10月の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

浜名大橋

|
(2009:10:13 07:04:52, NIKON D300, F8.0, 1/320, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5135.jpg DSC_5108.jpg DSC_5115.jpg DSC_5124.jpg

浜名湖と遠州灘を結ぶ入り口に架かっている国道1号の橋です。かなり高さのある橋なのですが、長さがあり、ゆったりとした曲線を描いているため、損なくらいに小さく見えます。対向車線ごとに独立しているようで、真下から見上げるとスリットが入っていました。






浜名大橋

|
(2009:10:13 07:10:35, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5135.jpg DSC_5108.jpg DSC_5115.jpg DSC_5124.jpg

浜名湖と遠州灘を結ぶ入り口に架かっている国道1号の橋です。かなり高さのある橋なのですが、長さがあり、ゆったりとした曲線を描いているため、損なくらいに小さく見えます。対向車線ごとに独立しているようで、真下から見上げるとスリットが入っていました。






浜名大橋

|
(2009:10:13 07:12:39, NIKON D300, F8.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5135.jpg DSC_5108.jpg DSC_5115.jpg DSC_5124.jpg

浜名湖と遠州灘を結ぶ入り口に架かっている国道1号の橋です。かなり高さのある橋なのですが、長さがあり、ゆったりとした曲線を描いているため、損なくらいに小さく見えます。対向車線ごとに独立しているようで、真下から見上げるとスリットが入っていました。






波打ち際の釣り人

|
(2009:10:13 06:40:18, NIKON D300, F8.0, 1/500, -1/3, ISO:200, 145.0 mm(換算217 mm), 70.0-300.0 mm f/4.0-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5029.jpg DSC_5097.jpg DSC_5133.jpg

砂浜の波打ち際では胴長を来た釣り人が波をかぶりながら遠投していました。そんなのを見ながら振り返ると砂浜に残った足跡。波打ち際を足が濡れないように歩いているものだから蛇行しまくりです。






波打ち際の釣り人

|
(2009:10:13 06:57:29, NIKON D300, F8.0, 1/2000, 0, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5029.jpg DSC_5097.jpg DSC_5133.jpg

砂浜の波打ち際では胴長を来た釣り人が波をかぶりながら遠投していました。そんなのを見ながら振り返ると砂浜に残った足跡。波打ち際を足が濡れないように歩いているものだから蛇行しまくりです。






波打ち際の釣り人

|
(2009:10:13 07:15:50, NIKON D300, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5029.jpg DSC_5097.jpg DSC_5133.jpg

砂浜の波打ち際では胴長を来た釣り人が波をかぶりながら遠投していました。そんなのを見ながら振り返ると砂浜に残った足跡。波打ち際を足が濡れないように歩いているものだから蛇行しまくりです。



さっかけ釣りは禁止!

快適な釣り場を守るため規則を守りましょう

新居警察署・浜名湖地区水産振興協議会



遠州灘の日の出

|
(2009:10:13 05:37:54, NIKON D300, F6.3, 1/20, 0, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4697.jpg DSC_4730.jpg DSC_4741.jpg DSC_4760.jpg DSC_4812.jpg DSC_4872.jpg

昨夜、東京へ帰る知人の車に乗せてもらい、浜名湖にほど近いJR舞阪駅付近でドロップしてもらいました。そして迎えた朝。広大な砂浜には日の出前からサーファーや釣り人、鳥が訪れ、沖合いにはたくさんの漁船が出ていました。遠くに風力発電施設があるようで、東の空に現れた太陽の中で羽根が廻っているのが見えました。動画にしようと何百枚か撮ったものの、やはり手ぶれでうまく動画にはできず仕舞い。残念。






遠州灘の日の出

|
(2009:10:13 05:44:55, NIKON D300, F8.0, 1/80, -1, ISO:200, 70.0 mm(換算105 mm), 70.0-300.0 mm f/4.0-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4697.jpg DSC_4730.jpg DSC_4741.jpg DSC_4760.jpg DSC_4812.jpg DSC_4872.jpg

昨夜、東京へ帰る知人の車に乗せてもらい、浜名湖にほど近いJR舞阪駅付近でドロップしてもらいました。そして迎えた朝。広大な砂浜には日の出前からサーファーや釣り人、鳥が訪れ、沖合いにはたくさんの漁船が出ていました。遠くに風力発電施設があるようで、東の空に現れた太陽の中で羽根が廻っているのが見えました。動画にしようと何百枚か撮ったものの、やはり手ぶれでうまく動画にはできず仕舞い。残念。






