2009年の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

如意谷の紅葉

|
(2009:12:02 12:26:15, NIKON D300, F9.0, 1/20, -4/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9510.jpg DSC_9512.jpg DSC_9515.jpg DSC_9518.jpg DSC_9521.jpg

沢筋にもゴミの上にもたくさんの鮮やかなもみじの葉が降り積もっていました。風が吹くとパラパラと葉っぱが落ちてきますが、残念ながら写真は撮れず。






如意谷の紅葉

|
(2009:12:02 12:27:32, NIKON D300, F9.0, 1/25, -4/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9510.jpg DSC_9512.jpg DSC_9515.jpg DSC_9518.jpg DSC_9521.jpg

沢筋にもゴミの上にもたくさんの鮮やかなもみじの葉が降り積もっていました。風が吹くとパラパラと葉っぱが落ちてきますが、残念ながら写真は撮れず。






如意谷の紅葉

|
(2009:12:02 12:30:13, NIKON D300, F9.0, 1/160, -4/3, ISO:200, 15.0 mm(換算22 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9510.jpg DSC_9512.jpg DSC_9515.jpg DSC_9518.jpg DSC_9521.jpg

沢筋にもゴミの上にもたくさんの鮮やかなもみじの葉が降り積もっていました。風が吹くとパラパラと葉っぱが落ちてきますが、残念ながら写真は撮れず。






如意谷の紅葉

|
(2009:12:02 12:31:14, NIKON D300, F9.0, 1/30, -4/3, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9510.jpg DSC_9512.jpg DSC_9515.jpg DSC_9518.jpg DSC_9521.jpg

沢筋にもゴミの上にもたくさんの鮮やかなもみじの葉が降り積もっていました。風が吹くとパラパラと葉っぱが落ちてきますが、残念ながら写真は撮れず。






如意谷の紅葉

|
(2009:12:02 12:31:59, NIKON D300, F5.6, 1/80, -4/3, ISO:200, 300.0 mm(換算450 mm), 70.0-300.0 mm f/4.0-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9510.jpg DSC_9512.jpg DSC_9515.jpg DSC_9518.jpg DSC_9521.jpg

沢筋にもゴミの上にもたくさんの鮮やかなもみじの葉が降り積もっていました。風が吹くとパラパラと葉っぱが落ちてきますが、残念ながら写真は撮れず。






如意谷

|
(2009:12:02 12:20:46, NIKON D300, F9.0, 1/8, -4/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9496.jpg DSC_9497.jpg DSC_9501.jpg DSC_9509.jpg

箕面付近のハイキングルートのほとんどは人通りがあり、歩きやすい道が多い中、この如意谷ルートは4、5回通って人と1度すれ違うかどうかぐらいの過疎道。状態も悪く倒木で完全に道がふさがられていることがあったり、ちょっと踏み外せば沢に転落するような場所もある。

そんな道を登っていくとだんだん木々が単色から色鮮やかな紅葉になってきました。






如意谷

|
(2009:12:02 12:22:22, NIKON D300, F9.0, 1/20, -2/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9496.jpg DSC_9497.jpg DSC_9501.jpg DSC_9509.jpg

箕面付近のハイキングルートのほとんどは人通りがあり、歩きやすい道が多い中、この如意谷ルートは4、5回通って人と1度すれ違うかどうかぐらいの過疎道。状態も悪く倒木で完全に道がふさがられていることがあったり、ちょっと踏み外せば沢に転落するような場所もある。

そんな道を登っていくとだんだん木々が単色から色鮮やかな紅葉になってきました。






如意谷

|
(2009:12:02 12:24:11, NIKON D300, F9.0, 1/50, -2/3, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9496.jpg DSC_9497.jpg DSC_9501.jpg DSC_9509.jpg

