206新潟・富山  

郷土の生んだ先覚者
横山源之助
明治4年~大正4年
(1871年~1915年)

下新川郡魚津町で生後間もなく、左官職の横山家の養子に出され、魚津明理小学校(現 大町小学校)を卒業、創立第1期生として富山中学(現 富山高校)に入学した。しかし1年を待たず中退、弁護士を志して上京し、英吉利法律学校(現 中央大学)に進学したが、学資の援助が途絶えて学業を断念、失意の時期に二葉亭四迷、松原岩五郎らの知遇を得、独自の志を実践した。
明治27年(1894年)、記者として横浜毎日新聞社に入社、貧民層を照らす優れたルポルタージュで注目され、明治32年(1899年)に「日本之下層社会」「内地雑居後之日本」の名著を出版した。過労で同社を退社、故郷魚津で静養中の明治34年(1901年)に請われて農商務省嘱託となり調査活動に専念した。その成果「職工事情」(明治36年=1903年、農商務省刊)は、我が国の資本主義経済を知る上で欠かすことの出来ない古典的資料となっている。
自らもまた貧しく大正4年(1915年)東京で病死、享年44歳。
近代日本と資本主義社会生成期の社会学、経済学、労働問題を、貧窮した生活者の立場からジャーナリスト・ルポ作家の文学的手法で現代に遺した。それらは必携の資料「横山源之助全集」(全9巻・別巻2、平成18年=2006年、法政大学出版局刊)として受け継がれている。
この碑は長く新金屋公園にあったが、全集刊行によって郷土魚津にも取材した業績が明らかにされたのを機に、横山源之助の絆の地として米騒動発祥の現地に移すものである。

平成20年(2008年)7月
魚津市長 澤崎義敬





  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com