7月の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

鯨浜近くの海中(その2)

|
(2009:07:30 10:12:22, NIKON D200, F4.0, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4252.jpg _DSC4260.jpg _DSC4275.jpg _DSC4279.jpg _DSC4285.jpg

鯨浜近くの海でビックリしたことはとにかく珊瑚が多いこと!死んでいるサンゴもいたが、生きているサンゴがものすごい広い範囲に分布していた。サンゴの間には魚はもちろんイカの卵まで確認できた。ちなみに1枚目の写真は形はサンゴだが海藻の一種。






鯨浜近くの海中(その2)

|
(2009:07:30 10:13:19, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4252.jpg _DSC4260.jpg _DSC4275.jpg _DSC4279.jpg _DSC4285.jpg

鯨浜近くの海でビックリしたことはとにかく珊瑚が多いこと!死んでいるサンゴもいたが、生きているサンゴがものすごい広い範囲に分布していた。サンゴの間には魚はもちろんイカの卵まで確認できた。ちなみに1枚目の写真は形はサンゴだが海藻の一種。






鯨浜近くの海中(その2)

|
(2009:07:30 10:14:10, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4252.jpg _DSC4260.jpg _DSC4275.jpg _DSC4279.jpg _DSC4285.jpg

鯨浜近くの海でビックリしたことはとにかく珊瑚が多いこと!死んでいるサンゴもいたが、生きているサンゴがものすごい広い範囲に分布していた。サンゴの間には魚はもちろんイカの卵まで確認できた。ちなみに1枚目の写真は形はサンゴだが海藻の一種。






鯨浜近くの海中(その2)

|
(2009:07:30 10:14:20, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4252.jpg _DSC4260.jpg _DSC4275.jpg _DSC4279.jpg _DSC4285.jpg

鯨浜近くの海でビックリしたことはとにかく珊瑚が多いこと!死んでいるサンゴもいたが、生きているサンゴがものすごい広い範囲に分布していた。サンゴの間には魚はもちろんイカの卵まで確認できた。ちなみに1枚目の写真は形はサンゴだが海藻の一種。






鯨浜近くの海中(その1)

|
(2009:07:30 09:49:28, NIKON D200, F13.0, 1/80, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4223.jpg _DSC4229.jpg _DSC4233.jpg _DSC4240.jpg _DSC4250.jpg

崎原海岸を南に向けて鯨浜集落を抜けた浜辺でこの日1回目の海に入りました。岸近くにはやけに細長い貝や、いつ見ても気持ち悪いイカリナマコなどがいた。






鯨浜近くの海中(その1)

|
(2009:07:30 10:02:43, NIKON D200, F7.1, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4223.jpg _DSC4229.jpg _DSC4233.jpg _DSC4240.jpg _DSC4250.jpg

崎原海岸を南に向けて鯨浜集落を抜けた浜辺でこの日1回目の海に入りました。岸近くにはやけに細長い貝や、いつ見ても気持ち悪いイカリナマコなどがいた。






鯨浜近くの海中(その1)

|
(2009:07:30 10:03:03, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4223.jpg _DSC4229.jpg _DSC4233.jpg _DSC4240.jpg _DSC4250.jpg

崎原海岸を南に向けて鯨浜集落を抜けた浜辺でこの日1回目の海に入りました。岸近くにはやけに細長い貝や、いつ見ても気持ち悪いイカリナマコなどがいた。






鯨浜近くの海中(その1)

|
(2009:07:30 10:04:34, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4223.jpg _DSC4229.jpg _DSC4233.jpg _DSC4240.jpg _DSC4250.jpg

崎原海岸を南に向けて鯨浜集落を抜けた浜辺でこの日1回目の海に入りました。岸近くにはやけに細長い貝や、いつ見ても気持ち悪いイカリナマコなどがいた。






鯨浜近くの海中(その1)

|
(2009:07:30 10:09:56, NIKON D200, F9.0, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4223.jpg _DSC4229.jpg _DSC4233.jpg _DSC4240.jpg _DSC4250.jpg

