7月の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

赤木名の海中(その15)

|
(2009:07:28 13:24:25, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3710.jpg _DSC3713.jpg_DSC3728.jpg _DSC3739.jpg

2枚目の写真はタラカガイの一種。赤木名集落にあるスーパー「生鮮市場さと」ではイセエビや夜光貝、タカセ貝などの有名所の魚介類に並んでタカラガイも売られていた。どうやって食べるのだろうか?






赤木名の海中(その15)

|
(2009:07:28 13:25:01, NIKON D200, F5.0, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3710.jpg _DSC3713.jpg_DSC3728.jpg _DSC3739.jpg

2枚目の写真はタラカガイの一種。赤木名集落にあるスーパー「生鮮市場さと」ではイセエビや夜光貝、タカセ貝などの有名所の魚介類に並んでタカラガイも売られていた。どうやって食べるのだろうか?






赤木名の海中(その15)

|
(2009:07:28 13:33:14, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:1250, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3710.jpg _DSC3713.jpg_DSC3728.jpg _DSC3739.jpg

2枚目の写真はタラカガイの一種。赤木名集落にあるスーパー「生鮮市場さと」ではイセエビや夜光貝、タカセ貝などの有名所の魚介類に並んでタカラガイも売られていた。どうやって食べるのだろうか?






赤木名の海中(その15)

|
(2009:07:28 13:34:19, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:1250, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3710.jpg _DSC3713.jpg_DSC3728.jpg _DSC3739.jpg

2枚目の写真はタラカガイの一種。赤木名集落にあるスーパー「生鮮市場さと」ではイセエビや夜光貝、タカセ貝などの有名所の魚介類に並んでタカラガイも売られていた。どうやって食べるのだろうか?






赤木名の海中(その14)

|
(2009:07:28 13:18:24, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3688.jpg _DSC3690.jpg _DSC3695.jpg _DSC3699.jpg _DSC3703.jpg

5枚目の写真は沖縄ではお馴染みのウミブドウ。まだ若い個体で広がりの少ない状態だった。2枚目のウニはヒゲが白くないけどシラヒゲウニなのかな?奄美大島で漁獲されている美味しいウニ。






赤木名の海中(その14)

|
(2009:07:28 13:20:12, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3688.jpg _DSC3690.jpg _DSC3695.jpg _DSC3699.jpg _DSC3703.jpg

5枚目の写真は沖縄ではお馴染みのウミブドウ。まだ若い個体で広がりの少ない状態だった。2枚目のウニはヒゲが白くないけどシラヒゲウニなのかな?奄美大島で漁獲されている美味しいウニ。






赤木名の海中(その14)

|
(2009:07:28 13:20:48, NIKON D200, F7.1, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3688.jpg _DSC3690.jpg _DSC3695.jpg _DSC3699.jpg _DSC3703.jpg

5枚目の写真は沖縄ではお馴染みのウミブドウ。まだ若い個体で広がりの少ない状態だった。2枚目のウニはヒゲが白くないけどシラヒゲウニなのかな?奄美大島で漁獲されている美味しいウニ。






赤木名の海中(その14)

|
(2009:07:28 13:20:50, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3688.jpg _DSC3690.jpg _DSC3695.jpg _DSC3699.jpg _DSC3703.jpg

5枚目の写真は沖縄ではお馴染みのウミブドウ。まだ若い個体で広がりの少ない状態だった。2枚目のウニはヒゲが白くないけどシラヒゲウニなのかな?奄美大島で漁獲されている美味しいウニ。






赤木名の海中(その14)

|
(2009:07:28 13:21:51, NIKON D200, F8.0, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3688.jpg _DSC3690.jpg _DSC3695.jpg _DSC3699.jpg _DSC3703.jpg

5枚目の写真は沖縄ではお馴染みのウミブドウ。まだ若い個体で広がりの少ない状態だった。2枚目のウニはヒゲが白くないけどシラヒゲウニなのかな?奄美大島で漁獲されている美味しいウニ。






赤木名の海中(その13)

|
(2009:07:28 13:07:29, NIKON D200, F4.0, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3647.jpg _DSC3650.jpg _DSC3669.jpg _DSC3683.jpg _DSC3687.jpg

今回見て回った奄美大島の海でイカの仲間を見かけたのは2度。1度は大笠利港で堤防の上から。このときはすぐに泳ぐ機材を取りに戻り海に入ったが、すでに姿はなく水中での撮影には失敗した。もう1度はこの赤木名の海にて。アオリイカの子供だろうか?触手を拡げてぷかぷかとしていた。






赤木名の海中(その13)

|
(2009:07:28 13:07:32, NIKON D200, F4.5, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3647.jpg _DSC3650.jpg _DSC3669.jpg _DSC3683.jpg _DSC3687.jpg

今回見て回った奄美大島の海でイカの仲間を見かけたのは2度。1度は大笠利港で堤防の上から。このときはすぐに泳ぐ機材を取りに戻り海に入ったが、すでに姿はなく水中での撮影には失敗した。もう1度はこの赤木名の海にて。アオリイカの子供だろうか?触手を拡げてぷかぷかとしていた。






赤木名の海中(その13)

|
(2009:07:28 13:10:31, NIKON D200, F9.0, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3647.jpg _DSC3650.jpg _DSC3669.jpg _DSC3683.jpg _DSC3687.jpg

今回見て回った奄美大島の海でイカの仲間を見かけたのは2度。1度は大笠利港で堤防の上から。このときはすぐに泳ぐ機材を取りに戻り海に入ったが、すでに姿はなく水中での撮影には失敗した。もう1度はこの赤木名の海にて。アオリイカの子供だろうか?触手を拡げてぷかぷかとしていた。






