4月の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

万座毛(その3)

|
(2010:04:20 17:54:41, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5137.jpg DSC_5138.jpg DSC_5141.jpg DSC_5142.jpg DSC_5143.jpg DSC_5144.jpg

遊歩道沿いに柵がきちんと設置されているために崖上までは行けませんでした。昔に来たときにはこんなに柵があった記憶はなかったのですが、、、2枚目の写真の場所とかここを足場にしてああ動けば下まで行けそうだな、なんて考えながら眺めていた記憶がちらほらと頭に浮かんで来ました。ラストの写真は前来たときに泊まったホテル。大きいなぁ。






万座毛(その2)

|
(2010:04:20 17:50:40, NIKON D300, F8.0, 1/125, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5129.jpg DSC_5130.jpg DSC_5131.jpg DSC_5132.jpg DSC_5133.jpg DSC_5136.jpg

40年近く前の今日、万座毛が沖縄県の名勝に指定されたようです(この文章を書いているのが5/12だから"今日"という表現にしてしましました)。駐車場からアダンやセンダングサが生える背の高さぐらいの林を抜けると広い芝生エリアに。そしてその先が崖となっています。遊歩道沿いに行って最初にぶつかる撮影スポットな崖は遊歩道からは足元側の視界がありません。そのためみんなカメラを頭の上に伸ばして撮影していました。もちろん私も同じようにして撮影っと。






万座毛(その2)

|
(2010:04:20 17:50:46, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5129.jpg DSC_5130.jpg DSC_5131.jpg DSC_5132.jpg DSC_5133.jpg DSC_5136.jpg

40年近く前の今日、万座毛が沖縄県の名勝に指定されたようです(この文章を書いているのが5/12だから"今日"という表現にしてしましました)。駐車場からアダンやセンダングサが生える背の高さぐらいの林を抜けると広い芝生エリアに。そしてその先が崖となっています。遊歩道沿いに行って最初にぶつかる撮影スポットな崖は遊歩道からは足元側の視界がありません。そのためみんなカメラを頭の上に伸ばして撮影していました。もちろん私も同じようにして撮影っと。



県指定名勝

万座毛

昭和47年5月12日指定

 万座毛は、琉球石灰岩からなる海岸地形に突出した断崖とその上の広大な芝生面からできている。18世紀前半、時の琉球国王尚敬が北山巡視の途中にここに立ち寄り、「万人を座らせるに足る」と賞賛したことから万座毛と名付けられたと伝えられている。また、尚敬王行幸の際に地元の女流歌人恩納ナベが王一行を歓迎して詠んだ「波の声もとまれ、風の声もとまれ、首里天加那志、美御機拝ま」の即興歌は有名で、この歌碑は万座毛入口の木麻黄林の中に建っている。
 万座毛から眺める雄大な景観は、コバルトブルーに彩られた沖縄自然の美しさをいかんなく発揮し、県下有数の景勝地となっている。なお、この地域において許可なく現状を変更することは、県条例で禁じられています。

沖縄県教育委員会
恩納村教育委員会



万座毛(その2)

|
(2010:04:20 17:50:48, NIKON D300, F8.0, 1/100, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5129.jpg DSC_5130.jpg DSC_5131.jpg DSC_5132.jpg DSC_5133.jpg DSC_5136.jpg

40年近く前の今日、万座毛が沖縄県の名勝に指定されたようです(この文章を書いているのが5/12だから"今日"という表現にしてしましました)。駐車場からアダンやセンダングサが生える背の高さぐらいの林を抜けると広い芝生エリアに。そしてその先が崖となっています。遊歩道沿いに行って最初にぶつかる撮影スポットな崖は遊歩道からは足元側の視界がありません。そのためみんなカメラを頭の上に伸ばして撮影していました。もちろん私も同じようにして撮影っと。



