4月の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

瀬良垣へ(その1)

|
(2010:04:20 18:17:15, NIKON D300, F8.0, 1/30, -2/3, ISO:200, 13.0 mm(換算19 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5162.jpg DSC_5163.jpg DSC_5165.jpg DSC_5169.jpg DSC_5170.jpg DSC_5172.jpg

万座毛から再び国道58号に戻ってきました。放置してた荷物を回収して今日の目的地、瀬良垣へと向かいます。万座ビーチリゾートへと入る交差点の所のココヤシは青い実をたくさん付けていました。






瀬良垣へ(その1)

|
(2010:04:20 18:17:19, NIKON D300, F8.0, 1/25, -2/3, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5162.jpg DSC_5163.jpg DSC_5165.jpg DSC_5169.jpg DSC_5170.jpg DSC_5172.jpg

万座毛から再び国道58号に戻ってきました。放置してた荷物を回収して今日の目的地、瀬良垣へと向かいます。万座ビーチリゾートへと入る交差点の所のココヤシは青い実をたくさん付けていました。






瀬良垣へ(その1)

|
(2010:04:20 18:17:38, NIKON D300, F8.0, 1/80, +5/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5162.jpg DSC_5163.jpg DSC_5165.jpg DSC_5169.jpg DSC_5170.jpg DSC_5172.jpg

万座毛から再び国道58号に戻ってきました。放置してた荷物を回収して今日の目的地、瀬良垣へと向かいます。万座ビーチリゾートへと入る交差点の所のココヤシは青い実をたくさん付けていました。






万座毛(その5)

|
(2010:04:20 17:58:18, NIKON D300, F8.0, 1/80, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5157.jpg DSC_5154.jpg DSC_5155.jpg DSC_5156.jpg DSC_5160.jpg DSC_5161.jpg

疲れるだけなので行きませんでしたが、万座毛の駐車場のトイレのそばから海岸沿いに遊歩道が整備されていて、奥には展望台/休憩所もあるようです。メインな万座毛よりも、こっちの方が人も少なくゆったり景色を楽しめていいかもしれません。






万座毛(その5)

|
(2010:04:20 17:58:01, NIKON D300, F8.0, 1/80, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5157.jpg DSC_5154.jpg DSC_5155.jpg DSC_5156.jpg DSC_5160.jpg DSC_5161.jpg

疲れるだけなので行きませんでしたが、万座毛の駐車場のトイレのそばから海岸沿いに遊歩道が整備されていて、奥には展望台/休憩所もあるようです。メインな万座毛よりも、こっちの方が人も少なくゆったり景色を楽しめていいかもしれません。



沖縄県海岸国定公園

万座毛は、琉球石灰岩からなる海岸段丘で、特徴的な海食崖と風衝草地がひろがる景勝地です。一帯は県の名勝・天然記念物(植物)にも指定されています。



■沖縄海岸国定公園

沖縄海岸国定公園は、沖縄島最北端辺戸岬より残波岬に至るサンゴ礁に縁取られた西海岸と、固有の生物相をもつ北部山林地域の一部、および多島海の風景と海中景観が美しい慶良間諸島からなります。これらの地域は亜熱帯沖縄を代表する自然の景勝地です。周辺海域では多種多様なサンゴや熱帯魚が素晴らしい海中景観を織りなし、特にすぐれた地区として部瀬名岬周辺など3箇所が海中公園地区に指定されています。また与那覇岳一帯には原生林に近い亜熱帯林が分布しており、世界的な貴重種であるノグチゲラやヤンバルクイナが生息しています。


沖縄海岸国定公園全体図

指定の面積は
陸域10,320ヘクタール
海域26,052ヘクタール




沖縄海岸国定公園 万座毛周辺の自然

万座毛石灰岩植物群落

万座毛には、たえず強い潮風が吹きつけるなどの厳しい環境下にあります。海岸崖地や海崖下の平坦地には、強風や塩分及び乾燥に耐え得る植物が群落を形成しています。台地上に広がるコウライシバなどの風衝草地を含めたこれらの植生は亜熱帯沖縄を代表するもので、「万座毛石灰岩植物群落」として県の天然記念物に指定されています。一人一人の植物採取が群落全体の破壊につながります。大切にしましょう。


