9月の記事


柴右エ門公園?狸神社(その2)

|   
(2009:09:17 16:38:28, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

昭和50年5月 両陛下植林行事記念行幸の節お出迎えいたしました由緒ある夫婦狸です

信楽焼石工製作所 澤義 謹製


柴右エ門公園?狸神社(その2)

|   
(2009:09:17 16:38:37, NIKON D300, F5.6, 1/80, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

おたぬき
夫婦の碑

津名町
津名町観光協会

お狸は恩を忘れず人に報い
一夫一婦の契りも固く
やさしさといつくしみの
夫婦の心は一つとなって
世のために人のためにとつくし行く
心豊かな人生船路内和合交通安全
利益授けん

津名町観光協会


柴右エ門公園?狸神社(その2)

|   
(2009:09:17 16:38:45, NIKON D300, F5.6, 1/125, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

小井の清水とおたぬきの関係

兵庫県指定史跡

御井之清水
「古事記」の「仁徳朝記」に和泉の国太島郡「ときの」近くに大樹ありその木を切りて船を作り「枯野」と名づけ朝に夕に淡路島「寒泉」を汲み「大清水」(●料の水・聖水としたとあり帝はこの清水をこよなく愛された

一、「おたぬき」柴右衛門、柴太郎も岩根より湧き出ずるこの清澄な清水をいつくしみ親しんだという

一、御りやく
此地に「水かけおたぬき」を祀り人々の長寿と一つの願掛けおし、水掛けすれば渚願成就必ず堅かるべし


柴右エ門公園?狸神社(その1)

|   
(2009:09:17 16:39:32, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

多くの狸が祀られている公園です。整備されておらず雑草が生えたこの雰囲気がまた狸に非常に似合う公園。奥にトイレがありましたがおそらく使えない状態でしょう(未確認)。


柴右エ門公園?狸神社(その2)

|   
(2009:09:17 16:40:20, NIKON D300, F5.6, 1/80, +4/3, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

数える気にもなれませんでしたが、無数の狸があちらこちらから顔を覗かせていました。
誰も読むことのなさそうな雑草に埋もれた看板には、ついさっき水を汲んだ御井の清水についての記述も残っていました。


大観音像から佐野集落へ(その3)

|   
(2009:09:17 16:42:16, NIKON D300, F5.6, 1/640, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近になると心なしかそれまでと比べて波打ち際の透明度が上がってきた気がします。透明な海水が打ち寄せるのを見ながら歩きに歩きようやく佐野集落に到着です。だいぶ歩いた気がするもののまだまだ大観音像ははっきりと見えました。


大観音像から佐野集落へ(その3)

|   
(2009:09:17 17:13:28, NIKON D300, F6.3, 1/1000, 0, ISO:400, 300 mm(換算450 mm), AF Zoom Nikkor 70-300mm f/4-5.6G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

この付近になると心なしかそれまでと比べて波打ち際の透明度が上がってきた気がします。透明な海水が打ち寄せるのを見ながら歩きに歩きようやく佐野集落に到着です。だいぶ歩いた気がするもののまだまだ大観音像ははっきりと見えました。


佐野集落からの星空

|   
(2009:09:17 20:11:25, NIKON D300, F5.6, 30, 0, ISO:1250, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

日没を迎えたので佐野集落の海から夜景を撮ってみました。関西国際空港のある阪南市側のある対岸が黄色く明らんでいますが、星も多く見えました。


八浄寺(その1)

|   
(2009:09:17 20:22:17, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:400, 20 mm(換算30 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

仏心開花の山門

当寺の山門の敷石に仏さまの慈悲の象徴である蓮弁が刻まれその裏面には諸仏諸菩薩の総咒(総てのみ仏の功徳がこめられている最尊の真言)である光明真言の梵字が謹刻されております。
この真言は破地獄真言とも云われ功徳は甚大で厄難が除かれ福徳が授かると経説されております。
合掌礼拝して蓮上を遊歩して入門下さい。
”心の庭に花を咲かせませう”