県指定名勝

万座毛

昭和47年5月12日指定

 万座毛は、琉球石灰岩からなる海岸地形に突出した断崖とその上の広大な芝生面からできている。18世紀前半、時の琉球国王尚敬が北山巡視の途中にここに立ち寄り、「万人を座らせるに足る」と賞賛したことから万座毛と名付けられたと伝えられている。また、尚敬王行幸の際に地元の女流歌人恩納ナベが王一行を歓迎して詠んだ「波の声もとまれ、風の声もとまれ、首里天加那志、美御機拝ま」の即興歌は有名で、この歌碑は万座毛入口の木麻黄林の中に建っている。
 万座毛から眺める雄大な景観は、コバルトブルーに彩られた沖縄自然の美しさをいかんなく発揮し、県下有数の景勝地となっている。なお、この地域において許可なく現状を変更することは、県条例で禁じられています。

沖縄県教育委員会
恩納村教育委員会



万座毛(その2)

|
(2010:04:20 17:51:01, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5129.jpg DSC_5130.jpg DSC_5131.jpg DSC_5132.jpg DSC_5133.jpg DSC_5136.jpg

40年近く前の今日、万座毛が沖縄県の名勝に指定されたようです(この文章を書いているのが5/12だから"今日"という表現にしてしましました)。駐車場からアダンやセンダングサが生える背の高さぐらいの林を抜けると広い芝生エリアに。そしてその先が崖となっています。遊歩道沿いに行って最初にぶつかる撮影スポットな崖は遊歩道からは足元側の視界がありません。そのためみんなカメラを頭の上に伸ばして撮影していました。もちろん私も同じようにして撮影っと。






万座毛(その2)

|
(2010:04:20 17:52:12, NIKON D300, F8.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5129.jpg DSC_5130.jpg DSC_5131.jpg DSC_5132.jpg DSC_5133.jpg DSC_5136.jpg

40年近く前の今日、万座毛が沖縄県の名勝に指定されたようです(この文章を書いているのが5/12だから"今日"という表現にしてしましました)。駐車場からアダンやセンダングサが生える背の高さぐらいの林を抜けると広い芝生エリアに。そしてその先が崖となっています。遊歩道沿いに行って最初にぶつかる撮影スポットな崖は遊歩道からは足元側の視界がありません。そのためみんなカメラを頭の上に伸ばして撮影していました。もちろん私も同じようにして撮影っと。






万座毛(その2)

|
(2010:04:20 17:52:50, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5129.jpg DSC_5130.jpg DSC_5131.jpg DSC_5132.jpg DSC_5133.jpg DSC_5136.jpg

40年近く前の今日、万座毛が沖縄県の名勝に指定されたようです(この文章を書いているのが5/12だから"今日"という表現にしてしましました)。駐車場からアダンやセンダングサが生える背の高さぐらいの林を抜けると広い芝生エリアに。そしてその先が崖となっています。遊歩道沿いに行って最初にぶつかる撮影スポットな崖は遊歩道からは足元側の視界がありません。そのためみんなカメラを頭の上に伸ばして撮影していました。もちろん私も同じようにして撮影っと。






万座毛(その1)

|
(2010:04:20 17:48:51, NIKON D300, F8.0, 1/30, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5121.jpg DSC_5122.jpg DSC_5125.jpg DSC_5126.jpg DSC_5127.jpg DSC_5128.jpg

ようやく万座毛に到着です。万座毛の駐車場入り口右側に、万座毛の名前の由来にまつわる歌碑がありました。有名な場所ですがこんな時期、こんな時間なので駐車場はすかすかでした。






万座毛(その1)

|
(2010:04:20 17:48:58, NIKON D300, F8.0, 1/30, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5121.jpg DSC_5122.jpg DSC_5125.jpg DSC_5126.jpg DSC_5127.jpg DSC_5128.jpg

ようやく万座毛に到着です。万座毛の駐車場入り口右側に、万座毛の名前の由来にまつわる歌碑がありました。有名な場所ですがこんな時期、こんな時間なので駐車場はすかすかでした。