万座毛の名は、18世紀前半にこの地を訪れた琉球国尚敬王が、万人が座ることのできるモウ(草原)と讃え命名したといわれています。県の名勝に指定されています。


万座毛で見られる植物


アダン(タコノキ科)

日本では南西諸島だけに見られる常緑低木です。主として海岸に群生し、幹から多数の支柱根を出します。果実は小さな実が集まってできており、パイナップルの果実によく似ています。


クサトベラ(クサトベラ科)

日本では南西諸島だけに見られる常緑低木です。海岸の砂地や隆起サンゴ礁等の岩地に群生します。手のような形の白い花をつけます。


ナハエボシグサ(マメ科)

南西諸島伊南に分布する多年草で、海岸に多く見られます。花は緋紅色。葉が3出葉なのでミツバノコマツナギともいいます。


モンパノキ(ムラサキ科)

日本では南西諸島だけに見られる常緑低木です。海岸の砂地や隆起サンゴ礁等の岩地に群生します。幹にはコルク層が発達しています。果実は海流(黒潮)によって運ばれます。


環境庁・沖縄県



万座毛(その5)

|
(2010:04:20 17:58:04, NIKON D300, F8.0, 1/80, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5157.jpg DSC_5154.jpg DSC_5155.jpg DSC_5156.jpg DSC_5160.jpg DSC_5161.jpg

疲れるだけなので行きませんでしたが、万座毛の駐車場のトイレのそばから海岸沿いに遊歩道が整備されていて、奥には展望台/休憩所もあるようです。メインな万座毛よりも、こっちの方が人も少なくゆったり景色を楽しめていいかもしれません。



沖縄海岸国定公園 万座毛周辺の自然

万座毛石灰岩植物群落

万座毛には、たえず強い潮風が吹きつけるなどの厳しい環境下にあります。海岸崖地や海崖下の平坦地には、強風や塩分及び乾燥に耐え得る植物が群落を形成しています。台地上に広がるコウライシバなどの風衝草地を含めたこれらの植生は亜熱帯沖縄を代表するもので、「万座毛石灰岩植物群落」として県の天然記念物に指定されています。一人一人の植物採取が群落全体の破壊につながります。大切にしましょう。


万座毛の名は、18世紀前半にこの地を訪れた琉球国尚敬王が、万人が座ることのできるモウ(草原)と讃え命名したといわれています。県の名勝に指定されています。


万座毛で見られる植物


アダン(タコノキ科)

日本では南西諸島だけに見られる常緑低木です。主として海岸に群生し、幹から多数の支柱根を出します。果実は小さな実が集まってできており、パイナップルの果実によく似ています。


クサトベラ(クサトベラ科)

日本では南西諸島だけに見られる常緑低木です。海岸の砂地や隆起サンゴ礁等の岩地に群生します。手のような形の白い花をつけます。


ナハエボシグサ(マメ科)

南西諸島伊南に分布する多年草で、海岸に多く見られます。花は緋紅色。葉が3出葉なのでミツバノコマツナギともいいます。


モンパノキ(ムラサキ科)

日本では南西諸島だけに見られる常緑低木です。海岸の砂地や隆起サンゴ礁等の岩地に群生します。幹にはコルク層が発達しています。果実は海流(黒潮)によって運ばれます。


環境庁・沖縄県



万座毛(その5)

|
(2010:04:20 17:58:10, NIKON D300, F8.0, 1/50, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5157.jpg DSC_5154.jpg DSC_5155.jpg DSC_5156.jpg DSC_5160.jpg DSC_5161.jpg

疲れるだけなので行きませんでしたが、万座毛の駐車場のトイレのそばから海岸沿いに遊歩道が整備されていて、奥には展望台/休憩所もあるようです。メインな万座毛よりも、こっちの方が人も少なくゆったり景色を楽しめていいかもしれません。



沖縄県海岸国定公園

万座毛は、琉球石灰岩からなる海岸段丘で、特徴的な海食崖と風衝草地がひろがる景勝地です。一帯は県の名勝・天然記念物(植物)にも指定されています。



■沖縄海岸国定公園

沖縄海岸国定公園は、沖縄島最北端辺戸岬より残波岬に至るサンゴ礁に縁取られた西海岸と、固有の生物相をもつ北部山林地域の一部、および多島海の風景と海中景観が美しい慶良間諸島からなります。これらの地域は亜熱帯沖縄を代表する自然の景勝地です。周辺海域では多種多様なサンゴや熱帯魚が素晴らしい海中景観を織りなし、特にすぐれた地区として部瀬名岬周辺など3箇所が海中公園地区に指定されています。また与那覇岳一帯には原生林に近い亜熱帯林が分布しており、世界的な貴重種であるノグチゲラやヤンバルクイナが生息しています。


