9月の記事


淡路交流の翼港(その2)

|   
(2009:09:16 16:50:15, NIKON D300, F7.1, 1/80, 0, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

みなと歴史回廊
21世紀に輝くふれあいのみなと

淡路交流の翼港

兵庫県の「みなと」は、県内の産業や物流、交通網の発展のために重要な役割を果たしています。
みなとの歴史回廊は、このような兵庫県の「みなと」の歴史や文化を訪れた方々に紹介するためにつくられたものです。

「淡路交流の翼港」は、世界に開かれた大阪湾沿岸地域の交流拠点としての役割を果たしていくと共に、淡路島の新たな玄関として整備された港です。この港の背後には国際会議場やホテルがあり、関西国際空港からも直接アクセスできることから、国際交流の拠点としての役割をも果たすなど、新世紀に輝く港です。


淡路島は古くから天然の良港に恵まれ、「みなと」の発展と共にその歴史を歩んできました。それらの港は漁港や避難港として、また島内外の物流、或いは観光の拠点として、時代と共に多彩な役割を果たしてきました。


本港は、潮流、海浜部の保全、生態系の配慮などから「沖出し式(人工島式)」を採用し、形状についても周辺の地形条件と潮流に対する抵抗が少なく、周辺海域に影響を及ぼしにくい流線型とするなど、環境にやさしい港となるよう配慮しています。


淡路交流の翼港(その2)

|   
(2009:09:16 16:55:56, NIKON D300, F7.1, 1/400, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

翼港ターミナルの中ではお土産物の販売に加えて釣具の販売やレンタルも用意されていました。20時になると門が施錠されて自動車の出入りはできなくなりますが、歩道は施錠されないため夜間でも出入り可能。トイレなどは照明がないものの利用可能でした。


淡路交流の翼港(その2)

|   
(2009:09:16 16:56:59, NIKON D300, F7.1, 1/640, 0, ISO:200, 300 mm(換算450 mm), AF Zoom Nikkor 70-300mm f/4-5.6G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

翼港ターミナルの中ではお土産物の販売に加えて釣具の販売やレンタルも用意されていました。20時になると門が施錠されて自動車の出入りはできなくなりますが、歩道は施錠されないため夜間でも出入り可能。トイレなどは照明がないものの利用可能でした。


いその楽園(その2)

|   
(2009:09:16 17:00:00, NIKON D300, F7.1, 1/500, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

「磯の楽園」という名前の公園ですが、波打ち際に降りる階段のところには施錠された門があります。数年前に来たときも閉まっていたので、おそらく開くことはないのでしょう。ここは明石海峡に近いこともあり、流れが強いことがあるので事故を防ぐために閉じているのかもしれません。


いその楽園(その2)

|   
(2009:09:16 17:00:59, NIKON D300, F7.1, 1/400, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

「磯の楽園」という名前の公園ですが、波打ち際に降りる階段のところには施錠された門があります。数年前に来たときも閉まっていたので、おそらく開くことはないのでしょう。ここは明石海峡に近いこともあり、流れが強いことがあるので事故を防ぐために閉じているのかもしれません。


いその楽園(その2)

|   
(2009:09:16 17:12:08, NIKON D300, F7.1, 1/250, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

「磯の楽園」という名前の公園ですが、波打ち際に降りる階段のところには施錠された門があります。数年前に来たときも閉まっていたので、おそらく開くことはないのでしょう。ここは明石海峡に近いこともあり、流れが強いことがあるので事故を防ぐために閉じているのかもしれません。


翼港での星空

|   
(2009:09:16 19:14:24, NIKON D300, F5.6, 15, +2/3, ISO:640, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

淡路交流の翼港へ通じる橋の上で空を見上げてみました。地平線上にはサソリ座が見え、たくさんの飛行機が飛び交っていました。
そんな真っ暗な中、橋の下を漁船が無灯火で猛スピードで通過。たまにしか通らないとは言え、橋の下は交通量があるからかなり危険な気がしました。


翼港での星空

|   
(2009:09:16 21:07:08, NIKON D300, F5.6, 30, 0, ISO:800, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

淡路交流の翼港へ通じる橋の上で空を見上げてみました。地平線上にはサソリ座が見え、たくさんの飛行機が飛び交っていました。
そんな真っ暗な中、橋の下を漁船が無灯火で猛スピードで通過。たまにしか通らないとは言え、橋の下は交通量があるからかなり危険な気がしました。


いその楽園の海中(その1)

|   
(2009:09:17 09:22:39, NIKON D300, F3.5, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

青空の下、いその楽園の前の海で泳いでみました。昨日泳いだままのウエットスーツは濡れていて冷たかったものの、水温は高く気持ちいい海。たくさんの生き物を見れました。フレリトゲアメフラシはよくみかけるアメフラシだけど、産卵風景を押さえれたのは初めてかも。オレンジ色で粒々が詰まった卵塊を産んでいました。
 


いその楽園の海中(その1)

|   
(2009:09:17 09:23:32, NIKON D300, F5.6, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

青空の下、いその楽園の前の海で泳いでみました。昨日泳いだままのウエットスーツは濡れていて冷たかったものの、水温は高く気持ちいい海。たくさんの生き物を見れました。フレリトゲアメフラシはよくみかけるアメフラシだけど、産卵風景を押さえれたのは初めてかも。オレンジ色で粒々が詰まった卵塊を産んでいました。
 