崎原海岸を南に向けて鯨浜集落を抜けた浜辺でこの日1回目の海に入りました。岸近くにはやけに細長い貝や、いつ見ても気持ち悪いイカリナマコなどがいた。






打田原の塩作り体験

|
(2009:07:30 09:04:27, NIKON D200, F13.0, 1/45, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4205.jpg _DSC4209.jpg _DSC4211.jpg

海岸沿いに打田原集落がブランド化している塩作りの体験施設がありました。体験コースは、、、ちょっと値段が高く、必要以上に大量の塩持ち帰りが可能と手を出しにくい設定。おそらく1人料金ではなくグループ料金なので、2、3家族ぐらいでやるといいのかもしれない。この体験施設にはトイレ/シャワーもあった。



奄美市認定一集落1ブランド

エメナルドブルーの海と天然塩づくり体験

歴史・暮らしとの関わり
全長500メートルにも及ぶ打田原の海辺は、昔から変わらず純白の砂浜と透明度の高い海として多くの人々に愛されてきております。また、海洋療法にも適しており、健康増進効果も期待されます。昔から、島の人々は浜に下り、アダンの木陰で塩焚きをし、各家庭で作った塩は生活の糧となり、物々交換などで人々は生計を立てていました。現在、塩づくりりをする家庭はほとんど見られないが、近年、浜辺に打ち揚げられる流木を利用して自作の塩を楽しんでいる。また、塩づくりの過程でできる「にがり」も、化粧水や豆腐作りに利用されている。


ブランドを体験するのに最適な時期
年中通して塩づくり体験をすることはできるが、昔から塩をつくるのは冬場という教えなどもある。塩を作る際は、一日中火を焚いているため、小屋内の温度はかなり上がる。そのため、寒い時期が適当なのかもしれない。しかし、夏場でも目の前には美しいビーチが広がっているので作業後に海に入るのもいいかもしれない。小屋にはシャワー室も完備。


集落名:奄美市笠利町打田原
人口:61人
世帯数:31
(平成20年2月末現在)

塩づくり体験に関するお問い合わせ
笠利総合支所 地域総務課
0997-63-1111



打田原の塩作り体験

|
(2009:07:30 09:08:44, NIKON D200, F13.0, 1/40, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4205.jpg _DSC4209.jpg _DSC4211.jpg

海岸沿いに打田原集落がブランド化している塩作りの体験施設がありました。体験コースは、、、ちょっと値段が高く、必要以上に大量の塩持ち帰りが可能と手を出しにくい設定。おそらく1人料金ではなくグループ料金なので、2、3家族ぐらいでやるといいのかもしれない。この体験施設にはトイレ/シャワーもあった。



奄美市笠利町
打田原集落ブランド

天然の塩づくり体験メニューと体験申込書

事務局
TEL:0997-63-2378
FAX:0997-63-2871
URL:http://www16.ocn.ne.jp/~akiho-wa/index.html
Email:furasikian-akiho@blue.ocn.ne.jp
和田昭穂

Aコース(3時間) 薪持込 体験料3000円 海水180~200リットル 生産量4~6kg 持ち帰り量5kg
Bコース(3時間) 薪なし 体験料6000円 海水180~200リットル 生産量4~6kg 持ち帰り量5kg
Cコース(5時間) 薪持込 体験料5000円 海水300~340リットル 生産量6~8kg 持ち帰り量7kg
Dコース(5時間) 薪なし 体験料1万円 海水300~340リットル 生産量6~8kg 持ち帰り量7kg
Eコース(8時間) 薪持込 体験料8000円 海水500~520リットル 生産量10~12kg 持ち帰り量11kg
Fコース(8時間) 薪なし 体験料8000円 海水500~520リットル 生産量10~12kg 持ち帰り量11kg
Gコース(見学) 300円(要現地到着時刻連絡)