遠州灘の日の出

|
(2009:10:13 05:46:22, NIKON D300, F8.0, 1/60, -1, ISO:200, 130.0 mm(換算195 mm), 70.0-300.0 mm f/4.0-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4697.jpg DSC_4730.jpg DSC_4741.jpg DSC_4760.jpg DSC_4812.jpg DSC_4872.jpg

昨夜、東京へ帰る知人の車に乗せてもらい、浜名湖にほど近いJR舞阪駅付近でドロップしてもらいました。そして迎えた朝。広大な砂浜には日の出前からサーファーや釣り人、鳥が訪れ、沖合いにはたくさんの漁船が出ていました。遠くに風力発電施設があるようで、東の空に現れた太陽の中で羽根が廻っているのが見えました。動画にしようと何百枚か撮ったものの、やはり手ぶれでうまく動画にはできず仕舞い。残念。






遠州灘の日の出

|
(2009:10:13 05:47:06, NIKON D300, F8.0, 1/80, -4/3, ISO:200, 112.0 mm(換算168 mm), 70.0-300.0 mm f/4.0-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4697.jpg DSC_4730.jpg DSC_4741.jpg DSC_4760.jpg DSC_4812.jpg DSC_4872.jpg

昨夜、東京へ帰る知人の車に乗せてもらい、浜名湖にほど近いJR舞阪駅付近でドロップしてもらいました。そして迎えた朝。広大な砂浜には日の出前からサーファーや釣り人、鳥が訪れ、沖合いにはたくさんの漁船が出ていました。遠くに風力発電施設があるようで、東の空に現れた太陽の中で羽根が廻っているのが見えました。動画にしようと何百枚か撮ったものの、やはり手ぶれでうまく動画にはできず仕舞い。残念。






遠州灘の日の出

|
(2009:10:13 05:55:41, NIKON D300, F8.0, 1/250, -1, ISO:200, 70.0 mm(換算105 mm), 70.0-300.0 mm f/4.0-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4697.jpg DSC_4730.jpg DSC_4741.jpg DSC_4760.jpg DSC_4812.jpg DSC_4872.jpg

昨夜、東京へ帰る知人の車に乗せてもらい、浜名湖にほど近いJR舞阪駅付近でドロップしてもらいました。そして迎えた朝。広大な砂浜には日の出前からサーファーや釣り人、鳥が訪れ、沖合いにはたくさんの漁船が出ていました。遠くに風力発電施設があるようで、東の空に現れた太陽の中で羽根が廻っているのが見えました。動画にしようと何百枚か撮ったものの、やはり手ぶれでうまく動画にはできず仕舞い。残念。






遠州灘の日の出

|
(2009:10:13 05:56:46, NIKON D300, F8.0, 1/1600, -1, ISO:200, 180.0 mm(換算270 mm), 70.0-300.0 mm f/4.0-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4697.jpg DSC_4730.jpg DSC_4741.jpg DSC_4760.jpg DSC_4812.jpg DSC_4872.jpg

昨夜、東京へ帰る知人の車に乗せてもらい、浜名湖にほど近いJR舞阪駅付近でドロップしてもらいました。そして迎えた朝。広大な砂浜には日の出前からサーファーや釣り人、鳥が訪れ、沖合いにはたくさんの漁船が出ていました。遠くに風力発電施設があるようで、東の空に現れた太陽の中で羽根が廻っているのが見えました。動画にしようと何百枚か撮ったものの、やはり手ぶれでうまく動画にはできず仕舞い。残念。






トロッコおじさんのレンタサイクル

|
(2009:10:11 14:57:35, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3825.jpg DSC_3822.jpg

トロッコ嵯峨駅の裏手にレンタサイクルがありました。ちょっと料金は高いものの一白二日での利用も可能。この付近は自動車の駐車場所を見つけるのも困難なことがあるのでこのようなものを利用した方が移動が楽かも。






トロッコおじさんのレンタサイクル

|
(2009:10:11 14:55:25, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3825.jpg DSC_3822.jpg

トロッコ嵯峨駅の裏手にレンタサイクルがありました。ちょっと料金は高いものの一白二日での利用も可能。この付近は自動車の駐車場所を見つけるのも困難なことがあるのでこのようなものを利用した方が移動が楽かも。