いその楽園の海中(その1)

|   
(2009:09:17 09:24:36, NIKON D300, F6.3, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

青空の下、いその楽園の前の海で泳いでみました。昨日泳いだままのウエットスーツは濡れていて冷たかったものの、水温は高く気持ちいい海。たくさんの生き物を見れました。フレリトゲアメフラシはよくみかけるアメフラシだけど、産卵風景を押さえれたのは初めてかも。オレンジ色で粒々が詰まった卵塊を産んでいました。
 


いその楽園の海中(その1)

|   
(2009:09:17 09:25:56, NIKON D300, F5.6, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

青空の下、いその楽園の前の海で泳いでみました。昨日泳いだままのウエットスーツは濡れていて冷たかったものの、水温は高く気持ちいい海。たくさんの生き物を見れました。フレリトゲアメフラシはよくみかけるアメフラシだけど、産卵風景を押さえれたのは初めてかも。オレンジ色で粒々が詰まった卵塊を産んでいました。
 


いその楽園の海中(その1)

|   
(2009:09:17 09:26:35, NIKON D300, F5.6, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

青空の下、いその楽園の前の海で泳いでみました。昨日泳いだままのウエットスーツは濡れていて冷たかったものの、水温は高く気持ちいい海。たくさんの生き物を見れました。フレリトゲアメフラシはよくみかけるアメフラシだけど、産卵風景を押さえれたのは初めてかも。オレンジ色で粒々が詰まった卵塊を産んでいました。
 


いその楽園の海中(その3)

|   
(2009:09:17 09:27:31, NIKON D300, F4.5, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

細長いヨウジウオを見つけることができました。砂地の海底では「いるかな?」とゴミが溜まっている部分を探すと見つかることの多い魚ですが、この場所のように海藻や岩が多い海ではなかなか目に付かない魚です。


いその楽園の海中(その2)

|   
(2009:09:17 09:29:51, NIKON D300, F3.0, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夏が終わったばかりのこの時期にしては大きく、丸々と太ったマナマコもいました。こんなのがいるということはもしかすると年間を通じて水温が低めの場所なのかもしれません。
この時期になるとよく見かけるエビクラゲの傘にあるイボを珍しくきちんと撮影できました。このクラゲは子エビが棲んでいることが多い。今回の旅の中でも何回かエビを見かけたけれど、、、残念ながらまともな写真は撮れませんでした。


いその楽園の海中(その2)

|   
(2009:09:17 09:30:53, NIKON D300, F3.2, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夏が終わったばかりのこの時期にしては大きく、丸々と太ったマナマコもいました。こんなのがいるということはもしかすると年間を通じて水温が低めの場所なのかもしれません。
この時期になるとよく見かけるエビクラゲの傘にあるイボを珍しくきちんと撮影できました。このクラゲは子エビが棲んでいることが多い。今回の旅の中でも何回かエビを見かけたけれど、、、残念ながらまともな写真は撮れませんでした。


いその楽園の海中(その2)

|   
(2009:09:17 09:33:14, NIKON D300, F7.1, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夏が終わったばかりのこの時期にしては大きく、丸々と太ったマナマコもいました。こんなのがいるということはもしかすると年間を通じて水温が低めの場所なのかもしれません。
この時期になるとよく見かけるエビクラゲの傘にあるイボを珍しくきちんと撮影できました。このクラゲは子エビが棲んでいることが多い。今回の旅の中でも何回かエビを見かけたけれど、、、残念ながらまともな写真は撮れませんでした。


いその楽園の海中(その2)

|   
(2009:09:17 09:34:39, NIKON D300, F5.0, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夏が終わったばかりのこの時期にしては大きく、丸々と太ったマナマコもいました。こんなのがいるということはもしかすると年間を通じて水温が低めの場所なのかもしれません。
この時期になるとよく見かけるエビクラゲの傘にあるイボを珍しくきちんと撮影できました。このクラゲは子エビが棲んでいることが多い。今回の旅の中でも何回かエビを見かけたけれど、、、残念ながらまともな写真は撮れませんでした。


いその楽園の海中(その2)

|   
(2009:09:17 09:38:35, NIKON D300, F6.3, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夏が終わったばかりのこの時期にしては大きく、丸々と太ったマナマコもいました。こんなのがいるということはもしかすると年間を通じて水温が低めの場所なのかもしれません。
この時期になるとよく見かけるエビクラゲの傘にあるイボを珍しくきちんと撮影できました。このクラゲは子エビが棲んでいることが多い。今回の旅の中でも何回かエビを見かけたけれど、、、残念ながらまともな写真は撮れませんでした。


いその楽園の海中(その2)

|   
(2009:09:17 09:38:42, NIKON D300, F5.6, 1/400, 0, ISO:500, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200909淡路島一周  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夏が終わったばかりのこの時期にしては大きく、丸々と太ったマナマコもいました。こんなのがいるということはもしかすると年間を通じて水温が低めの場所なのかもしれません。
この時期になるとよく見かけるエビクラゲの傘にあるイボを珍しくきちんと撮影できました。このクラゲは子エビが棲んでいることが多い。今回の旅の中でも何回かエビを見かけたけれど、、、残念ながらまともな写真は撮れませんでした。


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com