7月の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

神ノ子の海中(その5)

|
(2009:07:30 14:43:02, NIKON D200, F13.0, 1/180, 0, ISO:100, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4452.jpg _DSC4474.jpg _DSC4486.jpg _DSC4498.jpg _DSC4504.jpg _DSC4566.jpg

ようやく奄美大島北部を一周した。これからの道は前に一度歩いた道。ここ神ノ子も泳ぐのは2度目。6枚目のヒラヒラ舞うように泳ぐオビテンスモドキを見かけて興奮。シャッターを切りまくっているうちに電池が切れて海から上がる羽目に。

この日は奄美ばしゃ山村からの水上ジェットが手広海岸から用安までの海をものすごいスピードで入ったり来たり。油断していると水面で轢かれ兼ねないので非常に神経を使った。






神ノ子の海中(その5)

|
(2009:07:30 14:59:37, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4452.jpg _DSC4474.jpg _DSC4486.jpg _DSC4498.jpg _DSC4504.jpg _DSC4566.jpg

ようやく奄美大島北部を一周した。これからの道は前に一度歩いた道。ここ神ノ子も泳ぐのは2度目。6枚目のヒラヒラ舞うように泳ぐオビテンスモドキを見かけて興奮。シャッターを切りまくっているうちに電池が切れて海から上がる羽目に。

この日は奄美ばしゃ山村からの水上ジェットが手広海岸から用安までの海をものすごいスピードで入ったり来たり。油断していると水面で轢かれ兼ねないので非常に神経を使った。






神ノ子の海中(その5)

|
(2009:07:30 14:59:57, NIKON D200, F9.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4452.jpg _DSC4474.jpg _DSC4486.jpg _DSC4498.jpg _DSC4504.jpg _DSC4566.jpg

ようやく奄美大島北部を一周した。これからの道は前に一度歩いた道。ここ神ノ子も泳ぐのは2度目。6枚目のヒラヒラ舞うように泳ぐオビテンスモドキを見かけて興奮。シャッターを切りまくっているうちに電池が切れて海から上がる羽目に。

この日は奄美ばしゃ山村からの水上ジェットが手広海岸から用安までの海をものすごいスピードで入ったり来たり。油断していると水面で轢かれ兼ねないので非常に神経を使った。






神ノ子の海中(その5)

|
(2009:07:30 15:05:20, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4452.jpg _DSC4474.jpg _DSC4486.jpg _DSC4498.jpg _DSC4504.jpg _DSC4566.jpg

ようやく奄美大島北部を一周した。これからの道は前に一度歩いた道。ここ神ノ子も泳ぐのは2度目。6枚目のヒラヒラ舞うように泳ぐオビテンスモドキを見かけて興奮。シャッターを切りまくっているうちに電池が切れて海から上がる羽目に。

この日は奄美ばしゃ山村からの水上ジェットが手広海岸から用安までの海をものすごいスピードで入ったり来たり。油断していると水面で轢かれ兼ねないので非常に神経を使った。






神ノ子の海中(その5)

|
(2009:07:30 15:06:28, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4452.jpg _DSC4474.jpg _DSC4486.jpg _DSC4498.jpg _DSC4504.jpg _DSC4566.jpg

ようやく奄美大島北部を一周した。これからの道は前に一度歩いた道。ここ神ノ子も泳ぐのは2度目。6枚目のヒラヒラ舞うように泳ぐオビテンスモドキを見かけて興奮。シャッターを切りまくっているうちに電池が切れて海から上がる羽目に。

この日は奄美ばしゃ山村からの水上ジェットが手広海岸から用安までの海をものすごいスピードで入ったり来たり。油断していると水面で轢かれ兼ねないので非常に神経を使った。






奄美クレーターの休憩所

|
(2009:07:30 13:51:51, NIKON D200, F13.0, 1/500, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4440.jpg _DSC4442.jpg _DSC4443.jpg

泳いだ場所にあった休憩所です。国道沿いに待避所のような駐車スペースと陽が避けれる休憩所がありました。階段で浜辺まで降りれるようになっています。奄美クレーターの歴史に関する説明も用意されていました。



奄美クレーター

 大島郡龍郷町の赤尾木湾は、太古の昔、隕石が落ちたことで出来たと言われており、通称、奄美クレーターと呼ばれています。直径は約3km。
 過去の調査で、海岸の砂浜から何度も小さな鉄の玉が発見されたことがあり、また、湾の内外の海底では、隕石の落ちた時のくぼみが18ヶ所確認されています。
 さらに、赤尾木湾と太平洋を仕切っている陸地の両端のがけのした部分からフジツボやカキなどの貝の跡が発見されており、昔は海であったことがわかります。
 このことから、昔は、湾の両側は、それぞれ別の島で、隕石が落ちたことにより、海が埋め立てられて陸続きになったものと考えられています。