【準備】
1.薪の搬入(薪広場)
2.鍋の掃除確認
3.海水の汲み上げと張り
4.火入れ準備
5.以後、釜口への排煙に注意しながら連続して火焚きをする(火の番は1、2名でほかは海・磯遊び体験可)

※1番釜(手前)は約200リットル、2番釜は約100リットル

【海水補充】
※体験希望時間3時間前まで、約1時間おきに60~80リットル以上ずつ2番釜から1番釜に海水を補充する。

【Ca除去】
※Ca(カルシウム)は、塩の結晶直前に鍋底一面に沈殿し、まもなく浮遊を始める。完全除去を希望する場合は、火力を落としてすくい取る。

【塩の採取】
1.Caの除去が終わると火力を上げて塩の結晶を持ち、結晶が始まるとすくい上げてひらしながらにがりを受ける(用具は設置してある)
2.製品が適当に冷えたら分離機(洗濯機)にかけてニガリを分離除去して容器に採る。


準備物
1.体験希望者は薪を持参する(有料1時間分1000円で事務局にもある)
2.製品を入れる容器(生産量に見合う塩用とニガリ用容器)
3.浜遊び・海遊び・磯遊びなどの体験用具



おねがい

当場の維持・運営費用を捻出するために直売をいたします。
1パックは500円です。
購入された方に「ニガリ」を小ポットサービスします。
場内に声をかけて下さい。

打田原集落会「塩づくり体験場」事務局
0997-63-2378(和田)


集合場所
奄美市笠利町打田原集落会
「天然塩づくり体験場」

「体験場」の紹介
2007年7月、●人の投資で集落のブランドとして設立、●●。
東シナ海の黒潮をポンプで汲み上げて煮詰める自己体験をする。
3、5、8時間と見学の4コースを自主選択して予約する。
カルシウムのほかミネラルを豊富に含んだ栄養・料理塩。

予約申し込み崎(事務局 和田)
TEL:0997-63-2378
FAX:0997-63-2871
URL:http://www16.ocn.ne.jp/~akiho-wa/index.html

「成分表示」100gあたり
たんぱく質:0.0g
脂質:0.0g
炭水化物:2.4g
熱量:10kcal
Na:3300mg
Ca:400mg
K:240mg
Fe:0.1未満
Mg:560mg
鹿児島試験センター分析結果

内容量250g



打田原の塩作り体験

|
(2009:07:30 09:09:02, NIKON D200, F13.0, 1/80, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4205.jpg _DSC4209.jpg _DSC4211.jpg

海岸沿いに打田原集落がブランド化している塩作りの体験施設がありました。体験コースは、、、ちょっと値段が高く、必要以上に大量の塩持ち帰りが可能と手を出しにくい設定。おそらく1人料金ではなくグループ料金なので、2、3家族ぐらいでやるといいのかもしれない。この体験施設にはトイレ/シャワーもあった。






崎原海岸から喜瀬漁港へ(その1)

|
(2009:07:30 08:50:52, NIKON D200, F13.0, 1/160, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4204.jpg _DSC4213.jpg _DSC4219.jpg _DSC4220.jpg _DSC4221.jpg

海岸線は綺麗なものの海の中の生き物はイマイチだった崎原ビーチを後にして南下を開始しました。道路はずっと海沿いで岩ベースの場所や砂の場所など様々な顔を見せる海岸線です。善意の集積所のおかげか、漂着ゴミの少ない海岸が続いています。






崎原海岸から喜瀬漁港へ(その1)

|
(2009:07:30 09:10:49, NIKON D200, F13.0, 1/160, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4204.jpg _DSC4213.jpg _DSC4219.jpg _DSC4220.jpg _DSC4221.jpg

海岸線は綺麗なものの海の中の生き物はイマイチだった崎原ビーチを後にして南下を開始しました。道路はずっと海沿いで岩ベースの場所や砂の場所など様々な顔を見せる海岸線です。善意の集積所のおかげか、漂着ゴミの少ない海岸が続いています。






