10月の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

浜名湖パルパル

|
(2009:10:13 10:07:01, NIKON D300, F9.0, 1/1000, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5415.jpg DSC_5410.jpg DSC_5424.jpg

浜名湖パルパルというプチ遊園地がありました。高さ60メートルの観覧車はこの付近どこからでも見れていい目印。大草山展望台方面へのロープウェイもありました。



ロープウェイのりば
浜名湖オルゴールミュージアム



浮見堂付近の遊歩道

|
(2009:10:13 10:04:23, NIKON D300, F9.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5412.jpg

浮見堂から後ろを見てみました。この付近の遊歩道には大きな木が植樹されています。幅が小さい道なので自転車で走るとぶつかりそうでちょっと大変でした。






浮見堂

|
(2009:10:13 10:02:20, NIKON D300, F9.0, 1/640, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5404.jpg DSC_5406.jpg DSC_5407.jpg DSC_5408.jpg

足湯のすぐそばに浮見堂がありました。地元では「新しい観光スポット」的な紹介になっていることがありましたが、これを観光スポットにするとは、、、






浮見堂

|
(2009:10:13 10:02:28, NIKON D300, F9.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5404.jpg DSC_5406.jpg DSC_5407.jpg DSC_5408.jpg

足湯のすぐそばに浮見堂がありました。地元では「新しい観光スポット」的な紹介になっていることがありましたが、これを観光スポットにするとは、、、



ようこそ浮見堂へ

ご自由にご見学ください

この桟橋と浮見堂は平成18年11月1日にオープンいたしました。
全長45mの先端には中国蘇州から贈られた「寒山寺の鐘のレプリカ」がございます。
どなた様もご自由にご見学いただき湖上から見る内浦湾の風景をお楽しみください。



浮見堂

|
(2009:10:13 10:03:00, NIKON D300, F9.0, 1/250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5404.jpg DSC_5406.jpg DSC_5407.jpg DSC_5408.jpg

足湯のすぐそばに浮見堂がありました。地元では「新しい観光スポット」的な紹介になっていることがありましたが、これを観光スポットにするとは、、、






浮見堂

|
(2009:10:13 10:03:03, NIKON D300, F9.0, 1/125, 0, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5404.jpg DSC_5406.jpg DSC_5407.jpg DSC_5408.jpg

足湯のすぐそばに浮見堂がありました。地元では「新しい観光スポット」的な紹介になっていることがありましたが、これを観光スポットにするとは、、、



この鐘は友好提携している中国蘇州寒山寺で作製していただいた「寒山寺の鐘」の複製です。有名な唐時代の詩人張継の詩「楓橋夜泊」にもうたわれ、中国はもちろん世界的に知られている●鐘です。

尚、伊藤博文候が、蘇州寒山寺と当地曹洞宗舘山寺に贈ったとされる鐘が蘇州寒山寺に現存しており、その複製が統治曹洞宗舘山寺にございますので、ぜひお立ち寄りのうえ、ご覧ください。



水神松公園

|
(2009:10:13 10:01:02, NIKON D300, F9.0, 1/125, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5402.jpg DSC_5398.jpg DSC_5401.jpg

サイクリングコース沿いに足湯がありました。いつもなら思わず漬かって無駄な時間を過ごすのですが、今はレンタサイクルでの移動。時間が気になるのでスルーです。






水神松公園

|
(2009:10:13 10:00:15, NIKON D300, F9.0, 1/125, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5402.jpg DSC_5398.jpg DSC_5401.jpg

サイクリングコース沿いに足湯がありました。いつもなら思わず漬かって無駄な時間を過ごすのですが、今はレンタサイクルでの移動。時間が気になるのでスルーです。



源泉
堀江城址水神の湯



足湯 水神の松

この温泉は、地下1850メートルから湧き出るナトリウム・カルシウム-塩化物温泉で、神経痛、筋肉痛や関節のこばわり、などに効能があり「環境省鉱泉分析法指針」による厳しい基準に適応しており、特に治療の目的に供しうるものとして認定された「療養泉」です。
この足湯では、清潔さを保った100%天然温泉を使用しています。

御利用時間
6:30~21:30(冬期は6:30~20:30)



水神松公園

|
(2009:10:13 10:00:57, NIKON D300, F9.0, 1/40, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5402.jpg DSC_5398.jpg DSC_5401.jpg

サイクリングコース沿いに足湯がありました。いつもなら思わず漬かって無駄な時間を過ごすのですが、今はレンタサイクルでの移動。時間が気になるのでスルーです。



水神松公園

はらはらと
松の落葉や
夜の雨

舘山寺八景の一つとして詠まれた「水神の森」です。
詩は「水神松の夜雨」と詠まれ、内浦に降る夜の雨によって館山の対岸にあたる水神の森がけむって見える様子を詠んでいることから「水神松」と書いて「水神松公園」と名付けました。



舘山寺(その1)

|
(2009:10:13 09:54:08, NIKON D300, F9.0, 1/640, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5387.jpg DSC_5392.jpg DSC_5393.jpg DSC_5394.jpg DSC_5395.jpg

舘山寺に到着です。さすがに観光名所だけあって大きなホテルが立ち、観光バスが行き交っていました。ここまでの道程ではサイクリングコースが分かりやすかったのですが、舘山寺に着いてからはどこにあるのかまったく分からず少し迷ってしまいました。






舘山寺(その1)

|
(2009:10:13 09:56:34, NIKON D300, F9.0, 1/800, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5387.jpg DSC_5392.jpg DSC_5393.jpg DSC_5394.jpg DSC_5395.jpg

