9月の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

明石海峡大橋の海中(その1)

|
(2009:09:28 10:58:02, NIKON D300, F5.0, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2122.jpg DSC_2111.jpg DSC_2049.jpg DSC_2075.jpg DSC_2098.jpg

今回の淡路島一周旅行もここ明石海峡大橋の下の海でラストです。泳いだ場所は潮通しが悪い場所ですが、それでもさすがサビキシーズン。マアジやムロアジがたくさん泳いでいました。ここ数年どんどん泥が積もって来た海底には海草の一種のウミヒルモがたくさん生えています。所々、テッポウエビの巣穴があり、その入り口にはハゼ。残念ながらテッポウエビとの2ショットは撮れず。直前で巣穴びビュッと逃げ込んだため巻き上がった泥煙りだけが写りました。

 






明石海峡大橋の海中(その1)

|
(2009:09:28 11:02:51, NIKON D300, F6.3, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2122.jpg DSC_2111.jpg DSC_2049.jpg DSC_2075.jpg DSC_2098.jpg

今回の淡路島一周旅行もここ明石海峡大橋の下の海でラストです。泳いだ場所は潮通しが悪い場所ですが、それでもさすがサビキシーズン。マアジやムロアジがたくさん泳いでいました。ここ数年どんどん泥が積もって来た海底には海草の一種のウミヒルモがたくさん生えています。所々、テッポウエビの巣穴があり、その入り口にはハゼ。残念ながらテッポウエビとの2ショットは撮れず。直前で巣穴びビュッと逃げ込んだため巻き上がった泥煙りだけが写りました。

 






明石海峡大橋の海中(その1)

|
(2009:09:28 11:03:16, NIKON D300, F6.3, 1/400, 0, ISO:500, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2122.jpg DSC_2111.jpg DSC_2049.jpg DSC_2075.jpg DSC_2098.jpg

今回の淡路島一周旅行もここ明石海峡大橋の下の海でラストです。泳いだ場所は潮通しが悪い場所ですが、それでもさすがサビキシーズン。マアジやムロアジがたくさん泳いでいました。ここ数年どんどん泥が積もって来た海底には海草の一種のウミヒルモがたくさん生えています。所々、テッポウエビの巣穴があり、その入り口にはハゼ。残念ながらテッポウエビとの2ショットは撮れず。直前で巣穴びビュッと逃げ込んだため巻き上がった泥煙りだけが写りました。

 






港池公園

|
(2009:09:28 10:24:31, NIKON D300, F9.0, 1/200, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2030.jpg DSC_2031.jpg DSC_2032.jpg DSC_2033.jpg DSC_2034.jpg

県道31号のすぐ裏手にある広い公園です。県道には「あわじ花トイレ」の看板と2台程度が停まれるスペースがありますが、そのすぐ裏にこれほど大きな公園があることに気づく人は少ないと思います。おそらく地元の人以外はほとんど利用していないのではないでしょうか?海からはちょっと離れますがゆったりできる場所です。






港池公園

|
(2009:09:28 10:24:58, NIKON D300, F8.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2030.jpg DSC_2031.jpg DSC_2032.jpg DSC_2033.jpg DSC_2034.jpg

県道31号のすぐ裏手にある広い公園です。県道には「あわじ花トイレ」の看板と2台程度が停まれるスペースがありますが、そのすぐ裏にこれほど大きな公園があることに気づく人は少ないと思います。おそらく地元の人以外はほとんど利用していないのではないでしょうか?海からはちょっと離れますがゆったりできる場所です。






港池公園

|
(2009:09:28 10:26:00, NIKON D300, F8.0, 1/320, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2030.jpg DSC_2031.jpg DSC_2032.jpg DSC_2033.jpg DSC_2034.jpg

県道31号のすぐ裏手にある広い公園です。県道には「あわじ花トイレ」の看板と2台程度が停まれるスペースがありますが、そのすぐ裏にこれほど大きな公園があることに気づく人は少ないと思います。おそらく地元の人以外はほとんど利用していないのではないでしょうか?海からはちょっと離れますがゆったりできる場所です。






港池公園

|
(2009:09:28 10:26:11, NIKON D300, F8.0, 1/640, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2030.jpg DSC_2031.jpg DSC_2032.jpg DSC_2033.jpg DSC_2034.jpg

県道31号のすぐ裏手にある広い公園です。県道には「あわじ花トイレ」の看板と2台程度が停まれるスペースがありますが、そのすぐ裏にこれほど大きな公園があることに気づく人は少ないと思います。おそらく地元の人以外はほとんど利用していないのではないでしょうか?海からはちょっと離れますがゆったりできる場所です。