崎原海岸から喜瀬漁港へ(その1)

|
(2009:07:30 09:23:30, NIKON D200, F13.0, 1/180, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4204.jpg _DSC4213.jpg _DSC4219.jpg _DSC4220.jpg _DSC4221.jpg

海岸線は綺麗なものの海の中の生き物はイマイチだった崎原ビーチを後にして南下を開始しました。道路はずっと海沿いで岩ベースの場所や砂の場所など様々な顔を見せる海岸線です。善意の集積所のおかげか、漂着ゴミの少ない海岸が続いています。






崎原海岸から喜瀬漁港へ(その1)

|
(2009:07:30 09:28:18, NIKON D200, F13.0, 1/200, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4204.jpg _DSC4213.jpg _DSC4219.jpg _DSC4220.jpg _DSC4221.jpg

海岸線は綺麗なものの海の中の生き物はイマイチだった崎原ビーチを後にして南下を開始しました。道路はずっと海沿いで岩ベースの場所や砂の場所など様々な顔を見せる海岸線です。善意の集積所のおかげか、漂着ゴミの少ない海岸が続いています。






崎原海岸から喜瀬漁港へ(その1)

|
(2009:07:30 09:28:24, NIKON D200, F13.0, 1/250, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4204.jpg _DSC4213.jpg _DSC4219.jpg _DSC4220.jpg _DSC4221.jpg

海岸線は綺麗なものの海の中の生き物はイマイチだった崎原ビーチを後にして南下を開始しました。道路はずっと海沿いで岩ベースの場所や砂の場所など様々な顔を見せる海岸線です。善意の集積所のおかげか、漂着ゴミの少ない海岸が続いています。






崎原ビーチ

|
(2009:07:30 07:43:30, NIKON D200, F7.1, 1/640, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4196.jpg _DSC4197.jpg _DSC4198.jpg _DSC4199.jpg _DSC4202.jpg

崎原海岸は砂浜ベースのビーチで、道路から数メートル幅のアダンの森を抜けるとビーチに出る。道路は上にデイゴの枝が覆い被さり日陰。幅が広いため海水浴客が駐車することがある。

ビーチには一箇所ベンチが設置されているが、どこにも日陰はない。ビーチ沿いに生えているアダンの木の下に入れば1、2人は日陰に入れる場所が何箇所かあるが基本的に炎天下に曝されるような場所。朝、夕の太陽が低い時間帯は気持ちいいビーチだが、真昼はツライ。






崎原ビーチ

|
(2009:07:30 07:43:40, NIKON D200, F7.1, 1/640, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4196.jpg _DSC4197.jpg _DSC4198.jpg _DSC4199.jpg _DSC4202.jpg

崎原海岸は砂浜ベースのビーチで、道路から数メートル幅のアダンの森を抜けるとビーチに出る。道路は上にデイゴの枝が覆い被さり日陰。幅が広いため海水浴客が駐車することがある。

ビーチには一箇所ベンチが設置されているが、どこにも日陰はない。ビーチ沿いに生えているアダンの木の下に入れば1、2人は日陰に入れる場所が何箇所かあるが基本的に炎天下に曝されるような場所。朝、夕の太陽が低い時間帯は気持ちいいビーチだが、真昼はツライ。






崎原ビーチ

|
(2009:07:30 07:43:57, NIKON D200, F7.1, 1/200, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4196.jpg _DSC4197.jpg _DSC4198.jpg _DSC4199.jpg _DSC4202.jpg

崎原海岸は砂浜ベースのビーチで、道路から数メートル幅のアダンの森を抜けるとビーチに出る。道路は上にデイゴの枝が覆い被さり日陰。幅が広いため海水浴客が駐車することがある。

ビーチには一箇所ベンチが設置されているが、どこにも日陰はない。ビーチ沿いに生えているアダンの木の下に入れば1、2人は日陰に入れる場所が何箇所かあるが基本的に炎天下に曝されるような場所。朝、夕の太陽が低い時間帯は気持ちいいビーチだが、真昼はツライ。






 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16   >>|

カテゴリ