7月の記事


 前へ  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

赤木名の海中(その8)

|
(2009:07:27 13:52:51, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:1000, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3167.jpg _DSC3168.jpg _DSC3171.jpg _DSC3186.jpg _DSC3204.jpg

エダサンゴや岩ジャコなどほかの写真の生き物はよく見かけるが4枚目の写真はハシナガウバウオかな?あまり見かけない魚だ。ゆったりとした動きで泳いでいた。






赤木名の海中(その8)

|
(2009:07:27 13:53:02, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:1000, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3167.jpg _DSC3168.jpg _DSC3171.jpg _DSC3186.jpg _DSC3204.jpg

エダサンゴや岩ジャコなどほかの写真の生き物はよく見かけるが4枚目の写真はハシナガウバウオかな?あまり見かけない魚だ。ゆったりとした動きで泳いでいた。






赤木名の海中(その8)

|
(2009:07:27 13:53:35, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:1000, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3167.jpg _DSC3168.jpg _DSC3171.jpg _DSC3186.jpg _DSC3204.jpg

エダサンゴや岩ジャコなどほかの写真の生き物はよく見かけるが4枚目の写真はハシナガウバウオかな?あまり見かけない魚だ。ゆったりとした動きで泳いでいた。






赤木名の海中(その8)

|
(2009:07:27 13:55:45, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:1000, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3167.jpg _DSC3168.jpg _DSC3171.jpg _DSC3186.jpg _DSC3204.jpg

エダサンゴや岩ジャコなどほかの写真の生き物はよく見かけるが4枚目の写真はハシナガウバウオかな?あまり見かけない魚だ。ゆったりとした動きで泳いでいた。






赤木名の海中(その7)

|
(2009:07:27 13:42:35, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3093.jpg _DSC3097.jpg _DSC3106.jpg _DSC3144.jpg _DSC3153.jpg

赤木名の海にあるサンゴは赤ちゃんばかり。大きいものは少ない。沖縄では珊瑚の死滅が進んでいて問題になっているが、ここではこれから育ち大きく広がる雰囲気。数は少ないもののツノダシやホンソメワケベラなどの姿も見える。砂地の海底にはゴカイの卵嚢と思われる袋が波間に漂っていることもあった。






赤木名の海中(その7)

|
(2009:07:27 13:43:49, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3093.jpg _DSC3097.jpg _DSC3106.jpg _DSC3144.jpg _DSC3153.jpg

赤木名の海にあるサンゴは赤ちゃんばかり。大きいものは少ない。沖縄では珊瑚の死滅が進んでいて問題になっているが、ここではこれから育ち大きく広がる雰囲気。数は少ないもののツノダシやホンソメワケベラなどの姿も見える。砂地の海底にはゴカイの卵嚢と思われる袋が波間に漂っていることもあった。






赤木名の海中(その7)

|
(2009:07:27 13:44:06, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3093.jpg _DSC3097.jpg _DSC3106.jpg _DSC3144.jpg _DSC3153.jpg

赤木名の海にあるサンゴは赤ちゃんばかり。大きいものは少ない。沖縄では珊瑚の死滅が進んでいて問題になっているが、ここではこれから育ち大きく広がる雰囲気。数は少ないもののツノダシやホンソメワケベラなどの姿も見える。砂地の海底にはゴカイの卵嚢と思われる袋が波間に漂っていることもあった。






赤木名の海中(その7)

|
(2009:07:27 13:50:24, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:1000, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3093.jpg _DSC3097.jpg _DSC3106.jpg _DSC3144.jpg _DSC3153.jpg

赤木名の海にあるサンゴは赤ちゃんばかり。大きいものは少ない。沖縄では珊瑚の死滅が進んでいて問題になっているが、ここではこれから育ち大きく広がる雰囲気。数は少ないもののツノダシやホンソメワケベラなどの姿も見える。砂地の海底にはゴカイの卵嚢と思われる袋が波間に漂っていることもあった。






赤木名の海中(その7)

|
(2009:07:27 13:51:16, NIKON D200, F9.0, 1/400, 0, ISO:1000, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3093.jpg _DSC3097.jpg _DSC3106.jpg _DSC3144.jpg _DSC3153.jpg