沖縄海岸国定公園全体図

指定の面積は
陸域10,320ヘクタール
海域26,052ヘクタール



万座毛(その5)

|
(2010:04:20 18:00:06, NIKON D300, F8.0, 1/40, -1/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5157.jpg DSC_5154.jpg DSC_5155.jpg DSC_5156.jpg DSC_5160.jpg DSC_5161.jpg

疲れるだけなので行きませんでしたが、万座毛の駐車場のトイレのそばから海岸沿いに遊歩道が整備されていて、奥には展望台/休憩所もあるようです。メインな万座毛よりも、こっちの方が人も少なくゆったり景色を楽しめていいかもしれません。






万座毛(その5)

|
(2010:04:20 18:00:09, NIKON D300, F8.0, 1/60, -1/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5157.jpg DSC_5154.jpg DSC_5155.jpg DSC_5156.jpg DSC_5160.jpg DSC_5161.jpg

疲れるだけなので行きませんでしたが、万座毛の駐車場のトイレのそばから海岸沿いに遊歩道が整備されていて、奥には展望台/休憩所もあるようです。メインな万座毛よりも、こっちの方が人も少なくゆったり景色を楽しめていいかもしれません。



環境保全保安林整備事業

環境保全保安林整備事業は市街地や集落等の周辺、自然公園、史跡名勝等の周辺の保安林で実施され景観を保持し、自然とふれあう憩いの場として保養やレクリエーションに活用されます。

保安林においては、次の行為は知事の許可を受けなければなりません。

1.立木竹の伐採及び立木の損傷
2.土石の採取及び樹根の採掘
3.その他土地の形質を変更する行為

沖縄県北部林業事務所
恩納村役場



万座毛(その4)

|
(2010:04:20 17:54:51, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5145.jpg DSC_5146.jpg DSC_5147.jpg DSC_5150.jpg DSC_5151.jpg DSC_5153.jpg

万座毛は確かに眺めはいいですが遊歩道沿いのベンチや日除けもない場所。遊歩道も100メートルちょっと?なので、さっさと歩いてそれで終わりな印象。すぐに崖エリアを抜けて再び駐車場の近くへとぐるっと戻ってしまいました。






万座毛(その4)

|
(2010:04:20 17:55:11, NIKON D300, F8.0, 1/100, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5145.jpg DSC_5146.jpg DSC_5147.jpg DSC_5150.jpg DSC_5151.jpg DSC_5153.jpg

万座毛は確かに眺めはいいですが遊歩道沿いのベンチや日除けもない場所。遊歩道も100メートルちょっと?なので、さっさと歩いてそれで終わりな印象。すぐに崖エリアを抜けて再び駐車場の近くへとぐるっと戻ってしまいました。






万座毛(その4)

|
(2010:04:20 17:55:59, NIKON D300, F8.0, 1/100, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5145.jpg DSC_5146.jpg DSC_5147.jpg DSC_5150.jpg DSC_5151.jpg DSC_5153.jpg

万座毛は確かに眺めはいいですが遊歩道沿いのベンチや日除けもない場所。遊歩道も100メートルちょっと?なので、さっさと歩いてそれで終わりな印象。すぐに崖エリアを抜けて再び駐車場の近くへとぐるっと戻ってしまいました。






万座毛(その4)

|
(2010:04:20 17:56:31, NIKON D300, F8.0, 1/100, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5145.jpg DSC_5146.jpg DSC_5147.jpg DSC_5150.jpg DSC_5151.jpg DSC_5153.jpg

万座毛は確かに眺めはいいですが遊歩道沿いのベンチや日除けもない場所。遊歩道も100メートルちょっと?なので、さっさと歩いてそれで終わりな印象。すぐに崖エリアを抜けて再び駐車場の近くへとぐるっと戻ってしまいました。






