10月の記事


阪急梅田駅(その1)

|   
(2009:10:10 19:19:57, NIKON D300, F6.3, 1/80, -1/3, ISO:500, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

撮影のためだけに入場券を買って阪急梅田駅構内に入りました。普段たまに使う駅なのにわざわざ入るなんて、、、それにしても広い駅です。たくさんの電車が並び時間になると一斉に発車して行きます。


ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田店

|   
(2009:10:10 20:01:17, NIKON D300, F8.0, 1/100, -1/3, ISO:1600, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

梅田駅で遊んでいる間、車はヨドバシカメラの駐車場に停めていました。駅前すぐにあるので便利。ただ駐車場が上階にあるのでぐるぐると上まで上り下りするのが面倒かも?まぁ助手席なので関係ない話しですが。


トポス尼崎店

|   
(2009:10:10 20:29:57, NIKON D300, F4.5, 1/100, -2/3, ISO:1600, 70 mm(換算105 mm), Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

最近では見かけることが少なくなったトポスです。今は北千住店と併せて2店のみが営業。このトポス尼崎店は2010年2月28日に閉店予定だそうです。う~む、せっかくだから閉店までに1度行っておきたいなぁ。


武庫大橋

|   
(2009:10:10 20:57:56, NIKON D300, F4.0, 0.8, +2, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

国道2号が武庫川を渡る橋が武庫大橋です。なかなかいい雰囲気の橋なので、最近ではスペシャルドラマ「断絶」のメイン舞台になるなどメディア露出もある橋です。
1枚目の写真はNikon D700、それ以外はNikon D300で撮影。同一条件ではないので比較はできませんが、気分的にもD700の方が明るく撮れていい感じです。


武庫大橋

|   
(2009:10:10 21:03:19, NIKON D300, F4.0, 1/13, +1, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

国道2号が武庫川を渡る橋が武庫大橋です。なかなかいい雰囲気の橋なので、最近ではスペシャルドラマ「断絶」のメイン舞台になるなどメディア露出もある橋です。
1枚目の写真はNikon D700、それ以外はNikon D300で撮影。同一条件ではないので比較はできませんが、気分的にもD700の方が明るく撮れていい感じです。


武庫大橋

|   
(2009:10:10 21:06:44, NIKON D700, F2.8, 1/15, +1, ISO:3200, 50 mm, 0 mm f/0.0, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

国道2号が武庫川を渡る橋が武庫大橋です。なかなかいい雰囲気の橋なので、最近ではスペシャルドラマ「断絶」のメイン舞台になるなどメディア露出もある橋です。
1枚目の写真はNikon D700、それ以外はNikon D300で撮影。同一条件ではないので比較はできませんが、気分的にもD700の方が明るく撮れていい感じです。


西宮のマンホール

|   
(2009:10:10 21:14:22, NIKON D300, F4.0, 1/60, 0, ISO:640, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

西宮のマンホールには甲子園球場と何でしょうか?この付近にある宮水を利用した酒蔵でしょうか?が描かれていました。


神戸メリケンパーク

|   
(2009:10:10 22:07:43, NIKON D700, F4.0, 1/125, +2, ISO:6400, 24 mm, AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夜だったこともあり全然見ていないのですが、、、神戸メリケンパークをほんの少しだけ散歩。
近くには赤くそびえ立つ神戸ポートタワー、白く広がる神戸海洋博物館、そして怪しくライトアップされたサンタ・マリア号の復元船、海側に目を向けると大きなオリエンタルホテルがありました。


神戸メリケンパーク

|   
(2009:10:10 22:15:21, NIKON D300, F5.6, 0.4, -2/3, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夜だったこともあり全然見ていないのですが、、、神戸メリケンパークをほんの少しだけ散歩。
近くには赤くそびえ立つ神戸ポートタワー、白く広がる神戸海洋博物館、そして怪しくライトアップされたサンタ・マリア号の復元船、海側に目を向けると大きなオリエンタルホテルがありました。


