2009年の記事


海老江加茂神社の黒松

|   
(2009:05:10 13:52:31, NIKON D200, F10.0, 1/350, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

海老江加茂神社「クロマツ」の由来

 海老江加茂神社の参道入口左右に2本のクロマツの大木があります。
 このクロマツは、平成13年3月2日、新湊市の保存樹木に指定されました。
 高さ約15メートル、太い方の幹まわり約2.7メートルの堂々たる大木で、樹齢280年から300年と推定されます。
 長い歳月、風雪に耐え、加茂神社のシンボルとなっています。
 加茂神社は、かっては現在地の北側およそ150メートルの地に位置していました。今は浸蝕が進み、その辺りはすっかり海に没しています。それが、元文元年(1736年)の高波で大被害を受け、翌年、現在地に移転し、再建されました。今から264年前のことです。その際に、このクロマツ2本が植えられたと言われています。
 この松は、富山湾で漁業に従事する人達にとって、非常に都合のよい目印となり、加茂神社の「夫婦松(めおとまつ)」と呼ばれ、親しまれています。
 長い間、海老江を見守ってきたこのクロマツを、住民の貴重な文化財として末永く護っていきたいものです。

平成13年7月吉日
海老江加茂神社奉賛会


海老江加茂神社の黒松

|   
(2009:05:10 13:52:37, NIKON D200, F10.0, 1/320, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

加茂神社の由来

 ●●護の神として伊勢神宮に次いで尊崇された加茂神社は、延喜式神名帳記載の通り加茂別雷神社と加茂御祖神社との二社があり、その位置によって上加茂社、下鴨社と通称する。
 両社はそれぞれ独立の社格をもつが時には一体として扱われることも多い。
 神武天皇の東征の際、熊野から大和への難路を先導した八咫烏の故事はよく知られる。
 この八咫烏こと加茂建角身命(かものたけつのみのみこと)とその娘、玉依姫命(たまよりひめのみこと)とが下鴨の祭神で加茂川の守り神、ひいては山城国の守護神である。
 また玉依姫命と丹塗矢(たぬりや)との神婚によって生まれた加茂別雷命が上加茂の祭神とされる。
 別雷神(わけいかづちのかみ)は下鴨の建角身命の外孫に当たるがまたその名からして加茂川上流の雷神信仰に由来することがわかる。


海老江加茂神社の沿革と伝説

 天文6年(1537年)その頃すでに下村加茂神社と海老江大明神との競合守護社であったと思われる海老江加茂神社は現在の加茂社より北へ約150メートル程沖合いに建っていた村の産社(うぶやしろ)としての夷堂(えびすどう)であった。

 天文元年(1736年)に大津波で産社が破壊され元文2年に神殿が再建された。

 寛政元年(1789年)9月14日に下村加茂神社と別れた。

 慶応3年(1867年)中沖村波中山の西光寺を買求め拝殿に造り替える。

 昭和48年(1973年)現在の拝殿に政築する。

 明治8年(1875年)旧金比羅宮再興。
左甚五郎の弟子で新湊放生津東町に助太郎という宮大工がおり金比羅宮建造に当り河尻定蔵氏(当時19歳)が若者にめげず毎日助太郎棟梁に日参しお教え得て建造した


海老江加茂神社祭神

祭神  別雷神

合同社 浜開神明社
    金比羅宮
    恵比須神社


 海老江加茂神社の祭禮

1月1日   元旦祭
3月1日   恵比須祭
4月3日   春季例大祭
9月23日  金比羅祭
11月23日  新嘗祭(にいなめさい)


昭和62年12月


海老江加茂神社の黒松

|   
(2009:05:10 13:52:42, NIKON D200, F10.0, 1/320, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

海老江海浜公園の裏手に神社がありました。ここの巨木は黒松です。遠くからでも見えるほど大きな松でした。富山湾で漁業する人の目印になったというのもうなずける話しです。


海老江加茂神社の黒松

|   
(2009:05:10 13:53:01, NIKON D200, F10.0, 1/1000, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