山主敬白


八浄寺(その1)

|   
(2009:09:17 20:23:06, NIKON D300, F5.6, 1, 0, ISO:400, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夜になると綺麗にライトアップされ、遠くからでもよく目立つ朱色の塔がありました。八浄寺です。早く撮影に行きたかったのですが、閉店間近の酒屋でビールを買ってしまったため、飲みながら寺に入るのは微妙なので、それを飲みに海辺に行っていたりとなかなか行けずに遅い時間になってしまいました。「ライトアップが消されるかも」とビクビクしながら向かいましたが何とか間に合いました。


八浄寺(その1)

|   
(2009:09:17 20:24:18, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:400, 17 mm(換算25 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)



木は気である。だからわたしは木に額をつけて気を摂取する。百年の木には百年の気がある千年の木には千年の気がある。宇宙は気のかたまり宇宙の気を吸い延命長寿の人となろう。

坂村真民



賽塔心柱育ての根元

この根元は大日如来の三摩耶形であり賽塔の揺れを吸収し安定を司る重要な役割を果たす心柱の根元です。気象条件の厳しい雪深き青森県北津軽郡の国有林の密林に小さな一粒のヒバの趣旨が380余年の年月をかけて育てて下さった尊い根元です。手に触れて大気のパワーを頂いて下さい。


八浄寺(その1)

|   
(2009:09:17 20:24:40, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:400, 19 mm(換算28 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夜になると綺麗にライトアップされ、遠くからでもよく目立つ朱色の塔がありました。八浄寺です。早く撮影に行きたかったのですが、閉店間近の酒屋でビールを買ってしまったため、飲みながら寺に入るのは微妙なので、それを飲みに海辺に行っていたりとなかなか行けずに遅い時間になってしまいました。「ライトアップが消されるかも」とビクビクしながら向かいましたが何とか間に合いました。


八浄寺(その2)

|   
(2009:09:17 20:25:50, NIKON D300, F5.6, 1, 0, ISO:400, 19 mm(換算28 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

明るくライトアップされているとはいえ、三脚もない状態で撮影するのはなかなか困難。蹴られるのを承知の上でフラッシュを焚いて撮ったりもすることになりました。


八浄寺(その2)

|   
(2009:09:17 20:27:27, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:400, 16 mm(換算24 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

明るくライトアップされているとはいえ、三脚もない状態で撮影するのはなかなか困難。蹴られるのを承知の上でフラッシュを焚いて撮ったりもすることになりました。


八浄寺(その2)

|   
(2009:09:17 20:30:16, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:400, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

明るくライトアップされているとはいえ、三脚もない状態で撮影するのはなかなか困難。蹴られるのを承知の上でフラッシュを焚いて撮ったりもすることになりました。


八浄寺(その2)

|   
(2009:09:17 20:31:08, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:400, 18 mm(換算27 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

明るくライトアップされているとはいえ、三脚もない状態で撮影するのはなかなか困難。蹴られるのを承知の上でフラッシュを焚いて撮ったりもすることになりました。


佐野集落の海中(その1)

|   
(2009:09:18 09:44:45, NIKON D300, F3.0, 1/400, 0, ISO:800, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

外は雲が出ていてイマイチな天気。海の中も天気を反映したのか透明度がイマイチ。目に付くのはベラばかり。しかし探せば海面を漂っていた海藻周りなどにアミメハギなどの姿が見れた。


佐野集落の海中(その1)

|   
(2009:09:18 09:46:31, NIKON D300, F4.0, 1/400, 0, ISO:800, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

外は雲が出ていてイマイチな天気。海の中も天気を反映したのか透明度がイマイチ。目に付くのはベラばかり。しかし探せば海面を漂っていた海藻周りなどにアミメハギなどの姿が見れた。


佐野集落の海中(その1)

|   
(2009:09:18 09:49:02, NIKON D300, F8.0, 1/400, 0, ISO:800, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

外は雲が出ていてイマイチな天気。海の中も天気を反映したのか透明度がイマイチ。目に付くのはベラばかり。しかし探せば海面を漂っていた海藻周りなどにアミメハギなどの姿が見れた。


佐野集落の海中(その1)

|   
(2009:09:18 09:54:51, NIKON D300, F3.0, 1/400, 0, ISO:800, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

外は雲が出ていてイマイチな天気。海の中も天気を反映したのか透明度がイマイチ。目に付くのはベラばかり。しかし探せば海面を漂っていた海藻周りなどにアミメハギなどの姿が見れた。


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com