錦江橋の記事


錦江橋

|   
(2009:09:16 13:02:38, NIKON D300, F9.0, 1/2000, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:26.7, 中潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

錦江橋(きんこうばし)

 錦江橋は、江戸時代の藩主小笠原氏の頃には細工町筋にあり、お茶屋橋と呼ばれていました。
 そののち、松平丹波守光重により大黒橋と改められ、さらに、数回架替えが行われています。
 そして、明治44年6月にこの場所に架替えられ、名称も 錦江橋となりました。
 「錦江」とは中国にある川の名に由来し、光り輝く美しい海湾の様子を表しています。
 もともと、明石には錦江(明石海峡)、錦江城(明石城・喜春城)また、錦江町といった錦江の名が多く親しまれています。
 美しい明石を愛する人々の心が込められているのでしょう。

享保年間明石町之●

明石市私立図書館蔵書「明石志」より


錦江橋

|   
(2009:09:16 13:02:45, NIKON D300, F9.0, 1/640, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:26.7, 中潮)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

ちょっとした気まぐれから淡路島に行くことにしました。家を11時に出てJR明石駅で下車。そこから明石城と反対方向。南の海側を歩きこの錦江橋を渡って淡路島へと向かうフェリー乗り場を目指します


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com