金星台の記事


|<< 前へ;  1  次へ >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

子供の園のすぐ上には金星台。昔、金星…

|
(2014:07:29 16:39:42, NIKON D800, F8.0, 1/640, -1/2, ISO:100, 14.0 mm(換算14 mm), AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


子供の園のすぐ上には金星台。昔、金星の日面通過の観測が行われたことに由来するそうです。



金星台にもトイレが。左側に見える手洗…

|
(2014:07:29 16:42:48, NIKON D800, F8.0, 1/200, -1/2, ISO:1600, 14.0 mm(換算14 mm), AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


金星台にもトイレが。左側に見える手洗いの形からして相当古そうです。



諏訪山公園案内図

|
(2014:07:29 16:44:27, NIKON D800, F8.0, 1/200, -1/2, ISO:110, 14.0 mm(換算14 mm), AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


諏訪山公園案内図

諏訪山一体は、かつては、諏訪山神社を中心として温泉や動物園などがあり、多くの著名人が訪れるなど、神戸市民の行楽地となっていました。明治7年(1874年)には金星台でフランス観測隊が金星観測を行いまいsた。明治24年(1891年)にはニコライ二世が大津事件の前日に来訪していたという記録もあります。
現在グラウンドのある場所は明治40年(1907年)に池が埋め立て整備され、明治天皇御小休処が建てられましたが昭和20年(1945年)に空襲で消失しました。また、武徳殿があり、神戸の武道の拠点となった時代もありました。神戸で初めてボーイスカウト活動が行われたのも諏訪山公園でした。
現在では、温泉や動物園はありませんが、花と緑のまち推進センターを中心に、グラウンドや広場、遊具が整備され、市民の憩いの場となっています。また、遊歩道を登っていったビーナスブリッジからの眺望はすばらしく、観光客にも人気のスポットとなっています。


1.ビーナスブリッジ ビーナステラス(愛の鍵)
ビーナスブリッジは、展望台(ビーナステラス)と金星台からの散策道をつなぐために昭和46年(1971年)に完成した8の字型のループ橋で、金星にちなんで「ビーナスブリッジ」と名付けられました。
ビーナスは、ギリシャ神話では「愛と美の女神」を意味するため、ビーナステラスは願いが叶う伝説の場所として有名になりました。
平成16年(2004年)には、恋人たちが自由に愛の鍵を取り付け、願いを叶える「愛の鍵モニュメント」が完成しました。


2.諏訪神社
交番横の鳥居からのびる急坂の上にある諏訪神社は、約1600年以上前の創建と言われ、諏訪山公園や周辺地域の名称のもととなっています。
明治22年、神戸市制施行を祝って寄付された境内地の一部が諏訪山公園へと発展しました。
現在では諏訪山公園と一体となって、神戸在住の外国人も含め、多くの地域住民に親しまれています。


3.海軍営の碑
勝海舟が海軍操練所内(現在の京橋北詰付近)に建てたものを大正4年(1915年)に移設しました。


4.金星観測記念碑
金星観測を記念して、建てられました。碑の上部には金星が刻まれています。
碑に用いられている円柱形の石材は、安政の大地震(江戸時代、1855年)のときに破損した生田神社の折れた鳥居を再利用したものです。


5.金星台
明治7年(1874年)12月、フラン人天文学者ジャンセン氏らが、ここで太陽と金星・地球が一直線に並ぶ「金星の太陽面通過」という現象を観測しました。
2004年6月にも再びこの現象を観測する機会がやってきたことを記念して、プレートが設置されています。
その次の金星の太陽面通過は、2012年6月6日でそのあとは120年ほど先です。
また、金星台は上から見ると星の形をした広場になっています。


6.花と緑のまち推進センター
神戸の花と緑に囲まれたまちづくりを推進するための拠点として、緑化啓発をはじめ、各種イベント、催しの開催やガーデニング教室、園芸相談、花と緑のボランティアなどに関する相談、支援などを行っています。


7.子どもの園
昭和3年(1928年)6月22日、ここに「諏訪山動物園」が開演し、多くの市民でにぎわいました。
その後、昭和26年(1951年)に「王子動物園」に移転しました。ゾウの「諏訪子」は、王子動物園まで道路を歩いて移動しました。
現在は「子どもの園」として、遊具などが整備された遊び場になっています。



ビーナスブリッジで気持ちよく神戸の景…

|
(2017:07:06 06:34:15, SONY α7R II, F10.0, 1/60, 0, ISO:100, 70.0 mm(換算70 mm), FE 24 - 70mm F2.8 GM(SEL2470GM), 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


ビーナスブリッジで気持ちよく神戸の景色を見ながらまったりしていたのですが、6時すぎから爺さん婆さんが大集合。各々ラジオをつけて体操をしたりと騒がしくなってきたので追い出されるように下山。
金星台に避難しようと思ったのですが、人数は少ないもののこちらも人がちらほら。諦めて帰宅することにしました。



|<< 前へ;  1  次へ >>|

カテゴリ