トロッコおじさんのレンタサイクル

トロッコ
レンタサイクル

営業時間 9時から17時
(貸し出し受付は15時まで)

料金1回1000円
1泊2日レンタサイクル1600円

手荷物一時預かり 200円(9時から17時)

嵯峨野観光鉄道(株)



臨川寺

|
(2009:10:11 14:43:43, NIKON D300, F11.0, 1/200, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3816.jpg DSC_3817.jpg

渡月橋のすぐ下流にある臨川寺は門が閉ざされて拝観中止になっていました。






臨川寺

|
(2009:10:11 14:43:46, NIKON D300, F11.0, 1/400, 0, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3816.jpg DSC_3817.jpg

渡月橋のすぐ下流にある臨川寺は門が閉ざされて拝観中止になっていました。



臨川寺

 若くして逝去した世良親王(後醍醐天皇の第二皇子)の菩提を弔うため、夢窓国師(夢窓疎石)を開山として、後醍醐天皇が建武2年(1335年)に創建した寺院である。
 はじめ、後嵯峨・亀山両上皇の離宮「亀山殿」の別殿「川端殿」であったが、後に亀山上皇の皇女・昭慶門院の御所となり、その養子となった世良親王がここで北畠親房・夢窓国師らから教養を受けた。
 開山堂に夢窓国師像を安置し、その床下の蓮華形自然石の下に、正平6年(1351年)、77歳でこの地において入寂した夢窓国師の遺骸を納めている。夢想国師は天龍寺の開山としても有名である。本堂背後の東寄りには世良親王の墓がある。
 また、中門には足利義満の筆による「三会院」の額が掲げられている。

京都市



一ノ井堰

|
(2009:10:11 14:16:09, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3756.jpg DSC_3757.jpg DSC_3760.jpg DSC_3762.jpg DSC_3779.jpg

渡月橋のすぐ上流部には堰があります。そこは手漕ぎボートによるカップル天国。しかし、普通の場所とは違い、水が流れ落ちる堰の所までボートで行けます。そしてそこまで行ってしまうと、流れ落ちる水の流れに負けて進めなくなり立ち往生。そんなボートを救出する係りの人が大活躍な場所でした。



京野菜を育む
一ノ井堰(洛西用水)

 一ノ井堰は、桂川の水を田畑に送るため、古くは5世紀末に設けられたという農業水利施設です。嵐山の水面の風景をつくる礎ともなっています。
 一ノ井堰から流れゆく洛西用水は、下流で枝分かれし、今も地域の田畑を潤し続け、京野菜やお米を育んでいます。

洛西土地改良区(水土里ネット洛西)



一ノ井堰

|
(2009:10:11 14:17:13, NIKON D300, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3756.jpg DSC_3757.jpg DSC_3760.jpg DSC_3762.jpg DSC_3779.jpg

渡月橋のすぐ上流部には堰があります。そこは手漕ぎボートによるカップル天国。しかし、普通の場所とは違い、水が流れ落ちる堰の所までボートで行けます。そしてそこまで行ってしまうと、流れ落ちる水の流れに負けて進めなくなり立ち往生。そんなボートを救出する係りの人が大活躍な場所でした。






一ノ井堰

|
(2009:10:11 14:18:20, NIKON D300, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3756.jpg DSC_3757.jpg DSC_3760.jpg DSC_3762.jpg DSC_3779.jpg

渡月橋のすぐ上流部には堰があります。そこは手漕ぎボートによるカップル天国。しかし、普通の場所とは違い、水が流れ落ちる堰の所までボートで行けます。そしてそこまで行ってしまうと、流れ落ちる水の流れに負けて進めなくなり立ち往生。そんなボートを救出する係りの人が大活躍な場所でした。






一ノ井堰

|
(2009:10:11 14:19:52, NIKON D300, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3756.jpg DSC_3757.jpg DSC_3760.jpg DSC_3762.jpg DSC_3779.jpg

渡月橋のすぐ上流部には堰があります。そこは手漕ぎボートによるカップル天国。しかし、普通の場所とは違い、水が流れ落ちる堰の所までボートで行けます。そしてそこまで行ってしまうと、流れ落ちる水の流れに負けて進めなくなり立ち往生。そんなボートを救出する係りの人が大活躍な場所でした。






 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21   >>|

カテゴリ