出典:「鹿児島の理科ものがたり」昭和55年鹿児島県小学校理科研究●議会●●

龍郷町産業振興課
0997-62-3111



奄美クレーターの休憩所

|
(2009:07:30 13:53:03, NIKON D200, F13.0, 1/200, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4440.jpg _DSC4442.jpg _DSC4443.jpg

泳いだ場所にあった休憩所です。国道沿いに待避所のような駐車スペースと陽が避けれる休憩所がありました。階段で浜辺まで降りれるようになっています。奄美クレーターの歴史に関する説明も用意されていました。






奄美クレーターの休憩所

|
(2009:07:30 13:53:12, NIKON D200, F13.0, 1/125, 0, ISO:100, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4440.jpg _DSC4442.jpg _DSC4443.jpg

泳いだ場所にあった休憩所です。国道沿いに待避所のような駐車スペースと陽が避けれる休憩所がありました。階段で浜辺まで降りれるようになっています。奄美クレーターの歴史に関する説明も用意されていました。






奄美クレーターの海中

|
(2009:07:30 13:20:16, NIKON D200, F13.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4383.jpg _DSC4386.jpg _DSC4392.jpg _DSC4411.jpg _DSC4418.jpg _DSC4427.jpg

今回の旅行で奄美クレーター内を泳ぐのは2回目。前回は赤徳集落側だったが、今回はそのはるか東、喜瀬側の海。国道沿いに休憩所/駐車場があった場所で泳いだ。海に入ってすぐに目に入ったのがクロサギとアジ科の魚の群れ。岸辺の浅瀬を泳いでいた。ヘコアユやイシモチの仲間、アミアイゴなどお馴染みの魚が中心、、、というかそれしか見れませんでした。少し沖目に言っても生き物が少なく、岸辺のアジやクロサギをもっとじっくり撮影しておけばよかったと後悔。奄美で泳いだ海の中で一番ハズレだったかもしれません。






奄美クレーターの海中

|
(2009:07:30 13:22:47, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4383.jpg _DSC4386.jpg _DSC4392.jpg _DSC4411.jpg _DSC4418.jpg _DSC4427.jpg

今回の旅行で奄美クレーター内を泳ぐのは2回目。前回は赤徳集落側だったが、今回はそのはるか東、喜瀬側の海。国道沿いに休憩所/駐車場があった場所で泳いだ。海に入ってすぐに目に入ったのがクロサギとアジ科の魚の群れ。岸辺の浅瀬を泳いでいた。ヘコアユやイシモチの仲間、アミアイゴなどお馴染みの魚が中心、、、というかそれしか見れませんでした。少し沖目に言っても生き物が少なく、岸辺のアジやクロサギをもっとじっくり撮影しておけばよかったと後悔。奄美で泳いだ海の中で一番ハズレだったかもしれません。






奄美クレーターの海中

|
(2009:07:30 13:29:32, NIKON D200, F13.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4383.jpg _DSC4386.jpg _DSC4392.jpg _DSC4411.jpg _DSC4418.jpg _DSC4427.jpg

今回の旅行で奄美クレーター内を泳ぐのは2回目。前回は赤徳集落側だったが、今回はそのはるか東、喜瀬側の海。国道沿いに休憩所/駐車場があった場所で泳いだ。海に入ってすぐに目に入ったのがクロサギとアジ科の魚の群れ。岸辺の浅瀬を泳いでいた。ヘコアユやイシモチの仲間、アミアイゴなどお馴染みの魚が中心、、、というかそれしか見れませんでした。少し沖目に言っても生き物が少なく、岸辺のアジやクロサギをもっとじっくり撮影しておけばよかったと後悔。奄美で泳いだ海の中で一番ハズレだったかもしれません。






奄美クレーターの海中

|
(2009:07:30 13:31:09, NIKON D200, F11.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4383.jpg _DSC4386.jpg _DSC4392.jpg _DSC4411.jpg _DSC4418.jpg _DSC4427.jpg

今回の旅行で奄美クレーター内を泳ぐのは2回目。前回は赤徳集落側だったが、今回はそのはるか東、喜瀬側の海。国道沿いに休憩所/駐車場があった場所で泳いだ。海に入ってすぐに目に入ったのがクロサギとアジ科の魚の群れ。岸辺の浅瀬を泳いでいた。ヘコアユやイシモチの仲間、アミアイゴなどお馴染みの魚が中心、、、というかそれしか見れませんでした。少し沖目に言っても生き物が少なく、岸辺のアジやクロサギをもっとじっくり撮影しておけばよかったと後悔。奄美で泳いだ海の中で一番ハズレだったかもしれません。






奄美クレーターの海中

|
(2009:07:30 13:32:09, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4383.jpg _DSC4386.jpg _DSC4392.jpg _DSC4411.jpg _DSC4418.jpg _DSC4427.jpg

