向日葵や砂地で結ぶ駅と海青々子竹尾新太…

|   
(2010:07:20 15:44:25, NIKON D300, F10.0, 1/320, 0, ISO:200, 42 mm(換算63 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位, 月齢:8.3, 小潮)
カテゴリ: 201007室戸岬  

向日葵や砂地で結ぶ駅と海
青々子

竹尾新太郎先生(青々子)は東京のご出身で、幼くして俳句への非凡の才を発揮され長じて朝日新聞社に入社、その後「数奇屋橋句会」「朝日句会」等の同人として活躍されその平明にして洗練された句風をもって広く中央俳壇に名を馳せられた俳人でもある。先生は縁あって再三甲浦を訪れ、土佐の風光と人心の明るさをこよなく愛でられ、特に「甲浦さくらづ句会」を永年にわたり温かくご指導賜り俳句を通じて地域文化の向上に寄与されたところ誠に大きくここに在りし日の先生を偲びその遺句を刻み句碑を建立したものである。

昭和58年5月

甲浦さくらづ句会





前の画像次の画像

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com