赤木名の海中(その13)

|
(2009:07:28 13:16:44, NIKON D200, F5.0, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3647.jpg _DSC3650.jpg _DSC3669.jpg _DSC3683.jpg _DSC3687.jpg

今回見て回った奄美大島の海でイカの仲間を見かけたのは2度。1度は大笠利港で堤防の上から。このときはすぐに泳ぐ機材を取りに戻り海に入ったが、すでに姿はなく水中での撮影には失敗した。もう1度はこの赤木名の海にて。アオリイカの子供だろうか?触手を拡げてぷかぷかとしていた。






赤木名の海中(その13)

|
(2009:07:28 13:16:52, NIKON D200, F5.0, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3647.jpg _DSC3650.jpg _DSC3669.jpg _DSC3683.jpg _DSC3687.jpg

今回見て回った奄美大島の海でイカの仲間を見かけたのは2度。1度は大笠利港で堤防の上から。このときはすぐに泳ぐ機材を取りに戻り海に入ったが、すでに姿はなく水中での撮影には失敗した。もう1度はこの赤木名の海にて。アオリイカの子供だろうか?触手を拡げてぷかぷかとしていた。






赤木名の海中(その12)

|
(2009:07:28 12:57:10, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3609.jpg _DSC3611.jpg _DSC3623.jpg _DSC3630.jpg _DSC3635.jpg

ロクセンスズメダイやオヤビッチャは南国の海の定番種。オヤビッチャを大阪湾で見かけるときは警戒心が強くて撮影に苦労することが多いのだが、なぜか奄美大島や沖縄ではスムーズに撮影できる。赤木名の海に限って言えば透明度も悪く大阪湾での場合と撮影距離もたいして変わらないなど条件は同じなのに、、、

今回の旅では沿岸で4枚目の写真の卵塊をよく見かけた。おそらく貝類。ツメタガイの仲間のものだとは思う。層状に積み重なった卵塊でなかなか特徴的。






赤木名の海中(その12)

|
(2009:07:28 13:00:40, NIKON D200, F9.0, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3609.jpg _DSC3611.jpg _DSC3623.jpg _DSC3630.jpg _DSC3635.jpg

ロクセンスズメダイやオヤビッチャは南国の海の定番種。オヤビッチャを大阪湾で見かけるときは警戒心が強くて撮影に苦労することが多いのだが、なぜか奄美大島や沖縄ではスムーズに撮影できる。赤木名の海に限って言えば透明度も悪く大阪湾での場合と撮影距離もたいして変わらないなど条件は同じなのに、、、

今回の旅では沿岸で4枚目の写真の卵塊をよく見かけた。おそらく貝類。ツメタガイの仲間のものだとは思う。層状に積み重なった卵塊でなかなか特徴的。






赤木名の海中(その12)

|
(2009:07:28 13:02:59, NIKON D200, F11.0, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3609.jpg _DSC3611.jpg _DSC3623.jpg _DSC3630.jpg _DSC3635.jpg

ロクセンスズメダイやオヤビッチャは南国の海の定番種。オヤビッチャを大阪湾で見かけるときは警戒心が強くて撮影に苦労することが多いのだが、なぜか奄美大島や沖縄ではスムーズに撮影できる。赤木名の海に限って言えば透明度も悪く大阪湾での場合と撮影距離もたいして変わらないなど条件は同じなのに、、、

今回の旅では沿岸で4枚目の写真の卵塊をよく見かけた。おそらく貝類。ツメタガイの仲間のものだとは思う。層状に積み重なった卵塊でなかなか特徴的。






赤木名の海中(その12)

|
(2009:07:28 13:05:11, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3609.jpg _DSC3611.jpg _DSC3623.jpg _DSC3630.jpg _DSC3635.jpg

ロクセンスズメダイやオヤビッチャは南国の海の定番種。オヤビッチャを大阪湾で見かけるときは警戒心が強くて撮影に苦労することが多いのだが、なぜか奄美大島や沖縄ではスムーズに撮影できる。赤木名の海に限って言えば透明度も悪く大阪湾での場合と撮影距離もたいして変わらないなど条件は同じなのに、、、

今回の旅では沿岸で4枚目の写真の卵塊をよく見かけた。おそらく貝類。ツメタガイの仲間のものだとは思う。層状に積み重なった卵塊でなかなか特徴的。






赤木名の海中(その12)

|
(2009:07:28 13:05:56, NIKON D200, F6.3, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3609.jpg _DSC3611.jpg _DSC3623.jpg _DSC3630.jpg _DSC3635.jpg

ロクセンスズメダイやオヤビッチャは南国の海の定番種。オヤビッチャを大阪湾で見かけるときは警戒心が強くて撮影に苦労することが多いのだが、なぜか奄美大島や沖縄ではスムーズに撮影できる。赤木名の海に限って言えば透明度も悪く大阪湾での場合と撮影距離もたいして変わらないなど条件は同じなのに、、、

今回の旅では沿岸で4枚目の写真の卵塊をよく見かけた。おそらく貝類。ツメタガイの仲間のものだとは思う。層状に積み重なった卵塊でなかなか特徴的。






猪肉バーベキュー

|
(2009:07:27 17:22:18, NIKON D200, F8.0, 1/20, 0, ISO:800, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC3464.jpg _DSC3483.jpg _DSC3489.jpg _DSC3505.jpg _DSC3516.jpg

赤木名の公園でイノシシ肉のバーベキューに混ぜてもらいました。肉がいっぱいで肉々なバーベキュー。終わった後には昔懐かしの接着剤のようなシャボン玉や花火、吸盤ボールのキャッチボールなどをして遊びました。美味しく楽しいバーベキューありがとうございました。






 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20   >>|

カテゴリ