海老江海浜公園の裏手に神社がありました。ここの巨木は黒松です。遠くからでも見えるほど大きな松でした。富山湾で漁業する人の目印になったというのもうなずける話しです。


富山湾のマンホール

|   
(2009:05:10 13:57:57, NIKON D200, F10.0, 1/500, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

1枚目は菊かカーネーションかそんなものの絵、2枚目はどこかの観光名所なのかな?、3枚目は雪が降っている山。マンホールの蓋に色々な絵が描かれていました。


富山新港の東端

|   
(2009:05:10 15:20:18, NIKON D200, F9.0, 1/750, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

富山新港の東端まで来ました。ここは西から風が吹き込んできて寒かったです。こんな時間ですが昼飯がまだ。途中にあった飯屋で食べようと入ったら「もう昼飯時間は終わった」と言われて追い出されたりで、、、結局このすぐそばにあったコンビニでおにぎりを買って食べる羽目になりました。
さらに西へ行き海王丸を見たい気もしたけれど疲れてきたのでここで引き返すことにしました。


海老江海浜公園

|   
(2009:05:10 15:38:14, NIKON D200, F9.0, 1/30, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

新湊とそこに隣接する海老江海浜公園です。新湊には綺麗なトイレがありました。水が出っぱなしでしたが、、、ここは結構大きな港で繋留している船もたくさんありました。堤防から海を覗き込むとマナマコが岸壁にへばりついている光景も見れました。タモ網でもあれば採れたかも。
海老江海浜公園ではウィンドサーフィンをしている人が数人いました。大きな駐車場と広い芝生のある公園で、犬の散歩からピクニックまでさまざまなな人たちがいました。


海老江海浜公園

|   
(2009:05:10 15:46:45, NIKON D200, F9.0, 1/640, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

新湊とそこに隣接する海老江海浜公園です。新湊には綺麗なトイレがありました。水が出っぱなしでしたが、、、ここは結構大きな港で繋留している船もたくさんありました。堤防から海を覗き込むとマナマコが岸壁にへばりついている光景も見れました。タモ網でもあれば採れたかも。
海老江海浜公園ではウィンドサーフィンをしている人が数人いました。大きな駐車場と広い芝生のある公園で、犬の散歩からピクニックまでさまざまなな人たちがいました。


海老江海浜公園

|   
(2009:05:10 15:47:19, NIKON D200, F9.0, 1/750, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

新湊とそこに隣接する海老江海浜公園です。新湊には綺麗なトイレがありました。水が出っぱなしでしたが、、、ここは結構大きな港で繋留している船もたくさんありました。堤防から海を覗き込むとマナマコが岸壁にへばりついている光景も見れました。タモ網でもあれば採れたかも。
海老江海浜公園ではウィンドサーフィンをしている人が数人いました。大きな駐車場と広い芝生のある公園で、犬の散歩からピクニックまでさまざまなな人たちがいました。


海老江海浜公園

|   
(2009:05:10 15:54:15, NIKON D200, F10.0, 1/640, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

新湊とそこに隣接する海老江海浜公園です。新湊には綺麗なトイレがありました。水が出っぱなしでしたが、、、ここは結構大きな港で繋留している船もたくさんありました。堤防から海を覗き込むとマナマコが岸壁にへばりついている光景も見れました。タモ網でもあれば採れたかも。
海老江海浜公園ではウィンドサーフィンをしている人が数人いました。大きな駐車場と広い芝生のある公園で、犬の散歩からピクニックまでさまざまなな人たちがいました。


海老江海浜公園

|   
(2009:05:10 16:02:33, NIKON D200, F10.0, 1/640, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

新湊とそこに隣接する海老江海浜公園です。新湊には綺麗なトイレがありました。水が出っぱなしでしたが、、、ここは結構大きな港で繋留している船もたくさんありました。堤防から海を覗き込むとマナマコが岸壁にへばりついている光景も見れました。タモ網でもあれば採れたかも。
海老江海浜公園ではウィンドサーフィンをしている人が数人いました。大きな駐車場と広い芝生のある公園で、犬の散歩からピクニックまでさまざまなな人たちがいました。


