8月の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

加茂水族館裏手の海中

|
(2008:08:27 13:40:01, NIKON D200, F3.2, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9339.jpg _DSC9340.jpg _DSC9354.jpg _DSC9366.jpg _DSC9387.jpg _DSC9415.jpg _DSC9433.jpg

加茂水族館の裏手の海で泳いでいました。水族館の裏手には休憩所などのある公園や海水浴場「加茂レインボービーチ」になっています。海の中にはたくさんのアオサ。マアジの群れやマダイ、チャガラの幼魚、マダコなどがいました。






加茂水族館裏手の海中

|
(2008:08:27 13:42:19, NIKON D200, F3.2, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9339.jpg _DSC9340.jpg _DSC9354.jpg _DSC9366.jpg _DSC9387.jpg _DSC9415.jpg _DSC9433.jpg

加茂水族館の裏手の海で泳いでいました。水族館の裏手には休憩所などのある公園や海水浴場「加茂レインボービーチ」になっています。海の中にはたくさんのアオサ。マアジの群れやマダイ、チャガラの幼魚、マダコなどがいました。






加茂水族館裏手の海中

|
(2008:08:27 13:43:34, NIKON D200, F3.5, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9339.jpg _DSC9340.jpg _DSC9354.jpg _DSC9366.jpg _DSC9387.jpg _DSC9415.jpg _DSC9433.jpg

加茂水族館の裏手の海で泳いでいました。水族館の裏手には休憩所などのある公園や海水浴場「加茂レインボービーチ」になっています。海の中にはたくさんのアオサ。マアジの群れやマダイ、チャガラの幼魚、マダコなどがいました。






加茂の荒崎灯台(その2)

|
(2008:08:27 12:54:30, NIKON D200, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9336.jpg _DSC9335.jpg _DSC9337.jpg _DSC9338.jpg

あまり高いところにあるとは思えないですが、この灯台からの光は23kmもの遠くから見えるそうです。灯台の下には小さな加茂水族館があり、レストランなどが併設されていました。






加茂の荒崎灯台(その2)

|
(2008:08:27 12:54:15, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9336.jpg _DSC9335.jpg _DSC9337.jpg _DSC9338.jpg

あまり高いところにあるとは思えないですが、この灯台からの光は23kmもの遠くから見えるそうです。灯台の下には小さな加茂水族館があり、レストランなどが併設されていました。



荒崎灯台 施設の概要

初点 明治36年(1903年)1月1日

構造 白色塔型鉄筋コンクリート造
(昭和27年(1952年)12月建替)

光度 5600カンデラ

光達距離 12.5海里(約23キロメートル)

地上~頂部 12.44メートル

管理事務所 酒田海上保安部 電話0234-24-0055

揮毫者 酒田海上保安部長 吉田輝昭(平成17年9月)



加茂の荒崎灯台(その2)

|
(2008:08:27 12:55:58, NIKON D200, F13.0, 1/640, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9336.jpg _DSC9335.jpg _DSC9337.jpg _DSC9338.jpg

あまり高いところにあるとは思えないですが、この灯台からの光は23kmもの遠くから見えるそうです。灯台の下には小さな加茂水族館があり、レストランなどが併設されていました。






加茂の荒崎灯台(その2)

|
(2008:08:27 12:56:19, NIKON D200, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9336.jpg _DSC9335.jpg _DSC9337.jpg _DSC9338.jpg

あまり高いところにあるとは思えないですが、この灯台からの光は23kmもの遠くから見えるそうです。灯台の下には小さな加茂水族館があり、レストランなどが併設されていました。






加茂の荒崎灯台(その1)

|
(2008:08:27 12:40:21, NIKON D200, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9329.jpg _DSC9331.jpg _DSC9332.jpg _DSC9333.jpg

加茂集落にある白い灯台「荒崎灯台」のある高台へ登りました。いい天気なこともあいまって遠くまではっきりと見えます。灯台のさらに先の方へも道は整備されていませんが降りていけるようになっていました。






加茂の荒崎灯台(その1)

|
(2008:08:27 12:47:11, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9329.jpg _DSC9331.jpg _DSC9332.jpg _DSC9333.jpg

加茂集落にある白い灯台「荒崎灯台」のある高台へ登りました。いい天気なこともあいまって遠くまではっきりと見えます。灯台のさらに先の方へも道は整備されていませんが降りていけるようになっていました。






