2009年の記事


奄美大島で見つけた黄色い花々

|   
(2009:07:19 14:55:07, NIKON D200, F7.1, 1/125, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

奄美大島旅行の1日目に見つけた黄色い花です。名前は調べていないので不明。どれも特徴的かつ珍しい花でもないのですぐに名前が分かると思うのですが、、、


奄美大島で見つけた黄色い花々

|   
(2009:07:19 14:55:17, NIKON D200, F4.0, 1/400, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

奄美大島旅行の1日目に見つけた黄色い花です。名前は調べていないので不明。どれも特徴的かつ珍しい花でもないのですぐに名前が分かると思うのですが、、、


奄美大島で見つけた黄色い花々

|   
(2009:07:19 15:10:41, NIKON D200, F4.0, 1/50, 0, ISO:100, 19 mm(換算28 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

奄美大島旅行の1日目に見つけた黄色い花です。名前は調べていないので不明。どれも特徴的かつ珍しい花でもないのですぐに名前が分かると思うのですが、、、


奄美大島で見つけた黄色い花々

|   
(2009:07:19 15:10:47, NIKON D200, F4.0, 1/160, 0, ISO:100, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

奄美大島旅行の1日目に見つけた黄色い花です。名前は調べていないので不明。どれも特徴的かつ珍しい花でもないのですぐに名前が分かると思うのですが、、、


日食メガネあります

|   
(2009:07:19 15:27:46, NIKON D200, F4.0, 1/500, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

道沿いで見つけた手書きの看板。数日後に控えた皆既日食に備えて日食グラスを販売していました。価格は300円と良心的。


奄美大島で見つけた黄色い花々

|   
(2009:07:19 15:38:14, NIKON D200, F4.0, 1/1000, 0, ISO:100, 14 mm(換算21 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

奄美大島旅行の1日目に見つけた黄色い花です。名前は調べていないので不明。どれも特徴的かつ珍しい花でもないのですぐに名前が分かると思うのですが、、、


とおしめ

|   
(2009:07:19 16:30:39, NIKON D200, F8.0, 1/40, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

とおしめの由来

 奄美では通し穴を「とおしめ」と呼ぶ。古い民謡で「真南のとおしめ」と歌ったのはこのトンネルのことである。およそ250年前、島の開拓の祖 田畑佐文仁翁はこの土手に新田をつくるため、堤防を築き海水の出入りを調節するとおしめを掘った。難工事だったが多くの人々の力を結集して築かれた。小山の上には鎮護を祈って●財天が祭られたという。

昭和44年11月15日


とおしめ

|   
(2009:07:19 16:30:55, NIKON D200, F8.0, 1/13, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

灌漑用に作られた水位調節用の穴。裏手には水辺に降りれる通路が用意されていた。階段のすぐ下の水面近くにミナミクロダイが数匹群れているなど魚も多かったが、水が汚く撮影できる透明度ではなかったので泳がずにスルーすることに。


とおしめ

|   
(2009:07:19 16:31:21, NIKON D200, F8.0, 1/40, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

とおしめの由来

 奄美では通し穴を「とおしめ」と呼ぶ。古い民謡で「真南のとおしめ」と歌ったのはこのトンネルのことである。およそ250年前、島の開拓の祖 田畑佐文仁翁はこの土手に新田をつくるため、堤防を築き海水の出入りを調節するとおしめを掘った。難工事だったが多くの人々の力を結集して築かれた。小山の上には鎮護を祈って●財天が祭られたという。

昭和44年11月15日


とおしめ

|   
(2009:07:19 16:33:13, NIKON D200, F8.0, 1/80, 0, ISO:100, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

灌漑用に作られた水位調節用の穴。裏手には水辺に降りれる通路が用意されていた。階段のすぐ下の水面近くにミナミクロダイが数匹群れているなど魚も多かったが、水が汚く撮影できる透明度ではなかったので泳がずにスルーすることに。


手広海岸に到着

|   
(2009:07:19 17:51:52, NIKON D200, F5.0, 1/500, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