八重津浜海水浴場からの夕日

|   
(2009:05:10 18:20:00, NIKON D200, F13.0, 1/30, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

去年もそうでしたがこの富山湾の夕日は綺麗です。少し雲もありましたが空が夕焼けに染まりいい雰囲気の夕暮れでした。このときは日没後からのホタルイカの打ち上げにドキドキワクワクでしたが、、、結局見れず残念。


富山湾のマンホール

|   
(2009:05:11 11:06:47, NIKON D200, F13.0, 1/640, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

1枚目は菊かカーネーションかそんなものの絵、2枚目はどこかの観光名所なのかな?、3枚目は雪が降っている山。マンホールの蓋に色々な絵が描かれていました。


富山湾のマンホール

|   
(2009:05:11 11:06:57, NIKON D200, F13.0, 1/320, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

1枚目は菊かカーネーションかそんなものの絵、2枚目はどこかの観光名所なのかな?、3枚目は雪が降っている山。マンホールの蓋に色々な絵が描かれていました。


八重津浜海水浴場

|   
(2009:05:11 11:13:56, NIKON D200, F13.0, 1/400, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

八重津浜海水浴場に着いて3日目。目的のホタルイカにも会えてないので、まだここにいてもいいのですが何もすることがなく苦痛なのでこの日に帰ることに。運がよければ1枚目の写真の中央に見えるテトラポットの切れ目正面の凹んだ砂浜を中心にホタルイカが打ち寄せられます。


八重津浜海水浴場

|   
(2009:05:11 11:22:17, NIKON D200, F13.0, 1/640, 0, ISO:200, 12 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

八重津浜海水浴場に着いて3日目。目的のホタルイカにも会えてないので、まだここにいてもいいのですが何もすることがなく苦痛なのでこの日に帰ることに。運がよければ1枚目の写真の中央に見えるテトラポットの切れ目正面の凹んだ砂浜を中心にホタルイカが打ち寄せられます。


八重津浜海水浴場

|   
(2009:05:11 11:22:31, NIKON D200, F13.0, 1/500, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

八重津浜海水浴場に着いて3日目。目的のホタルイカにも会えてないので、まだここにいてもいいのですが何もすることがなく苦痛なのでこの日に帰ることに。運がよければ1枚目の写真の中央に見えるテトラポットの切れ目正面の凹んだ砂浜を中心にホタルイカが打ち寄せられます。


八重津浜海水浴場

|   
(2009:05:11 11:22:37, NIKON D200, F13.0, 1/500, 0, ISO:200, 24 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

八重津浜海水浴場に着いて3日目。目的のホタルイカにも会えてないので、まだここにいてもいいのですが何もすることがなく苦痛なのでこの日に帰ることに。運がよければ1枚目の写真の中央に見えるテトラポットの切れ目正面の凹んだ砂浜を中心にホタルイカが打ち寄せられます。


八重津浜海水浴場

|   
(2009:05:11 11:40:55, NIKON D200, F13.0, 1/500, 0, ISO:200, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

八重津浜海水浴場に着いて3日目。目的のホタルイカにも会えてないので、まだここにいてもいいのですが何もすることがなく苦痛なのでこの日に帰ることに。運がよければ1枚目の写真の中央に見えるテトラポットの切れ目正面の凹んだ砂浜を中心にホタルイカが打ち寄せられます。


八重津浜海水浴場の海岸植物(その2)

|   
(2009:05:11 11:43:11, NIKON D200, F9.0, 1/1000, 0, ISO:200, 60 mm(換算90 mm), Micro Nikkor 60mm f/2.8, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 200905富山  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

陽気な天気なので花も生き生きしています。難を言えばもう少し波打ち際に近い場所に生えていて、かつ、沖にテトラポットがなければ背景が海の青になって海岸植物の写真っぽくなるのだが、、、


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com