舘山寺に到着です。さすがに観光名所だけあって大きなホテルが立ち、観光バスが行き交っていました。ここまでの道程ではサイクリングコースが分かりやすかったのですが、舘山寺に着いてからはどこにあるのかまったく分からず少し迷ってしまいました。



浜名湖かんざんじ温泉

館山遊歩道案内マップ


浜名湖遊覧船
浜名湖唯一の観光遊覧船。湖上からの浜名湖の景色をお楽しみください。

曹洞宗舘山寺
弘法大師によって開かれたといわれる舘山寺。その名がしめす様に舘山寺温泉の名前の由来もここからです。

西行岩
浪漫の詩人、西行法師が瞑想にふけった岩

穴大師
弘法大師後自作の石仏を安置し眼病の功徳があります。

はなれ岩

富士見岩
晴れた日には富士山が見えます。

聖観世音菩薩
昭和12年に地元住民によって建立されました。台座からの高さは16mもあります。

とさか岩
鶏のとさかのような形をしたおもしろい岩です。

縁結地蔵
若い旅人には人気の的です。



舘山寺(その1)

|
(2009:10:13 09:57:40, NIKON D300, F9.0, 1/200, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5387.jpg DSC_5392.jpg DSC_5393.jpg DSC_5394.jpg DSC_5395.jpg

舘山寺に到着です。さすがに観光名所だけあって大きなホテルが立ち、観光バスが行き交っていました。ここまでの道程ではサイクリングコースが分かりやすかったのですが、舘山寺に着いてからはどこにあるのかまったく分からず少し迷ってしまいました。






舘山寺(その1)

|
(2009:10:13 09:58:46, NIKON D300, F9.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5387.jpg DSC_5392.jpg DSC_5393.jpg DSC_5394.jpg DSC_5395.jpg

舘山寺に到着です。さすがに観光名所だけあって大きなホテルが立ち、観光バスが行き交っていました。ここまでの道程ではサイクリングコースが分かりやすかったのですが、舘山寺に着いてからはどこにあるのかまったく分からず少し迷ってしまいました。






舘山寺(その1)

|
(2009:10:13 09:59:05, NIKON D300, F9.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5387.jpg DSC_5392.jpg DSC_5393.jpg DSC_5394.jpg DSC_5395.jpg

舘山寺に到着です。さすがに観光名所だけあって大きなホテルが立ち、観光バスが行き交っていました。ここまでの道程ではサイクリングコースが分かりやすかったのですが、舘山寺に着いてからはどこにあるのかまったく分からず少し迷ってしまいました。






弁天島から舘山寺へ(その5)

|
(2009:10:13 09:51:38, NIKON D300, F9.0, 1/640, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5377.jpg DSC_5380.jpg DSC_5384.jpg

ようやく舘山寺が見えてきました。舘山寺の手前側には海水浴場(湖水浴場?)がありました。シーズンオフだからかそれともいつもこんななのかは分かりませんが、シャワールームなどはひと気のない海水浴場のそれのように荒れていました。






弁天島から舘山寺へ(その5)

|
(2009:10:13 09:52:22, NIKON D300, F9.0, 1/800, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5377.jpg DSC_5380.jpg DSC_5384.jpg

ようやく舘山寺が見えてきました。舘山寺の手前側には海水浴場(湖水浴場?)がありました。シーズンオフだからかそれともいつもこんななのかは分かりませんが、シャワールームなどはひと気のない海水浴場のそれのように荒れていました。






弁天島から舘山寺へ(その5)

|
(2009:10:13 09:53:04, NIKON D300, F9.0, 1/320, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5377.jpg DSC_5380.jpg DSC_5384.jpg

ようやく舘山寺が見えてきました。舘山寺の手前側には海水浴場(湖水浴場?)がありました。シーズンオフだからかそれともいつもこんななのかは分かりませんが、シャワールームなどはひと気のない海水浴場のそれのように荒れていました。






弁天島から舘山寺へ(その4)

|
(2009:10:13 09:35:12, NIKON D300, F9.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5353.jpg DSC_5355.jpg DSC_5359.jpg DSC_5360.jpg DSC_5366.jpg

やばいぐらいの青空です。そんな中、たくさんのカラスが飛び交うエリアを通過。3枚目の写真はウナギの養殖場「養鰻場」でしょうか?

浜名湖サイクリングコースは概ね綺麗な道。しかし4枚目のように波風が強かったときに道路まで打ち上がった海藻が乾燥して汚くなった場所もありました。






弁天島から舘山寺へ(その4)

|
(2009:10:13 09:36:08, NIKON D300, F9.0, 1/800, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5353.jpg DSC_5355.jpg DSC_5359.jpg DSC_5360.jpg DSC_5366.jpg

やばいぐらいの青空です。そんな中、たくさんのカラスが飛び交うエリアを通過。3枚目の写真はウナギの養殖場「養鰻場」でしょうか?

浜名湖サイクリングコースは概ね綺麗な道。しかし4枚目のように波風が強かったときに道路まで打ち上がった海藻が乾燥して汚くなった場所もありました。






弁天島から舘山寺へ(その4)

|
(2009:10:13 09:38:40, NIKON D300, F9.0, 1/1000, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5353.jpg DSC_5355.jpg DSC_5359.jpg DSC_5360.jpg DSC_5366.jpg

やばいぐらいの青空です。そんな中、たくさんのカラスが飛び交うエリアを通過。3枚目の写真はウナギの養殖場「養鰻場」でしょうか?

浜名湖サイクリングコースは概ね綺麗な道。しかし4枚目のように波風が強かったときに道路まで打ち上がった海藻が乾燥して汚くなった場所もありました。






 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17   >>|

カテゴリ