港池公園

|
(2009:09:28 10:27:19, NIKON D300, F8.0, 1/640, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2030.jpg DSC_2031.jpg DSC_2032.jpg DSC_2033.jpg DSC_2034.jpg

県道31号のすぐ裏手にある広い公園です。県道には「あわじ花トイレ」の看板と2台程度が停まれるスペースがありますが、そのすぐ裏にこれほど大きな公園があることに気づく人は少ないと思います。おそらく地元の人以外はほとんど利用していないのではないでしょうか?海からはちょっと離れますがゆったりできる場所です。






明石海峡大橋付近のちりめん干し場

|
(2009:09:28 10:28:00, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2027.jpg DSC_2036.jpg DSC_2037.jpg DSC_2039.jpg DSC_2038.jpg

この日はたくさんの稚魚の群れが見つかったようで、岩屋漁港では盛んに水揚げされていました。水揚げされた稚魚(イワシ類)は新鮮なうちに加工場へ運ばれてすぐに釜茹で。そして屋外で干されます。

4枚目の写真の場所は干し場と明石海峡大橋が収まる写真スポット。来年の3月にまた来て写真撮るのに挑戦してみようかな?

ちりめん加工場で釜茹でされた後の排水は下水処理されずに、そのままどぶ、そして海へと垂れ流されています。ちょうど5枚目の写真の近くがその排水の出口。この付近は毎年目に見えて海の状態が汚くなって来ているのが残念です。この日に話した地元の人も昔はこの浜辺も綺麗だったのに、、と嘆いていました。






明石海峡大橋付近のちりめん干し場

|
(2009:09:28 10:29:47, NIKON D300, F8.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2027.jpg DSC_2036.jpg DSC_2037.jpg DSC_2039.jpg DSC_2038.jpg

この日はたくさんの稚魚の群れが見つかったようで、岩屋漁港では盛んに水揚げされていました。水揚げされた稚魚(イワシ類)は新鮮なうちに加工場へ運ばれてすぐに釜茹で。そして屋外で干されます。

4枚目の写真の場所は干し場と明石海峡大橋が収まる写真スポット。来年の3月にまた来て写真撮るのに挑戦してみようかな?

ちりめん加工場で釜茹でされた後の排水は下水処理されずに、そのままどぶ、そして海へと垂れ流されています。ちょうど5枚目の写真の近くがその排水の出口。この付近は毎年目に見えて海の状態が汚くなって来ているのが残念です。この日に話した地元の人も昔はこの浜辺も綺麗だったのに、、と嘆いていました。






明石海峡大橋付近のちりめん干し場

|
(2009:09:28 10:33:14, NIKON D300, F8.0, 1/1250, 0, ISO:200, 15.0 mm(換算22 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2027.jpg DSC_2036.jpg DSC_2037.jpg DSC_2039.jpg DSC_2038.jpg

この日はたくさんの稚魚の群れが見つかったようで、岩屋漁港では盛んに水揚げされていました。水揚げされた稚魚(イワシ類)は新鮮なうちに加工場へ運ばれてすぐに釜茹で。そして屋外で干されます。

4枚目の写真の場所は干し場と明石海峡大橋が収まる写真スポット。来年の3月にまた来て写真撮るのに挑戦してみようかな?

ちりめん加工場で釜茹でされた後の排水は下水処理されずに、そのままどぶ、そして海へと垂れ流されています。ちょうど5枚目の写真の近くがその排水の出口。この付近は毎年目に見えて海の状態が汚くなって来ているのが残念です。この日に話した地元の人も昔はこの浜辺も綺麗だったのに、、と嘆いていました。






明石海峡大橋付近のちりめん干し場

|
(2009:09:28 10:31:35, NIKON D300, F8.0, 1/1250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2027.jpg DSC_2036.jpg DSC_2037.jpg DSC_2039.jpg DSC_2038.jpg

この日はたくさんの稚魚の群れが見つかったようで、岩屋漁港では盛んに水揚げされていました。水揚げされた稚魚(イワシ類)は新鮮なうちに加工場へ運ばれてすぐに釜茹で。そして屋外で干されます。

4枚目の写真の場所は干し場と明石海峡大橋が収まる写真スポット。来年の3月にまた来て写真撮るのに挑戦してみようかな?