今回の旅行で奄美クレーター内を泳ぐのは2回目。前回は赤徳集落側だったが、今回はそのはるか東、喜瀬側の海。国道沿いに休憩所/駐車場があった場所で泳いだ。海に入ってすぐに目に入ったのがクロサギとアジ科の魚の群れ。岸辺の浅瀬を泳いでいた。ヘコアユやイシモチの仲間、アミアイゴなどお馴染みの魚が中心、、、というかそれしか見れませんでした。少し沖目に言っても生き物が少なく、岸辺のアジやクロサギをもっとじっくり撮影しておけばよかったと後悔。奄美で泳いだ海の中で一番ハズレだったかもしれません。






奄美クレーターの海中

|
(2009:07:30 13:40:05, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4383.jpg _DSC4386.jpg _DSC4392.jpg _DSC4411.jpg _DSC4418.jpg _DSC4427.jpg

今回の旅行で奄美クレーター内を泳ぐのは2回目。前回は赤徳集落側だったが、今回はそのはるか東、喜瀬側の海。国道沿いに休憩所/駐車場があった場所で泳いだ。海に入ってすぐに目に入ったのがクロサギとアジ科の魚の群れ。岸辺の浅瀬を泳いでいた。ヘコアユやイシモチの仲間、アミアイゴなどお馴染みの魚が中心、、、というかそれしか見れませんでした。少し沖目に言っても生き物が少なく、岸辺のアジやクロサギをもっとじっくり撮影しておけばよかったと後悔。奄美で泳いだ海の中で一番ハズレだったかもしれません。






喜瀬漁港から奄美クレーターへ(その2)

|
(2009:07:30 12:47:33, NIKON D200, F13.0, 1/200, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4371.jpg _DSC4372.jpg _DSC4378.jpg _DSC4380.jpg

休憩所を過ぎて出発すると道は岸辺から少し離れる。しかしまたすぐに海岸線へ。途中、見晴らしのいい場所にアダンの実があり海をバックに撮影。本当はもっと真っ赤&エメナルドグリーンの海の組み合わせがよかったのだが、、、






喜瀬漁港から奄美クレーターへ(その2)

|
(2009:07:30 13:00:37, NIKON D200, F13.0, 1/200, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4371.jpg _DSC4372.jpg _DSC4378.jpg _DSC4380.jpg

休憩所を過ぎて出発すると道は岸辺から少し離れる。しかしまたすぐに海岸線へ。途中、見晴らしのいい場所にアダンの実があり海をバックに撮影。本当はもっと真っ赤&エメナルドグリーンの海の組み合わせがよかったのだが、、、






喜瀬漁港から奄美クレーターへ(その2)

|
(2009:07:30 13:06:40, NIKON D200, F13.0, 1/250, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4371.jpg _DSC4372.jpg _DSC4378.jpg _DSC4380.jpg

休憩所を過ぎて出発すると道は岸辺から少し離れる。しかしまたすぐに海岸線へ。途中、見晴らしのいい場所にアダンの実があり海をバックに撮影。本当はもっと真っ赤&エメナルドグリーンの海の組み合わせがよかったのだが、、、






喜瀬漁港から奄美クレーターへ(その2)

|
(2009:07:30 13:14:22, NIKON D200, F13.0, 1/160, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4371.jpg _DSC4372.jpg _DSC4378.jpg _DSC4380.jpg

休憩所を過ぎて出発すると道は岸辺から少し離れる。しかしまたすぐに海岸線へ。途中、見晴らしのいい場所にアダンの実があり海をバックに撮影。本当はもっと真っ赤&エメナルドグリーンの海の組み合わせがよかったのだが、、、






喜瀬漁港から奄美クレーターへ(その1)

|
(2009:07:30 11:57:59, NIKON D200, F13.0, 1/160, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4361.jpg _DSC4363.jpg _DSC4364.jpg _DSC4367.jpg _DSC4368.jpg

喜瀬漁港を出て海岸沿いに西へ向かうとちょうど岬のようになっている所に駐車場/休憩所があった。まだ喜瀬漁港を出てすぐだったが思わずここでも休憩。海に降りれるようになっていたが水深の浅い海だったので泳ぐことはしなかった。






喜瀬漁港から奄美クレーターへ(その1)

|
(2009:07:30 11:59:14, NIKON D200, F13.0, 1/180, 0, ISO:100, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC4361.jpg _DSC4363.jpg _DSC4364.jpg _DSC4367.jpg _DSC4368.jpg

喜瀬漁港を出て海岸沿いに西へ向かうとちょうど岬のようになっている所に駐車場/休憩所があった。まだ喜瀬漁港を出てすぐだったが思わずここでも休憩。海に降りれるようになっていたが水深の浅い海だったので泳ぐことはしなかった。






 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14   >>|

カテゴリ