木曽三川の治水史

|   
(2009:08:22 12:59:15, NIKON D200, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.7, 中潮)
カテゴリ: 200908木曽三川  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

治水史I 江戸時代中期
宝暦治水

 木曽三川は、木曽・長良・揖斐川の順で河床が低くなっており、その河筋は輪中を取り囲んで網の目のようになって流れていたため、木曽川の洪水は長良川、揖斐川を逆流し、氾濫を繰り返していました。徳川幕府による木曽川左岸の御囲堤(おかこいづつみ)の完成(1609年)により、美濃(現在の岐阜県)の水害がますます多くなりました。その後、徳川幕府は宝暦3年(1753年)美濃郡代 伊沢弥惣兵衛為永(いざわやそうべいためなが)がたてた木曽三川の分流計画をもとにした治水工事を薩摩藩(現在の鹿児島県)に命じました。宝暦4年2月(1754年)、薩摩藩家老の平田靭負(ひらたゆきえ)を総奉行として工事が始められ、油島締切(あぶらじましめきり)、大榑川洗堰(おおぐれがわあらいぜき)、逆川洗堰締切(ぎゃくがわあらいぜきしめきり)などの大工事(宝暦治水)を1年3ヶ月で完成しました。が、平田靭負をはじめ80余名の病死、割腹者をだしました。工事にかかった費用約40万両(当時の薩摩藩全収入の2年分以上)のうち、幕府の負担はわずか1万両で、薩摩藩は多くの借財を抱えることになりました。
 宝暦治水では、三川の完全分流はできませんでしたが、近代治水工事の先駆けとなったものといえるでしょう。





前の画像次の画像

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com