波の声もとまれ
風の声もとまれ
首里天がなし
美御機拝ま

「波の音も沈まれ、風の音も静かになれ、今私が首里の王様のごきげんを伺いをしますから(お顔を拝しますから)」という歌意である。
1726年(享保11年)に琉球王府尚敬王自身を先頭に、具志頭親方蔡温をはじめ、各重臣々下をのこりなく(約200人)率いて北山巡行のおり、恩納「ムラ」の景勝地万座毛に立ち寄った際に、農民百姓が何のおそれもなく、王賀の大行列を拝すことができて、これこそ大御代の恵みで、●々然としたその歓喜の余り、国王歓迎で詠んだといわれている。
国王一行を歓迎した雄大なすばらしい風景の「クイシイ毛」で、彼女根取(音頭取りの歓迎臼太鼓(ウスデーク)に、国王一行は至極満悦して、尚敬王はこの毛に万人を座せしめることが出来るということで、すぐさま「万座毛」と命名した若き名君尚敬王のすばらしkさである輝かしい琉歌の歴史に沖縄文化政治史を万座毛に残したナビ女「ムラ」の誇りとし、かつ、後世に伝えるために歌碑を昭和3年11月10日建立する。



万座毛(その1)

|
(2010:04:20 17:49:26, NIKON D300, F8.0, 1/125, 0, ISO:200, 14.0 mm(換算21 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5121.jpg DSC_5122.jpg DSC_5125.jpg DSC_5126.jpg DSC_5127.jpg DSC_5128.jpg

ようやく万座毛に到着です。万座毛の駐車場入り口右側に、万座毛の名前の由来にまつわる歌碑がありました。有名な場所ですがこんな時期、こんな時間なので駐車場はすかすかでした。






万座毛(その1)

|
(2010:04:20 17:49:28, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5121.jpg DSC_5122.jpg DSC_5125.jpg DSC_5126.jpg DSC_5127.jpg DSC_5128.jpg

ようやく万座毛に到着です。万座毛の駐車場入り口右側に、万座毛の名前の由来にまつわる歌碑がありました。有名な場所ですがこんな時期、こんな時間なので駐車場はすかすかでした。






万座毛(その1)

|
(2010:04:20 17:50:19, NIKON D300, F8.0, 1/50, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5121.jpg DSC_5122.jpg DSC_5125.jpg DSC_5126.jpg DSC_5127.jpg DSC_5128.jpg

ようやく万座毛に到着です。万座毛の駐車場入り口右側に、万座毛の名前の由来にまつわる歌碑がありました。有名な場所ですがこんな時期、こんな時間なので駐車場はすかすかでした。






万座毛(その1)

|
(2010:04:20 17:50:24, NIKON D300, F8.0, 1/40, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5121.jpg DSC_5122.jpg DSC_5125.jpg DSC_5126.jpg DSC_5127.jpg DSC_5128.jpg

ようやく万座毛に到着です。万座毛の駐車場入り口右側に、万座毛の名前の由来にまつわる歌碑がありました。有名な場所ですがこんな時期、こんな時間なので駐車場はすかすかでした。






国道58号の802

|
(2010:04:20 17:36:26, NIKON D300, F8.0, 1/320, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5118.jpg

実はずっとカウントダウンをしていました。85km、81km、80.3km、、、そしてついに80.2kmポストを発見です。ちょうど万座毛へ行くために曲がる交差点の所にありました。radikoでも何でもいいから沖縄でも802聴きたかったなぁ。






谷茶から万座毛へ(その5)

|
(2010:04:20 17:28:54, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5109.jpg DSC_5111.jpg DSC_5112.jpg DSC_5113.jpg DSC_5115.jpg DSC_5117.jpg

恩納村役場の前には大きな看板でイラストマップ恩納がありました。フルサイズの画像をアップロードしたのでクリックで詳細が見れます。恩納村役場自体も「村」の役場とは思えないほど立派で、大きなシーサーが入口に座っていました。

そんなのを見ながらしばらく坂を下ると消防署と川の橋に到着。この川を渡る手前で左に曲がって国道を離れると万座毛です。また荷物を道路に放置して万座毛へと向かいました。






谷茶から万座毛へ(その5)

|
(2010:04:20 17:29:03, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5109.jpg DSC_5111.jpg DSC_5112.jpg DSC_5113.jpg DSC_5115.jpg DSC_5117.jpg

恩納村役場の前には大きな看板でイラストマップ恩納がありました。フルサイズの画像をアップロードしたのでクリックで詳細が見れます。恩納村役場自体も「村」の役場とは思えないほど立派で、大きなシーサーが入口に座っていました。

