岩屋港の記事


|<< 前へ;  1  次へ >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

明石海峡大橋付近で行われていたちりめん漁

|
(2009:09:28 12:40:07, NIKON D300, F10.0, 1/320, +1, ISO:200, 17.0 mm(換算25 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2411.jpg DSC_2362.jpg DSC_2318.jpg DSC_2027.jpg

この日は、ちりめん用のイワシ漁が盛んに行われていました。明石海峡大橋の下や岩屋港の南側にはたくさんの漁船が出て、長い筒状の網を引いてイワシの群れを一網打尽に。すぐに岩屋港で水揚げして軽トラックですぐそばの加工場へ。そこで釜茹でにされて屋外に干されています。海で泳いでいた稚魚がほんの1時間か2時間でちりめんに変身です。






明石海峡大橋付近で行われていたちりめん漁

|
(2009:09:28 12:35:37, NIKON D300, F10.0, 1/60, 0, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2411.jpg DSC_2362.jpg DSC_2318.jpg DSC_2027.jpg

この日は、ちりめん用のイワシ漁が盛んに行われていました。明石海峡大橋の下や岩屋港の南側にはたくさんの漁船が出て、長い筒状の網を引いてイワシの群れを一網打尽に。すぐに岩屋港で水揚げして軽トラックですぐそばの加工場へ。そこで釜茹でにされて屋外に干されています。海で泳いでいた稚魚がほんの1時間か2時間でちりめんに変身です。






最後のあわじ花トイレ

|
(2009:09:28 12:45:57, NIKON D300, F10.0, 1/250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2374.jpg

今回の旅最後のあわじ花トイレです。コンクリートのアーチが作られています。場所は岩屋郵便局前。その郵便局で荷物を家に送ったので、ここからは手ぶらです。






岩屋港から翼港へ(その1)

|
(2009:09:16 15:17:27, NIKON D300, F10.0, 1/200, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_6481.jpg DSC_6485.jpg DSC_6486.jpg DSC_6491.jpg DSC_6493.jpg DSC_6494.jpg

岩屋港の大和島で泳いだ後は国道28号を南下開始です。

岩屋海水浴場の場所は「田ノ代海水海岸」として整備中のようです。海岸側には崩れかけた旧道が残っています。海岸沿いには趣きのある神社や生きた地魚を使った定食屋などがありました。






岩屋港

|
(2009:09:16 13:47:56, NIKON D300, F10.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_6382.jpg DSC_6400.jpg

明石海峡大橋のすぐ近くにある岩屋港に到着しました。事前に送っていた荷物を受け取りに岩屋郵便局へ。そして一周旅行の開始です。

岩屋港はイカナゴやちりめんじゃこなどの小魚が獲れる時期ににぎわう漁港。しかしそれ以外の漁も盛んに行われていて、蛸壺や延縄の針などの漁具をそこら中で見ることができます。 






|<< 前へ;  1  次へ >>|

カテゴリ