赤木名の海にあるサンゴは赤ちゃんばかり。大きいものは少ない。沖縄では珊瑚の死滅が進んでいて問題になっているが、ここではこれから育ち大きく広がる雰囲気。数は少ないもののツノダシやホンソメワケベラなどの姿も見える。砂地の海底にはゴカイの卵嚢と思われる袋が波間に漂っていることもあった。






赤木名の海中(その6)

|
(2009:07:27 12:15:07, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3006.jpg _DSC3046.jpg _DSC3054.jpg _DSC3060.jpg _DSC3065.jpg _DSC3118.jpg

赤木名の海で一番印象に残ったのがウニ。非常に大きなウニで刺の先まで合わせるとバレーボールぐらいのサイズがあったのだろうか?このウニ自体は今までもほかの海で見たことがあった。しかしここで初めて見た(もしくは初めて気がついた)のが、刺と刺の間にいる魚!

1つのウニに無数の魚。イシモチの仲間だろうか?が隠れていた。場所は赤木名の公園と漁港を結んだ直線のちょうど中間ぐらい。この付近には同じウニと魚のペアを複数見れた。黒いウニと魚、しかも天気も悪く暗い海のため写真がきちんと撮れない可能性があるので設定を色々変えながら多数撮影しておいた。撮影中に電池が切れたために一度交換のために岸辺へ戻ることまでした。

もう1つかわいかったのが1枚目の写真のクラゲ。水面を漂っていた。シュノーケリングをしていると気をつけてはいても水面近くの小さな生き物は見逃してしまうことが多い。赤木名の海は波も穏やかだったため同じクラゲを3個体ほど見れた。このクラゲは指の先ほどと小さかったため、これも撮影に気を使った。






赤木名の海中(その6)

|
(2009:07:27 12:59:51, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3006.jpg _DSC3046.jpg _DSC3054.jpg _DSC3060.jpg _DSC3065.jpg _DSC3118.jpg

赤木名の海で一番印象に残ったのがウニ。非常に大きなウニで刺の先まで合わせるとバレーボールぐらいのサイズがあったのだろうか?このウニ自体は今までもほかの海で見たことがあった。しかしここで初めて見た(もしくは初めて気がついた)のが、刺と刺の間にいる魚!

1つのウニに無数の魚。イシモチの仲間だろうか?が隠れていた。場所は赤木名の公園と漁港を結んだ直線のちょうど中間ぐらい。この付近には同じウニと魚のペアを複数見れた。黒いウニと魚、しかも天気も悪く暗い海のため写真がきちんと撮れない可能性があるので設定を色々変えながら多数撮影しておいた。撮影中に電池が切れたために一度交換のために岸辺へ戻ることまでした。

もう1つかわいかったのが1枚目の写真のクラゲ。水面を漂っていた。シュノーケリングをしていると気をつけてはいても水面近くの小さな生き物は見逃してしまうことが多い。赤木名の海は波も穏やかだったため同じクラゲを3個体ほど見れた。このクラゲは指の先ほどと小さかったため、これも撮影に気を使った。






赤木名の海中(その6)

|
(2009:07:27 13:09:09, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3006.jpg _DSC3046.jpg _DSC3054.jpg _DSC3060.jpg _DSC3065.jpg _DSC3118.jpg

赤木名の海で一番印象に残ったのがウニ。非常に大きなウニで刺の先まで合わせるとバレーボールぐらいのサイズがあったのだろうか?このウニ自体は今までもほかの海で見たことがあった。しかしここで初めて見た(もしくは初めて気がついた)のが、刺と刺の間にいる魚!