ちりめん加工場で釜茹でされた後の排水は下水処理されずに、そのままどぶ、そして海へと垂れ流されています。ちょうど5枚目の写真の近くがその排水の出口。この付近は毎年目に見えて海の状態が汚くなって来ているのが残念です。この日に話した地元の人も昔はこの浜辺も綺麗だったのに、、と嘆いていました。






大きくなってきた淡路海峡大橋

|
(2009:09:28 10:05:31, NIKON D300, F9.0, 1/1000, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2015.jpg DSC_2017.jpg DSC_2022.jpg DSC_2023.jpg DSC_2025.jpg

ついに淡路海峡大橋の全容が現れて来ました。






大きくなってきた淡路海峡大橋

|
(2009:09:28 10:10:02, NIKON D300, F9.0, 1/1000, 0, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2015.jpg DSC_2017.jpg DSC_2022.jpg DSC_2023.jpg DSC_2025.jpg

ついに淡路海峡大橋の全容が現れて来ました。






大きくなってきた淡路海峡大橋

|
(2009:09:28 10:11:08, NIKON D300, F9.0, 1/800, 0, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2015.jpg DSC_2017.jpg DSC_2022.jpg DSC_2023.jpg DSC_2025.jpg

ついに淡路海峡大橋の全容が現れて来ました。






大きくなってきた淡路海峡大橋

|
(2009:09:28 10:12:00, NIKON D300, F9.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2015.jpg DSC_2017.jpg DSC_2022.jpg DSC_2023.jpg DSC_2025.jpg

ついに淡路海峡大橋の全容が現れて来ました。






大きくなってきた淡路海峡大橋

|
(2009:09:28 10:19:31, NIKON D300, F9.0, 1/800, 0, ISO:200, 19.0 mm(換算28 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2015.jpg DSC_2017.jpg DSC_2022.jpg DSC_2023.jpg DSC_2025.jpg

ついに淡路海峡大橋の全容が現れて来ました。






緑の道しるべ「江埼公園」

|
(2009:09:28 09:57:48, NIKON D300, F9.0, 1/800, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2007.jpg DSC_2008.jpg DSC_2009.jpg DSC_2013.jpg

江埼灯台の麓にあるのが緑の道しるべ「江埼公園」です。ここは水道とトイレのある場所ですが、、、トイレは閉鎖されて使えなくなっていました。水道は使えます。緑の道しるべとしては駐車場の広い場所です。

今回の旅行中、由良で合流した友達との2泊目はここで車中泊しましたが、夜も静かでいい場所でした。トイレが使えないのが痛いですが、、、






緑の道しるべ「江埼公園」

|
(2009:09:28 09:57:58, NIKON D300, F9.0, 1/320, 0, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2007.jpg DSC_2008.jpg DSC_2009.jpg DSC_2013.jpg

江埼灯台の麓にあるのが緑の道しるべ「江埼公園」です。ここは水道とトイレのある場所ですが、、、トイレは閉鎖されて使えなくなっていました。水道は使えます。緑の道しるべとしては駐車場の広い場所です。

今回の旅行中、由良で合流した友達との2泊目はここで車中泊しましたが、夜も静かでいい場所でした。トイレが使えないのが痛いですが、、、



江埼灯台

旧名称「江崎燈壷」


江埼灯台はスコットランド生まれのリチャード・ヘンリー・ブラントン(英国人)によって設計され、我が国で8番目に建設された洋式灯台です。石造りの灯台や旧宿舎は明治4年4月27日に初点灯した当時のままの姿を残しております。
灯台からみる明石海峡の眺めは格別なものがありますが、この海峡は昔から好漁場として漁業が盛んであるとともに国内で最も船舶のふくそうする海域であり、この灯台の果たす役割りは図り知れないものがあります。


施設の概要

所在地
北淡町野島江崎時別富15番1

位置
北緯34度36分12秒
東経134度59分46秒

塗色及び灯質
三等不動 不動赤白互光 赤色5秒白色5秒

光度
白色6万2000カンデラ
赤色2万4000カンデラ

光達距離
19海里(約35キロメートル)

高さ
地上から頂部8.3メートル
水面から灯火48.5メートル

管理事務所
第五管区海上保安部
淡路島航路標識事務所
0799-74-5386



緑の道しるべ「江埼公園」

|
(2009:09:28 09:58:23, NIKON D300, F9.0, 1/1250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2007.jpg DSC_2008.jpg DSC_2009.jpg DSC_2013.jpg

江埼灯台の麓にあるのが緑の道しるべ「江埼公園」です。ここは水道とトイレのある場所ですが、、、トイレは閉鎖されて使えなくなっていました。水道は使えます。緑の道しるべとしては駐車場の広い場所です。

今回の旅行中、由良で合流した友達との2泊目はここで車中泊しましたが、夜も静かでいい場所でした。トイレが使えないのが痛いですが、、、






 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   >>|

カテゴリ