そんなのを見ながらしばらく坂を下ると消防署と川の橋に到着。この川を渡る手前で左に曲がって国道を離れると万座毛です。また荷物を道路に放置して万座毛へと向かいました。



琉歌の里「おんな」

第19回 琉歌大賞 テーマ「雨」
平成21年11月8日

(一般の部)

雨風も共に
凌ぎきやる浮世
老いの高坂も
手引き登ら

那覇市首里 宮城盛吉


(児童生徒の部)

梅雨明けの空が
青空に変わる
白い雲きれい
もうすぐ夏だ

恩納小学校5年 山城美希恵


目的

 琉球文化の華ともいえる琉球古典音楽や琉球舞踊、組踊の全てが琉歌を源泉としております。その美しい韻律は、三線の音に乗るとき、遙か先人たちの心の響きとなって、時を超え誰もの心をゆさぶることでしょう。
 我が村は、目の前にコバルトブルーの海、白い砂浜、振り向くとなだらかな恩納岳が横たわり、豊かな自然環境に包まれ、感性豊かな文化人が多く誕生しました。
 古くは「恩納ナベ」「吉屋チル」と二大女流歌人、近年では作詞作曲で有名な「新城正一」先生そして「渡久地政信」先生など、素晴らしい歌を数多く残しております。
 このように訪れる人々にやすらぎを与え、叙情豊かな心を育てる村をいつまでも残し、地域特性豊かな文化の振興を図ることを目的としております。



谷茶から万座毛へ(その5)

|
(2010:04:20 17:29:19, NIKON D300, F8.0, 1/320, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5109.jpg DSC_5111.jpg DSC_5112.jpg DSC_5113.jpg DSC_5115.jpg DSC_5117.jpg

恩納村役場の前には大きな看板でイラストマップ恩納がありました。フルサイズの画像をアップロードしたのでクリックで詳細が見れます。恩納村役場自体も「村」の役場とは思えないほど立派で、大きなシーサーが入口に座っていました。

そんなのを見ながらしばらく坂を下ると消防署と川の橋に到着。この川を渡る手前で左に曲がって国道を離れると万座毛です。また荷物を道路に放置して万座毛へと向かいました。






谷茶から万座毛へ(その5)

|
(2010:04:20 17:32:38, NIKON D300, F8.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5109.jpg DSC_5111.jpg DSC_5112.jpg DSC_5113.jpg DSC_5115.jpg DSC_5117.jpg

恩納村役場の前には大きな看板でイラストマップ恩納がありました。フルサイズの画像をアップロードしたのでクリックで詳細が見れます。恩納村役場自体も「村」の役場とは思えないほど立派で、大きなシーサーが入口に座っていました。

そんなのを見ながらしばらく坂を下ると消防署と川の橋に到着。この川を渡る手前で左に曲がって国道を離れると万座毛です。また荷物を道路に放置して万座毛へと向かいました。






谷茶から万座毛へ(その5)

|
(2010:04:20 17:33:26, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5109.jpg DSC_5111.jpg DSC_5112.jpg DSC_5113.jpg DSC_5115.jpg DSC_5117.jpg

恩納村役場の前には大きな看板でイラストマップ恩納がありました。フルサイズの画像をアップロードしたのでクリックで詳細が見れます。恩納村役場自体も「村」の役場とは思えないほど立派で、大きなシーサーが入口に座っていました。

そんなのを見ながらしばらく坂を下ると消防署と川の橋に到着。この川を渡る手前で左に曲がって国道を離れると万座毛です。また荷物を道路に放置して万座毛へと向かいました。






谷茶から万座毛へ(その5)

|
(2010:04:20 17:34:57, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5109.jpg DSC_5111.jpg DSC_5112.jpg DSC_5113.jpg DSC_5115.jpg DSC_5117.jpg

恩納村役場の前には大きな看板でイラストマップ恩納がありました。フルサイズの画像をアップロードしたのでクリックで詳細が見れます。恩納村役場自体も「村」の役場とは思えないほど立派で、大きなシーサーが入口に座っていました。

そんなのを見ながらしばらく坂を下ると消防署と川の橋に到着。この川を渡る手前で左に曲がって国道を離れると万座毛です。また荷物を道路に放置して万座毛へと向かいました。






 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20   >>|

カテゴリ