加茂の荒崎灯台(その1)

|
(2008:08:27 12:53:39, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9329.jpg _DSC9331.jpg _DSC9332.jpg _DSC9333.jpg

加茂集落にある白い灯台「荒崎灯台」のある高台へ登りました。いい天気なこともあいまって遠くまではっきりと見えます。灯台のさらに先の方へも道は整備されていませんが降りていけるようになっていました。






加茂の荒崎灯台(その1)

|
(2008:08:27 12:53:47, NIKON D200, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9329.jpg _DSC9331.jpg _DSC9332.jpg _DSC9333.jpg

加茂集落にある白い灯台「荒崎灯台」のある高台へ登りました。いい天気なこともあいまって遠くまではっきりと見えます。灯台のさらに先の方へも道は整備されていませんが降りていけるようになっていました。






油戸から加茂へ(その2)

|
(2008:08:27 12:30:12, NIKON D200, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 19.0 mm(換算28 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9325.jpg _DSC9326.jpg _DSC9328.jpg

海沿い遠くにある少し高台のような山の上にある白い灯台が見えてきました。加茂港にある荒崎灯台です。手前にある漁港は穏やかな海で底まで見える透明な水でした。






油戸から加茂へ(その2)

|
(2008:08:27 12:34:36, NIKON D200, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9325.jpg _DSC9326.jpg _DSC9328.jpg

海沿い遠くにある少し高台のような山の上にある白い灯台が見えてきました。加茂港にある荒崎灯台です。手前にある漁港は穏やかな海で底まで見える透明な水でした。






油戸から加茂へ(その2)

|
(2008:08:27 12:37:38, NIKON D200, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9325.jpg _DSC9326.jpg _DSC9328.jpg

海沿い遠くにある少し高台のような山の上にある白い灯台が見えてきました。加茂港にある荒崎灯台です。手前にある漁港は穏やかな海で底まで見える透明な水でした。






触るだけで危険な柵

|
(2008:08:27 12:25:16, NIKON D200, F13.0, 1/640, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9324.jpg

山形県も加茂近くにあった柵です。見た目はどこにでもあるような普通の柵ですが、ガラス繊維が吹き付けられています。これを素手で触わっただけでガラス繊維が素肌に刺さり、チクチクしました。これがやっかいで、結局この柵を触ってから一週間ぐらい手から痛みが取れませんでした。非常に危険です。






油戸から加茂へ(その1)

|
(2008:08:27 12:01:55, NIKON D200, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9299.jpg _DSC9304.jpg _DSC9308.jpg _DSC9322.jpg

海から上がった後は再び青い海を見ながらの移動です。ずっと磯、磯、磯でどこでも泳げる雰囲気。ここでも浅い磯がある場所では岩のりを採るためのコンクリート床が整備されていました。






油戸から加茂へ(その1)

|
(2008:08:27 12:09:46, NIKON D200, F8.0, 1/250, +1, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9299.jpg _DSC9304.jpg _DSC9308.jpg _DSC9322.jpg

海から上がった後は再び青い海を見ながらの移動です。ずっと磯、磯、磯でどこでも泳げる雰囲気。ここでも浅い磯がある場所では岩のりを採るためのコンクリート床が整備されていました。






油戸から加茂へ(その1)

|
(2008:08:27 12:15:46, NIKON D200, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9299.jpg _DSC9304.jpg _DSC9308.jpg _DSC9322.jpg

海から上がった後は再び青い海を見ながらの移動です。ずっと磯、磯、磯でどこでも泳げる雰囲気。ここでも浅い磯がある場所では岩のりを採るためのコンクリート床が整備されていました。






油戸から加茂へ(その1)

|
(2008:08:27 12:23:04, NIKON D200, F9.0, 1/320, +1, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9299.jpg _DSC9304.jpg _DSC9308.jpg _DSC9322.jpg

海から上がった後は再び青い海を見ながらの移動です。ずっと磯、磯、磯でどこでも泳げる雰囲気。ここでも浅い磯がある場所では岩のりを採るためのコンクリート床が整備されていました。






油戸の北の海中(その2)

|
(2008:08:27 11:26:17, NIKON D200, F3.2, 1/400, +3, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC9162.jpg _DSC9171.jpg _DSC9200.jpg _DSC9208.jpg _DSC9261.jpg

この付近に集まっている魚はミズクラゲを食べに来ているようです。カワハギもアジやサバもクラゲを啄ばみながら泳いでいました。






 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20   >>|

カテゴリ