サンタ・マリア号の忠実復元

|   
(2009:10:10 22:16:16, NIKON D300, F5.6, 1/5, -2/3, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

神戸メリケンパークにコロンブスがアメリカ大陸発見に使ったサンタ・マリア号の復元船がありました。ありがちな「なんちゃって復元」かと思いながら写真を撮っていたのですが、解説文を読んでビックリ。地中海はバルセロナから神戸まで実際に実験航海を成し遂げた忠実復元船とのことです。


サンタ・マリア号の忠実復元

|   
(2009:10:10 22:16:26, NIKON D300, F5.6, 1/60, -2/3, ISO:640, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

復元帆船「サンタ・マリア号」

 1942年、ジェノヴァ生まれのコロンブス(1451年~1506年)は、現在の西インド諸島のサンサルバドル島に到達しました。ヨーロッパ世界がアメリカ大陸に到達したのは、このときが最初であり、大航海時代の始まりであるといわれています。

 それから500年目にあたる1992年、その航海に使用された「サンタ・マリア号」を可能な限り忠実に復元し、コロンブスが目指していたと言われる”黄金の国ジパング”へ向けての実験航海が、(財)サンタ・マリア号協会により行われました。
 1991年7月13日、スペインのバルセロナ港を出航し290日間、35,000kmの航海を経て、1992年4月28日神戸港に入港しました。復元帆船「サンタ・マリア号」は、この実験航海に使われたものです。

 ヨーロッパ世界では、コロンブスのアメリカ大陸への航海の頃から新航路が次々と開拓され、さかんな通商活動を通じて世界的規模の貿易が行われるようになるなど、経済の拡大が始まり、商工業も急速に発展しました。
 また、アメリカ大陸の金・銀がヨーロッパに大量に流入した結果、価格革命がおこり、物価が急騰するなど、社会・経済に大きな影響を与えました。
 このように、世界商業の重心は地中海から大西洋に移り、独自の文化をもつ諸地域が結ばれ、ヨーロッパ世界の優位のもとに世界の一体化が始まりました。

 しかし一方で、この航海を発端として、アメリカ大陸には、アステカ帝国やインカ帝国などが滅ぼされたのをはじめ、先住民に対して虐殺や搾取が繰り返され、この地域は植民地と化しました。さらに、植民者は領主となって、先住民を、金・銀の発掘や大農場の経営のため強制労働させるなど酷使しました。これらの侵略活動や過酷な労働のほかヨーロッパからもたらせられた流行病のため、先住民の人口は激減したと言われています。

 以上のように、大航海時代にはヨーロッパ世界が一挙に拡大しましたが、これには、世界の一体化と同時にアメリカ大陸をはじめ、地球上の各地で植民地化が進むなどの歴史的事実があったことを忘れててはなりません。

 神戸市は、この「サンタ・マリア号」の復元船を、当時の造船・操船・航海技術を知る貴重な資料として、また、近代史を問い直し、21世紀の世界文明のあり方を考えるためのよすがたとして、ここに保存します。

1996年4月

総トン数 120トン
全長 32.21メートル
幅 7.9メートル
メインマストの高さ 28.0メートル
満載喫水 2.69メートル
帆装 横帆(四角帆)4枚、縦帆(大三角帆)1枚
建造年月日 1990年4月1日
造船所 スペイン・バルセロナ ビュデス造船所


神戸メリケンパーク

|   
(2009:10:10 22:19:12, NIKON D300, F5.6, 1/5, -2/3, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夜だったこともあり全然見ていないのですが、、、神戸メリケンパークをほんの少しだけ散歩。
近くには赤くそびえ立つ神戸ポートタワー、白く広がる神戸海洋博物館、そして怪しくライトアップされたサンタ・マリア号の復元船、海側に目を向けると大きなオリエンタルホテルがありました。


超伝導電磁推進船「ヤマト1」

|   
(2009:10:10 22:31:02, NIKON D300, F5.6, 1/6, 0, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