万座毛(その4)

|
(2010:04:20 17:56:55, NIKON D300, F8.0, 1/80, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5145.jpg DSC_5146.jpg DSC_5147.jpg DSC_5150.jpg DSC_5151.jpg DSC_5153.jpg

万座毛は確かに眺めはいいですが遊歩道沿いのベンチや日除けもない場所。遊歩道も100メートルちょっと?なので、さっさと歩いてそれで終わりな印象。すぐに崖エリアを抜けて再び駐車場の近くへとぐるっと戻ってしまいました。






万座毛(その4)

|
(2010:04:20 17:57:38, NIKON D300, F8.0, 1/6, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5145.jpg DSC_5146.jpg DSC_5147.jpg DSC_5150.jpg DSC_5151.jpg DSC_5153.jpg

万座毛は確かに眺めはいいですが遊歩道沿いのベンチや日除けもない場所。遊歩道も100メートルちょっと?なので、さっさと歩いてそれで終わりな印象。すぐに崖エリアを抜けて再び駐車場の近くへとぐるっと戻ってしまいました。



県指定天然記念物

万座毛石灰岩植物群落



万座毛(その3)

|
(2010:04:20 17:53:06, NIKON D300, F8.0, 1/80, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5137.jpg DSC_5138.jpg DSC_5141.jpg DSC_5142.jpg DSC_5143.jpg DSC_5144.jpg

遊歩道沿いに柵がきちんと設置されているために崖上までは行けませんでした。昔に来たときにはこんなに柵があった記憶はなかったのですが、、、2枚目の写真の場所とかここを足場にしてああ動けば下まで行けそうだな、なんて考えながら眺めていた記憶がちらほらと頭に浮かんで来ました。ラストの写真は前来たときに泊まったホテル。大きいなぁ。






万座毛(その3)

|
(2010:04:20 17:53:16, NIKON D300, F8.0, 1/80, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5137.jpg DSC_5138.jpg DSC_5141.jpg DSC_5142.jpg DSC_5143.jpg DSC_5144.jpg

遊歩道沿いに柵がきちんと設置されているために崖上までは行けませんでした。昔に来たときにはこんなに柵があった記憶はなかったのですが、、、2枚目の写真の場所とかここを足場にしてああ動けば下まで行けそうだな、なんて考えながら眺めていた記憶がちらほらと頭に浮かんで来ました。ラストの写真は前来たときに泊まったホテル。大きいなぁ。






万座毛(その3)

|
(2010:04:20 17:53:50, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5137.jpg DSC_5138.jpg DSC_5141.jpg DSC_5142.jpg DSC_5143.jpg DSC_5144.jpg

遊歩道沿いに柵がきちんと設置されているために崖上までは行けませんでした。昔に来たときにはこんなに柵があった記憶はなかったのですが、、、2枚目の写真の場所とかここを足場にしてああ動けば下まで行けそうだな、なんて考えながら眺めていた記憶がちらほらと頭に浮かんで来ました。ラストの写真は前来たときに泊まったホテル。大きいなぁ。






万座毛(その3)

|
(2010:04:20 17:54:08, NIKON D300, F8.0, 1/125, +1/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5137.jpg DSC_5138.jpg DSC_5141.jpg DSC_5142.jpg DSC_5143.jpg DSC_5144.jpg

遊歩道沿いに柵がきちんと設置されているために崖上までは行けませんでした。昔に来たときにはこんなに柵があった記憶はなかったのですが、、、2枚目の写真の場所とかここを足場にしてああ動けば下まで行けそうだな、なんて考えながら眺めていた記憶がちらほらと頭に浮かんで来ました。ラストの写真は前来たときに泊まったホテル。大きいなぁ。






万座毛(その3)

|
(2010:04:20 17:54:35, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5137.jpg DSC_5138.jpg DSC_5141.jpg DSC_5142.jpg DSC_5143.jpg DSC_5144.jpg

遊歩道沿いに柵がきちんと設置されているために崖上までは行けませんでした。昔に来たときにはこんなに柵があった記憶はなかったのですが、、、2枚目の写真の場所とかここを足場にしてああ動けば下まで行けそうだな、なんて考えながら眺めていた記憶がちらほらと頭に浮かんで来ました。ラストの写真は前来たときに泊まったホテル。大きいなぁ。






 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19   >>|

カテゴリ