ミズヒキゴカイの記事


|<< 前へ;  1  次へ >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

刈藻海水浴場の海中(その1)

|
(2009:09:24 08:38:50, NIKON D300, F3.5, 1/400, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9744.jpg DSC_9748.jpg DSC_9750.jpg DSC_9755.jpg DSC_9773.jpg DSC_9777.jpg

気持ちいいほど快晴の空の下、刈藻海水浴場で泳ぎました。ここは沖にテトラポットが入っている穏やかな場所です。よく泳いでいる神戸の塩屋港に海の中も雰囲気が似ています。

テトラポットの内側はアマモが多く生えていて魚が多い。。。しかし透明度がわるすぎる。そのため沖のテトラポットの外側へ。テトラの周りはメバル、メジナ、チヌ、オヤビッチャ、アナハゼ、イシダイ、イシガキダイやたくさんのホシササノハベラがいて特にテトラポットの外側は澄んだ綺麗な海でした。

泳ぎやすくていい場所ですが、、、漁船がたまにテトラポットの外側だけでなく内側も通るので要注意です。






狐崎の海中(その1)

|
(2008:08:22 12:25:41, NIKON D200, F5.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC7322.jpg _DSC7130.jpg _DSC7149.jpg] _DSC7171.jpg _DSC7180.jpg _DSC7188.jpg

ついさっき泳いだ狐崎海水浴場がまだ見える位置ですが、あまりに気持ちのいいばしょなのでここ狐崎でも泳ぐことにしました。岩のりの養殖用コンクリートからエントリー。すぐ足元にはイトマキヒトデがいました。泳ぐのに疲れて海藻の上で休むカレイ。スナヒキゴカイのピンク色が鮮やかな砂地ではアミメハギやカレイ。日本海の荒波で角の取れた転石がごろごろする場所にはアイナメやメバルなどが見れました。






狐崎の海中(その1)

|
(2008:08:22 12:26:25, NIKON D200, F5.0, 1/400, 0, ISO:400, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

_DSC7322.jpg _DSC7130.jpg _DSC7149.jpg] _DSC7171.jpg _DSC7180.jpg _DSC7188.jpg

ついさっき泳いだ狐崎海水浴場がまだ見える位置ですが、あまりに気持ちのいいばしょなのでここ狐崎でも泳ぐことにしました。岩のりの養殖用コンクリートからエントリー。すぐ足元にはイトマキヒトデがいました。泳ぐのに疲れて海藻の上で休むカレイ。スナヒキゴカイのピンク色が鮮やかな砂地ではアミメハギやカレイ。日本海の荒波で角の取れた転石がごろごろする場所にはアイナメやメバルなどが見れました。






イワシを食べるゴカイ

|
(2012:07:16 13:38:33, NIKON D800, F3.0, 1/400, 0, ISO:110, 60.0 mm(換算60 mm), Nikkor 60mm F2.8, ☆☆☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


THE食物連鎖という場面に出会いました。
海底に転がっているカタクチイワシの死体。砂地の中に棲むミズヒキゴカイが、イワシの頭に触手を絡ませて食べようとしていました。



砂地に隠れたトビヌメリ

|
(2012:07:16 13:45:44, NIKON D800, F3.2, 1/400, 0, ISO:180, 60.0 mm(換算60 mm), Nikkor 60mm F2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


頭だけなぜかカラフルなトビヌメリが砂地にいました。足がつくぐらい浅いところから見かける魚です。
それにしてもNikon AF-S Micro-Nikkor 60mm/F2.8Gは周辺画像が汚すぎです。クロップを使うのは気分的に嫌に感じてきているので、x1.2クロップ相当のトリミングを前提で撮影した方がよさそう。次回は撮影時にトリミング前提になるように気をつけておいて、帰ったらまずは全カットトリミングしてから選別処理をしようかな。



|<< 前へ;  1  次へ >>|

カテゴリ