超伝導の力で海水を押し出して進む超伝導電磁推進船「ヤマト1」が神戸メリケンパークにありました。
「超伝導の力で」というと意味不明ですが、きちんと言うと「超伝導を利用して発生させた電磁力で」ということ。曲解すると海水版のレールガンという感じでしょうか?ちょっと考えれば容易に想像がつく通りに、現実的に発生できる電磁力レベルでは充分な推進力を得られず実用化されませんでした。仮に核融合発電などが実用化された後であってもこれが実用化されることはないでしょう。。。
それにしても昔は何につけても「超伝導」という言葉をよく聞きましたが、ここしばらくは全然聞かないような気が。超伝導はどこへ消えたのでしょう?


超伝導電磁推進船「ヤマト1」

|   
(2009:10:10 22:35:04, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

超伝導電磁推進装置

ヤマト1実験用推進装置モデル

船体後部に設置したクライオスタット(超伝導電磁推進装置)のダクト(海水管)に海水を通し、電磁力によって海水を船尾方向に押し出します。”ヤマト1”は、その抗力により推進力を得て前進します。


超伝導電磁推進船「ヤマト1」

|   
(2009:10:10 22:35:39, NIKON D300, F5.6, 1/6, 0, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

超伝導の力で海水を押し出して進む超伝導電磁推進船「ヤマト1」が神戸メリケンパークにありました。
「超伝導の力で」というと意味不明ですが、きちんと言うと「超伝導を利用して発生させた電磁力で」ということ。曲解すると海水版のレールガンという感じでしょうか?ちょっと考えれば容易に想像がつく通りに、現実的に発生できる電磁力レベルでは充分な推進力を得られず実用化されませんでした。仮に核融合発電などが実用化された後であってもこれが実用化されることはないでしょう。。。
それにしても昔は何につけても「超伝導」という言葉をよく聞きましたが、ここしばらくは全然聞かないような気が。超伝導はどこへ消えたのでしょう?


神戸メリケンパーク

|   
(2009:10:10 22:38:30, NIKON D300, F5.6, 1/15, 0, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夜だったこともあり全然見ていないのですが、、、神戸メリケンパークをほんの少しだけ散歩。
近くには赤くそびえ立つ神戸ポートタワー、白く広がる神戸海洋博物館、そして怪しくライトアップされたサンタ・マリア号の復元船、海側に目を向けると大きなオリエンタルホテルがありました。


神戸ハーバーランド

|   
(2009:10:10 22:49:19, NIKON D300, F5.6, 0.4, 0, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

中央堤を介してメリケンパークの反対側は数隻の観光船が繋留された観光港になっています。コーナンの奥には観覧車、振り返るとKissFMの入ったビルや神戸ポートタワー。どれもライトアップされているので夜でも綺麗でした。


神戸ハーバーランド

|   
(2009:10:10 22:52:47, NIKON D300, F5.6, 1/4, 0, ISO:640, 70 mm(換算105 mm), Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

中央堤を介してメリケンパークの反対側は数隻の観光船が繋留された観光港になっています。コーナンの奥には観覧車、振り返るとKissFMの入ったビルや神戸ポートタワー。どれもライトアップされているので夜でも綺麗でした。


神戸ハーバーランド

|   
(2009:10:10 22:57:26, NIKON D300, F5.6, 0.5, +2, ISO:640, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

中央堤を介してメリケンパークの反対側は数隻の観光船が繋留された観光港になっています。コーナンの奥には観覧車、振り返るとKissFMの入ったビルや神戸ポートタワー。どれもライトアップされているので夜でも綺麗でした。


月とオリオン大星雲

|   
(2009:10:11 03:01:37, NIKON D700, F6.3, 2, +1, ISO:6400, 500 mm, 175.0-500 mm f/4.5-6.3, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200910大阪・兵庫   大阪湾  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

夜は天気がよく半月が出ていたものの星がよく見えました。軽い三脚でしたがぼんやりと光るオリオン座のM42もまぁまぁ撮れました。でもD300ではなくてD700を使った方がよかったかな?今さらながら後悔。


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com