漁業を営む権利を有する龍郷の漁業組合員各位の魚介類の保護規制についてお願い
資源保護のため禁漁期間を定めておりますので、みんなで守りましょう。

ウニ 12月1日~翌年6月30日
アサヒガニ 5月1日~7月31日
イセエビ 5月1日~8月20日
モズク 7月1日~翌年3月31日

龍郷町漁業集落


手広海岸に到着

|   
(2009:07:19 19:28:43, NIKON D200, F9.0, 1/40, 0, ISO:800, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道から800メートルほど脇道を下ったところにある手広海岸にようやく到着。
20台程度の駐車場の奥に砂浜の海岸が広がる。皆既日食が近いこともあり海岸にはテントが6張りあり、また、サーフィンのメッカとなる海岸なので沖にぷかぷかと何人かのサーファーが浮かんでいた。


手広海岸に到着

|   
(2009:07:19 19:29:01, NIKON D200, F9.0, 1/20, -1, ISO:800, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

県道から800メートルほど脇道を下ったところにある手広海岸にようやく到着。
20台程度の駐車場の奥に砂浜の海岸が広がる。皆既日食が近いこともあり海岸にはテントが6張りあり、また、サーフィンのメッカとなる海岸なので沖にぷかぷかと何人かのサーファーが浮かんでいた。


手広海岸からの星空

|   
(2009:07:19 21:08:13, NIKON D200, F4.0, 30, 0, ISO:1000, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

たまに薄雲が出たものの概ね晴れとなった夜。空いっぱいに星が溢れ、肉眼でもはっきりと天の川を見ることができました。


手広海岸にいたかわいらしいカニ

|   
(2009:07:20 07:12:50, NIKON D200, F14.0, 1/80, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

手広海岸の砂浜にはオカヤドカリやカニなどが多くいる。朝出会った小さなカニはかわいらしかった。大きいほうは微妙だが。


手広海岸にいたかわいらしいカニ

|   
(2009:07:20 07:18:45, NIKON D200, F13.0, 1/80, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

手広海岸の砂浜にはオカヤドカリやカニなどが多くいる。朝出会った小さなカニはかわいらしかった。大きいほうは微妙だが。


手広海岸の海

|   
(2009:07:20 07:42:24, NIKON D200, F10.0, 1/80, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

午前に手広海岸を泳いでみた。さすがサーフィンポイント。波が荒くビーチ側は透明度が悪く、ビーチからリーフエッジに行くのは怖かったのでリーフ内から行くことに。しかしそこも波が高くかなり危険。結局何も見ることなくあきらめてすぐに海から上がってしまった。


手広海岸の海

|   
(2009:07:20 07:49:54, NIKON D200, F9.0, 1/80, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

午前に手広海岸を泳いでみた。さすがサーフィンポイント。波が荒くビーチ側は透明度が悪く、ビーチからリーフエッジに行くのは怖かったのでリーフ内から行くことに。しかしそこも波が高くかなり危険。結局何も見ることなくあきらめてすぐに海から上がってしまった。


手広海岸の海

|   
(2009:07:20 07:56:01, NIKON D200, F32.0, 1/80, 0, ISO:400, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

午前に手広海岸を泳いでみた。さすがサーフィンポイント。波が荒くビーチ側は透明度が悪く、ビーチからリーフエッジに行くのは怖かったのでリーフ内から行くことに。しかしそこも波が高くかなり危険。結局何も見ることなくあきらめてすぐに海から上がってしまった。


手広海岸のトイレ/シャワー/自販機

|   
(2009:07:20 08:54:22, NIKON D200, F4.0, 1/2000, 0, ISO:320, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200907奄美大島  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

手広海岸の駐車場には青いドーム型の公衆トイレがある。外には水道、中には男女別のシャワー室、自動販売機、トイレ、公衆電話、ベンチがあり自由に利用できる。ただし21:00に施錠されてしまうため、外の水道以外は夜間利用できない。


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com