1つのウニに無数の魚。イシモチの仲間だろうか?が隠れていた。場所は赤木名の公園と漁港を結んだ直線のちょうど中間ぐらい。この付近には同じウニと魚のペアを複数見れた。黒いウニと魚、しかも天気も悪く暗い海のため写真がきちんと撮れない可能性があるので設定を色々変えながら多数撮影しておいた。撮影中に電池が切れたために一度交換のために岸辺へ戻ることまでした。

もう1つかわいかったのが1枚目の写真のクラゲ。水面を漂っていた。シュノーケリングをしていると気をつけてはいても水面近くの小さな生き物は見逃してしまうことが多い。赤木名の海は波も穏やかだったため同じクラゲを3個体ほど見れた。このクラゲは指の先ほどと小さかったため、これも撮影に気を使った。






赤木名の海中(その6)

|
(2009:07:27 13:09:48, NIKON D200, F2.8, 1/400, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3006.jpg _DSC3046.jpg _DSC3054.jpg _DSC3060.jpg _DSC3065.jpg _DSC3118.jpg

赤木名の海で一番印象に残ったのがウニ。非常に大きなウニで刺の先まで合わせるとバレーボールぐらいのサイズがあったのだろうか?このウニ自体は今までもほかの海で見たことがあった。しかしここで初めて見た(もしくは初めて気がついた)のが、刺と刺の間にいる魚!

1つのウニに無数の魚。イシモチの仲間だろうか?が隠れていた。場所は赤木名の公園と漁港を結んだ直線のちょうど中間ぐらい。この付近には同じウニと魚のペアを複数見れた。黒いウニと魚、しかも天気も悪く暗い海のため写真がきちんと撮れない可能性があるので設定を色々変えながら多数撮影しておいた。撮影中に電池が切れたために一度交換のために岸辺へ戻ることまでした。

もう1つかわいかったのが1枚目の写真のクラゲ。水面を漂っていた。シュノーケリングをしていると気をつけてはいても水面近くの小さな生き物は見逃してしまうことが多い。赤木名の海は波も穏やかだったため同じクラゲを3個体ほど見れた。このクラゲは指の先ほどと小さかったため、これも撮影に気を使った。






赤木名の海中(その6)

|
(2009:07:27 13:10:21, NIKON D200, F3.0, 1/400, 0, ISO:1600, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3006.jpg _DSC3046.jpg _DSC3054.jpg _DSC3060.jpg _DSC3065.jpg _DSC3118.jpg

赤木名の海で一番印象に残ったのがウニ。非常に大きなウニで刺の先まで合わせるとバレーボールぐらいのサイズがあったのだろうか?このウニ自体は今までもほかの海で見たことがあった。しかしここで初めて見た(もしくは初めて気がついた)のが、刺と刺の間にいる魚!

1つのウニに無数の魚。イシモチの仲間だろうか?が隠れていた。場所は赤木名の公園と漁港を結んだ直線のちょうど中間ぐらい。この付近には同じウニと魚のペアを複数見れた。黒いウニと魚、しかも天気も悪く暗い海のため写真がきちんと撮れない可能性があるので設定を色々変えながら多数撮影しておいた。撮影中に電池が切れたために一度交換のために岸辺へ戻ることまでした。

もう1つかわいかったのが1枚目の写真のクラゲ。水面を漂っていた。シュノーケリングをしていると気をつけてはいても水面近くの小さな生き物は見逃してしまうことが多い。赤木名の海は波も穏やかだったため同じクラゲを3個体ほど見れた。このクラゲは指の先ほどと小さかったため、これも撮影に気を使った。






赤木名の海中(その6)

|
(2009:07:27 13:45:02, NIKON D200, F3.2, 1/400, +1, ISO:1600, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3006.jpg _DSC3046.jpg _DSC3054.jpg _DSC3060.jpg _DSC3065.jpg _DSC3118.jpg

赤木名の海で一番印象に残ったのがウニ。非常に大きなウニで刺の先まで合わせるとバレーボールぐらいのサイズがあったのだろうか?このウニ自体は今までもほかの海で見たことがあった。しかしここで初めて見た(もしくは初めて気がついた)のが、刺と刺の間にいる魚!

