7月の記事


神ノ子の海中(その2)

|   
(2009:07:20 13:12:07, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

ここの海も(リーフ内だからということもあるが)赤徳と同じように遠浅。とは言うものの赤徳よりはダイナミックな海だった。サンゴは点在している感じだが少なめ。
モンガラカワハギをぽつぽつ見かけたが、どれもお腹がパンパンに膨れていた。もしかすると産卵前だったのだろうか?


神ノ子の海中(その2)

|   
(2009:07:20 13:15:22, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

ここの海も(リーフ内だからということもあるが)赤徳と同じように遠浅。とは言うものの赤徳よりはダイナミックな海だった。サンゴは点在している感じだが少なめ。
モンガラカワハギをぽつぽつ見かけたが、どれもお腹がパンパンに膨れていた。もしかすると産卵前だったのだろうか?


神ノ子の海中(その3)

|   
(2009:07:20 13:18:13, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)




神ノ子の海中(その2)

|   
(2009:07:20 13:27:26, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

ここの海も(リーフ内だからということもあるが)赤徳と同じように遠浅。とは言うものの赤徳よりはダイナミックな海だった。サンゴは点在している感じだが少なめ。
モンガラカワハギをぽつぽつ見かけたが、どれもお腹がパンパンに膨れていた。もしかすると産卵前だったのだろうか?


神ノ子の海中(その3)

|   
(2009:07:20 13:30:08, NIKON D200, F5.0, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)




神ノ子の海中(その4)

|   
(2009:07:20 13:33:04, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)




神ノ子の海中(その1)

|   
(2009:07:20 13:37:54, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

名瀬市を抜けて奄美市に入りすぐ太平洋側の神ノ子の海。今日2度目の水中撮影はここで行うことにした。ここはリーフエッジまで非常に遠い。そのためリーフ内でゆったりと泳ぐことにした。


神ノ子の海中(その3)

|   
(2009:07:20 13:38:04, NIKON D200, F5.0, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)




神ノ子の海中(その4)

|   
(2009:07:20 13:41:54, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)




奄美大島の海岸線

|   
(2009:07:20 13:52:47, NIKON D200, F10.0, 1/500, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号から見た景色。
1枚目の写真は神ノ子付近。この辺りは海岸線沿いに道路が通っていて海が綺麗に見れる。歩道も広く歩きやすい。歩道の幅はちょうど軽自動車が走れるくらい。レンタカーに乗った観光客が車で景色を見ながらここを走行してくることもあった。こっちは大きい荷物を引いているのですれ違いもできず非常に迷惑。いい加減にしてもらいたかった。
2枚目と3枚目は明神崎を奄美空港側に抜けた付近。用安から明神崎付近は登り坂。それを登り切って下ると土浜方面に景色が開ける。2枚目の写真の右側は岸からリーフエッジまで近く泳ぎたかったが残念ながら簡単には出れそうもなかったので断念。
3枚目の真ん中から左側に広がる土浜は奄美旅行の最終日に泳いだ。ウミガメも多く綺麗な海。


奄美大島の枕状溶岩

|   
(2009:07:20 14:23:49, NIKON D200, F10.0, 1/45, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号を歩いていたら途中で「枕状溶岩」の標識を発見した。バックにある濃い紺色のがそれだと思うが、解説も何もないのでイマイチどこをどう見たらいいのか分からなかった。


奄美大島の枕状溶岩

|   
(2009:07:20 14:23:51, NIKON D200, F10.0, 1/80, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号を歩いていたら途中で「枕状溶岩」の標識を発見した。バックにある濃い紺色のがそれだと思うが、解説も何もないのでイマイチどこをどう見たらいいのか分からなかった。


奄美大島の海岸線

|   
(2009:07:20 15:26:36, NIKON D200, F10.0, 1/250, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号から見た景色。
1枚目の写真は神ノ子付近。この辺りは海岸線沿いに道路が通っていて海が綺麗に見れる。歩道も広く歩きやすい。歩道の幅はちょうど軽自動車が走れるくらい。レンタカーに乗った観光客が車で景色を見ながらここを走行してくることもあった。こっちは大きい荷物を引いているのですれ違いもできず非常に迷惑。いい加減にしてもらいたかった。
2枚目と3枚目は明神崎を奄美空港側に抜けた付近。用安から明神崎付近は登り坂。それを登り切って下ると土浜方面に景色が開ける。2枚目の写真の右側は岸からリーフエッジまで近く泳ぎたかったが残念ながら簡単には出れそうもなかったので断念。
3枚目の真ん中から左側に広がる土浜は奄美旅行の最終日に泳いだ。ウミガメも多く綺麗な海。


奄美大島の海岸線

|   
(2009:07:20 15:29:24, NIKON D200, F10.0, 1/320, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号から見た景色。
1枚目の写真は神ノ子付近。この辺りは海岸線沿いに道路が通っていて海が綺麗に見れる。歩道も広く歩きやすい。歩道の幅はちょうど軽自動車が走れるくらい。レンタカーに乗った観光客が車で景色を見ながらここを走行してくることもあった。こっちは大きい荷物を引いているのですれ違いもできず非常に迷惑。いい加減にしてもらいたかった。
2枚目と3枚目は明神崎を奄美空港側に抜けた付近。用安から明神崎付近は登り坂。それを登り切って下ると土浜方面に景色が開ける。2枚目の写真の右側は岸からリーフエッジまで近く泳ぎたかったが残念ながら簡単には出れそうもなかったので断念。
3枚目の真ん中から左側に広がる土浜は奄美旅行の最終日に泳いだ。ウミガメも多く綺麗な海。


