九華公園の記事


九華公園

|   
(2009:08:22 12:50:58, NIKON D200, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.7, 中潮)
カテゴリ: 200908木曽三川  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

九華公園の入り口にあたる船入橋から見た三之丸堀です。
九華公園は桑名城跡を利用した公園になっています。あまり興味もなかったので本丸跡や天守閣跡などメインの場所は見ていません。
駐車場やトイレ/水道、芝生エリアや日差しを避けれるベンチなどがありゆったりとくつろげるようになっていました。


九華公園

|   
(2009:08:22 12:51:36, NIKON D200, F8.0, 1/1250, 0, ISO:100, 14 mm(換算21 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.7, 中潮)
カテゴリ: 200908木曽三川  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

九華公園(きゅうかこうえん)

 昭和3年(1928年)、楽翁公(松平定信の隠居後の号)没後100年祭を記念して、当時の桑名町が桑名城跡の本丸・二之丸一帯を公園として整備しました。
 城にはよく地形や形から別の名前が付くことがありますが、桑名城はその形から「扇城(おうぎじょう)」と呼ばれました。桑名城跡には九華公園という名前が付いていますが、「九華」は、「くわな」と読ませ、江戸時代から使用されていました。これは、中国に九華扇という扇があり、扇城の名と「くわな」の読みにかけて付けられたということです。
 現在の九華公園は8.65ヘクタールあり、桜・つつじ・花菖蒲(はなしょうぶ)などの名所として、市民の憩いの場所となっています。


本多忠勝の像

|   
(2009:08:22 12:52:09, NIKON D200, F8.0, 1/200, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.7, 中潮)
カテゴリ: 200908木曽三川  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

本多忠勝公の像

 天文17年(1548年)、徳川家の重臣本多忠高の子として三河(愛知県岡崎市)で生まれ、幼名を鍋之助、のち平八郎と称した。
 永禄3年(1560年)、13歳で大高の役に初陣以来、大小五十余の諸合戦に出陣し、ついに一度も負けることなく、一ヶ所の傷をも負わなかった。
 天正18年(1590年)徳川家康公関東入国の時、忠勝公は上総(千葉県)大多喜、十万石を与えられた。
 慶長5年(1600年)、関ヶ原の合戦に従い、戦功により同6年、伊勢桑名十万石に転封された。
 桑名に入郡した忠勝公は、木曽三川や伊勢湾の水運を利用して発展してきた港町を、城を中心にした城下町に造り変えるという大規模な都市再開発事業を断行した。これを「慶長の町割」という。桑名で計画的に町づくりが行われた最初である。
 港町、城下町、宿場町という三機能を合わせ持つ桑名の基盤造りは忠勝公の第一の功績である。
 忠勝公は「徳川四天王」の一人とたたえられ家康公の新任極めて厚く、有能で剛勇の武将であった。
 慶長14年(1609年)到任し、嗣子忠政に家督を譲り、同15年、63歳で没した。
 西岸院殿長誉良信大居士と号し、桑名浄土寺に葬られている。


本多忠勝の像

|   
(2009:08:22 12:52:24, NIKON D200, F8.0, 1/500, 0, ISO:100, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.7, 中潮)
カテゴリ: 200908木曽三川  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

本多忠勝公の像

 天文17年(1548年)、徳川家の重臣本多忠高の子として三河(愛知県岡崎市)で生まれ、幼名を鍋之助、のち平八郎と称した。
 永禄3年(1560年)、13歳で大高の役に初陣以来、大小五十余の諸合戦に出陣し、ついに一度も負けることなく、一ヶ所の傷をも負わなかった。
 天正18年(1590年)徳川家康公関東入国の時、忠勝公は上総(千葉県)大多喜、十万石を与えられた。
 慶長5年(1600年)、関ヶ原の合戦に従い、戦功により同6年、伊勢桑名十万石に転封された。
 桑名に入郡した忠勝公は、木曽三川や伊勢湾の水運を利用して発展してきた港町を、城を中心にした城下町に造り変えるという大規模な都市再開発事業を断行した。これを「慶長の町割」という。桑名で計画的に町づくりが行われた最初である。
 港町、城下町、宿場町という三機能を合わせ持つ桑名の基盤造りは忠勝公の第一の功績である。
 忠勝公は「徳川四天王」の一人とたたえられ家康公の新任極めて厚く、有能で剛勇の武将であった。
 慶長14年(1609年)到任し、嗣子忠政に家督を譲り、同15年、63歳で没した。
 西岸院殿長誉良信大居士と号し、桑名浄土寺に葬られている。


九華公園

|   
(2009:08:22 12:53:57, NIKON D200, F8.0, 1/1000, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.7, 中潮)
カテゴリ: 200908木曽三川  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

桑名城三之丸御殿(新城)及び桑名紡績工場跡

慶長6年(1601年)、本多忠勝が桑名城主となり、城下町割と共に、本格的な城の建設を行った。本丸の北には新城(三之丸)と呼ばれる一郭が築かれ、城主が住んでいる御殿が設けられた。度々の火災などで建物は取り壊された明治29年(1896年)に新城跡地一帯に桑名紡績工場が建設され、付近の内郭堀は埋められた。桑名紡績は三重紡績・東洋紡績と変わったが、昭和20年(1945年)の空襲により破壊された。新城及び紡績工場跡地の一部は、平成元年に吉之丸コミュニティパークとなった。


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com