1つのウニに無数の魚。イシモチの仲間だろうか?が隠れていた。場所は赤木名の公園と漁港を結んだ直線のちょうど中間ぐらい。この付近には同じウニと魚のペアを複数見れた。黒いウニと魚、しかも天気も悪く暗い海のため写真がきちんと撮れない可能性があるので設定を色々変えながら多数撮影しておいた。撮影中に電池が切れたために一度交換のために岸辺へ戻ることまでした。

もう1つかわいかったのが1枚目の写真のクラゲ。水面を漂っていた。シュノーケリングをしていると気をつけてはいても水面近くの小さな生き物は見逃してしまうことが多い。赤木名の海は波も穏やかだったため同じクラゲを3個体ほど見れた。このクラゲは指の先ほどと小さかったため、これも撮影に気を使った。






赤木名の海中(その5)

|
(2009:07:27 12:00:55, NIKON D200, F7.1, 1/400, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC2903.jpg _DSC2910.jpg _DSC2919.jpg _DSC2932.jpg _DSC2949.jpg

赤名木の海では色々な魚の幼魚の姿も見れた。1枚目の写真のアミアイゴ、3枚目のエンピツサイズのウツボはその代表。奄美大島の海にはウツボが多く、大きなものもよく見かけたがこのように小さなウツボも多く見かけた。小さいウツボが多いことから産卵期は春なのかな?と思ったが、どうやら産卵期は冬らしい。冬に産まれた稚魚はノレソレのような稚魚のまま漂い春先に「ウツボ」の形になって浜辺に姿を現すらしい。






赤木名の海中(その5)

|
(2009:07:27 12:01:33, NIKON D200, F4.0, 1/400, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC2903.jpg _DSC2910.jpg _DSC2919.jpg _DSC2932.jpg _DSC2949.jpg

赤名木の海では色々な魚の幼魚の姿も見れた。1枚目の写真のアミアイゴ、3枚目のエンピツサイズのウツボはその代表。奄美大島の海にはウツボが多く、大きなものもよく見かけたがこのように小さなウツボも多く見かけた。小さいウツボが多いことから産卵期は春なのかな?と思ったが、どうやら産卵期は冬らしい。冬に産まれた稚魚はノレソレのような稚魚のまま漂い春先に「ウツボ」の形になって浜辺に姿を現すらしい。






赤木名の海中(その5)

|
(2009:07:27 12:02:39, NIKON D200, F4.0, 1/400, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC2903.jpg _DSC2910.jpg _DSC2919.jpg _DSC2932.jpg _DSC2949.jpg

赤名木の海では色々な魚の幼魚の姿も見れた。1枚目の写真のアミアイゴ、3枚目のエンピツサイズのウツボはその代表。奄美大島の海にはウツボが多く、大きなものもよく見かけたがこのように小さなウツボも多く見かけた。小さいウツボが多いことから産卵期は春なのかな?と思ったが、どうやら産卵期は冬らしい。冬に産まれた稚魚はノレソレのような稚魚のまま漂い春先に「ウツボ」の形になって浜辺に姿を現すらしい。






赤木名の海中(その5)

|
(2009:07:27 12:03:58, NIKON D200, F7.1, 1/400, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC2903.jpg _DSC2910.jpg _DSC2919.jpg _DSC2932.jpg _DSC2949.jpg

赤名木の海では色々な魚の幼魚の姿も見れた。1枚目の写真のアミアイゴ、3枚目のエンピツサイズのウツボはその代表。奄美大島の海にはウツボが多く、大きなものもよく見かけたがこのように小さなウツボも多く見かけた。小さいウツボが多いことから産卵期は春なのかな?と思ったが、どうやら産卵期は冬らしい。冬に産まれた稚魚はノレソレのような稚魚のまま漂い春先に「ウツボ」の形になって浜辺に姿を現すらしい。






赤木名の海中(その5)

|
(2009:07:27 12:11:48, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC2903.jpg _DSC2910.jpg _DSC2919.jpg _DSC2932.jpg _DSC2949.jpg

赤名木の海では色々な魚の幼魚の姿も見れた。1枚目の写真のアミアイゴ、3枚目のエンピツサイズのウツボはその代表。奄美大島の海にはウツボが多く、大きなものもよく見かけたがこのように小さなウツボも多く見かけた。小さいウツボが多いことから産卵期は春なのかな?と思ったが、どうやら産卵期は冬らしい。冬に産まれた稚魚はノレソレのような稚魚のまま漂い春先に「ウツボ」の形になって浜辺に姿を現すらしい。






 前へ  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22   >>|

カテゴリ