土浜農村公園

|   
(2009:07:20 15:54:26, NIKON D200, F10.0, 1/45, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道82号沿い、土浜集落の奄美空港側にある公園です。トイレ/水道/休憩所があり、旅行2日目に通ったときは数組がテント泊をしていて賑わっていました。すぐ隣りには土浜公民館があり夏休みの朝にはラジオ体操の就業場所になっています。


節田の海中(その1)

|   
(2009:07:20 16:44:56, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

今日の目的地。奄美パークの近くにある節田集落に到着しました。荷物を置いてとりあえず海へ。
奄美大島はどこにでも泳げる海があるが、海岸や海の中は結構ゴミが散らかっていることもある。この節田の海岸では砂浜にたくさんのガラス片が落ちていました。素足で歩くには危険すぎます。海の中にも空き缶などが散在していました。
ゴミは多いものの海はやはり綺麗。サンゴは少なかったもののそれなりに楽しめました。海から上がる直前には大きいアジ科の魚が岸辺に群れていたキビナゴを狙っている場面にも遭遇。ピントを合わせ切らず写真はダメダメだったのが残念。


節田の海中(その1)

|   
(2009:07:20 16:54:34, NIKON D200, F11.0, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

今日の目的地。奄美パークの近くにある節田集落に到着しました。荷物を置いてとりあえず海へ。
奄美大島はどこにでも泳げる海があるが、海岸や海の中は結構ゴミが散らかっていることもある。この節田の海岸では砂浜にたくさんのガラス片が落ちていました。素足で歩くには危険すぎます。海の中にも空き缶などが散在していました。
ゴミは多いものの海はやはり綺麗。サンゴは少なかったもののそれなりに楽しめました。海から上がる直前には大きいアジ科の魚が岸辺に群れていたキビナゴを狙っている場面にも遭遇。ピントを合わせ切らず写真はダメダメだったのが残念。


節田の海中(その2) キビナゴの群れを狙うミノカサゴ

|   
(2009:07:20 16:55:17, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

節田の海を泳いだのは夕方。ちょうど魚が捕食のため活発に動く時間帯。
キビナゴが群れで泳いでいたが、それに対してゆっくり近づき、パッと突然動いてキビナゴを食べるミノカサゴの姿を見れた。普段はものすごくゆったりと漂うだけのミノカサゴがものすごいスピードで動くのにびっくりでした。


節田の海中(その2) キビナゴの群れを狙うミノカサゴ

|   
(2009:07:20 16:55:29, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

節田の海を泳いだのは夕方。ちょうど魚が捕食のため活発に動く時間帯。
キビナゴが群れで泳いでいたが、それに対してゆっくり近づき、パッと突然動いてキビナゴを食べるミノカサゴの姿を見れた。普段はものすごくゆったりと漂うだけのミノカサゴがものすごいスピードで動くのにびっくりでした。


節田の海中(その2) キビナゴの群れを狙うミノカサゴ

|   
(2009:07:20 16:55:34, NIKON D200, F5.6, 1/400, 0, ISO:640, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, ☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

節田の海を泳いだのは夕方。ちょうど魚が捕食のため活発に動く時間帯。
キビナゴが群れで泳いでいたが、それに対してゆっくり近づき、パッと突然動いてキビナゴを食べるミノカサゴの姿を見れた。普段はものすごくゆったりと漂うだけのミノカサゴがものすごいスピードで動くのにびっくりでした。


ランダム画像


アクセス順位

  1. 日本沿岸旅行記
  2. 片男波海水浴場
  3. シイノトモシビタケ
  4. 千里東町公園
  5. 千里緑地
  6. 猪名川
  7. 豊中市の池
  8. 津屋崎港の製氷施設
  9. らららサンビーチ
  10. 弁当を食べた後のゴミのことを弁当ガラっ…
  11. 魔の水門
  12. 瓦礫の中に制服のスカートが埋まっていま…
  13. (not set)
  14. 琵琶湖ロイヤルホテルの場所だと思うので…
  15. 箕面春日神社のヒメボタル
  16. 手の浦海水浴場
  17. 磯辺の浜 港南公園
  18. シマサルスベリ
  19. 千田川
  20. こちらが廃灯台。雰囲気的に自動化される…
  21. 黒いのは全部カブトムシの死体。大量殺戮…
  22. 今は使われていない廃プールがありました…
  23. 和歌山石油精製
  24. 日吉ダムは遊漁券400円
  25. 遠矢浜
  26. 3時50分頃から野鳥がさえずり始め、4…
  27. まだ時間が早いので保津峡駅まで歩こうと…
  28. まひる
  29. 五月山公園
  30. 刈藻海水浴場の海中(その1)
  31. 学習の森
  32. 港橋
  33. 747ProのWindows10/8.1/8対応ドライバー
  34. 久連海水浴場
  35. 保津峡ハイキングコース
  36. 敦賀国際スキー場
  37. 日本沿岸旅行記
  38. 西谷つり大池
  39. 貞山堀運河橋りょう
  40. 野畑南公園
  41. 長浜びわこ大仏
  42. ラベンダービーチ
  43. 仁川広河原
  44. 何かの死体でしょうか?何でしょう?得体…
  45. 勝尾寺川
  46. 津波被害を受けた痛車
  47. 淀川側から神崎川側へと流入してくる場所…
  48. 立ち入り禁止な二村の海岸。沖側の堤防へ…
  49. 篠崎愛にそっくり
  50. 紅く染まったカエデや黄金色のイチョウが…

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com