2014年ヒメボタルの乱舞@豊中市

|   
(2014:05:31 20:20:13, NIKON D800, F7.1, 30, 0, ISO:2000, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:2.3, 中潮)

今夜はヒメボタルが今年一番の光りっぷりでした。そして豊中市環境部主催のヒメボタル観察会まであったのでヒトも今年一番の混雑っぷり。

観察会は事前にヒメボタル関連の説明を受けているようで、この生息地では解説らしいものはなく、ぐるっとひと回りして図書館を目指して去っていきました。1班10人ぐらい8班に分かれて班長が蛍光塗料で数字を書いたプレートを持って引率。5班の班長は懐中電灯が迷惑にならないように周りに気配りながらもこまめに蛍光塗料に光を当てていました。それに対して2班の班長はずっと懐中電灯をつけっぱなしでたまに水平にすることもあったので眩しい眩しい。
小学生低学年から幼稚園児ぐらいの家族参加が多かった印象でした。

光っているのはほとんどヒメボタルですが、今夜は久々にゲンジボタルを見ました。しかも運よくカメラの前まで!ちょうど看板の右上側で光っている長い光芒がゲンジボタルです。気づいた人も多く「ゲンジボタル」「ゲンジボタル」と声が。その後この蛍は通路側に飛んできて・・・見事に大人の手の中へ。まさかこの状況の中で捕まえる人がいるとは想像していなかったので思わず笑ってしまいました。

ちなみにこの構図。ずっと狙っていたものでした。
「ここはヒメボタルの生息地です」という看板を入れた状態で、かつ、その看板が読めて、通路と人が写り、無数の蛍が光る。
なかなかこのような絵を撮れる機会がなく悶々としていたのでちょっと満足。欲を言えばもう少しきちんと人が写ってくれればなぁ。

今回は30秒露出の80枚手抜きjpg合成。途中21枚合成に使わなかった画像があるので星の線が途切れ。手を抜かずきちんと画像処理すべき、とちょっと反省だけしておくことにしました。





前の画像次の画像

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com