箕面付近のハイキングルートのほとんどは人通りがあり、歩きやすい道が多い中、この如意谷ルートは4、5回通って人と1度すれ違うかどうかぐらいの過疎道。状態も悪く倒木で完全に道がふさがられていることがあったり、ちょっと踏み外せば沢に転落するような場所もある。

そんな道を登っていくとだんだん木々が単色から色鮮やかな紅葉になってきました。






如意谷

|
(2009:12:02 12:25:58, NIKON D300, F9.0, 1/15, -4/3, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9496.jpg DSC_9497.jpg DSC_9501.jpg DSC_9509.jpg

箕面付近のハイキングルートのほとんどは人通りがあり、歩きやすい道が多い中、この如意谷ルートは4、5回通って人と1度すれ違うかどうかぐらいの過疎道。状態も悪く倒木で完全に道がふさがられていることがあったり、ちょっと踏み外せば沢に転落するような場所もある。

そんな道を登っていくとだんだん木々が単色から色鮮やかな紅葉になってきました。






久々の箕面へ

|
(2009:12:02 12:03:33, NIKON D300, F13.0, 1/200, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9478.jpg DSC_9483.jpg DSC_9487.jpg DSC_9492.jpg DSC_9493.jpg

聖母被昇天学園前から坂を上り如意谷経由で箕面へ向かいました。

1枚目は如意谷の沢に入る入口近くのマンションにあった掲示。道路に敷いたタイルが壊れるから駐車するな、ということ。これは施工主が悪いでしょう。タイルだけでなくマンション自体にも欠陥ありそう。

そんなことを考えながら如意谷へ。相変わらず沢のはるか上を通る道路から?不法投棄されたゴミが散乱していたりと汚いもののいい感じの雰囲気でした。最後の写真はイノシシの足跡。如意谷の住宅街でも白昼堂々と歩き回る猪が目撃されたりしているようでした。



駐車しないでください

下のタイルが割れてしまいます

ヴェルヴュ箕面山手管理組合



久々の箕面へ

|
(2009:12:02 12:09:23, NIKON D300, F4.0, 1/15, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9478.jpg DSC_9483.jpg DSC_9487.jpg DSC_9492.jpg DSC_9493.jpg

聖母被昇天学園前から坂を上り如意谷経由で箕面へ向かいました。

1枚目は如意谷の沢に入る入口近くのマンションにあった掲示。道路に敷いたタイルが壊れるから駐車するな、ということ。これは施工主が悪いでしょう。タイルだけでなくマンション自体にも欠陥ありそう。

そんなことを考えながら如意谷へ。相変わらず沢のはるか上を通る道路から?不法投棄されたゴミが散乱していたりと汚いもののいい感じの雰囲気でした。最後の写真はイノシシの足跡。如意谷の住宅街でも白昼堂々と歩き回る猪が目撃されたりしているようでした。






久々の箕面へ

|
(2009:12:02 12:11:11, NIKON D300, F4.0, 1/125, -1/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9478.jpg DSC_9483.jpg DSC_9487.jpg DSC_9492.jpg DSC_9493.jpg

聖母被昇天学園前から坂を上り如意谷経由で箕面へ向かいました。

1枚目は如意谷の沢に入る入口近くのマンションにあった掲示。道路に敷いたタイルが壊れるから駐車するな、ということ。これは施工主が悪いでしょう。タイルだけでなくマンション自体にも欠陥ありそう。

そんなことを考えながら如意谷へ。相変わらず沢のはるか上を通る道路から?不法投棄されたゴミが散乱していたりと汚いもののいい感じの雰囲気でした。最後の写真はイノシシの足跡。如意谷の住宅街でも白昼堂々と歩き回る猪が目撃されたりしているようでした。






久々の箕面へ

|
(2009:12:02 12:14:13, NIKON D300, F9.0, 1/30, -2/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9478.jpg DSC_9483.jpg DSC_9487.jpg DSC_9492.jpg DSC_9493.jpg

聖母被昇天学園前から坂を上り如意谷経由で箕面へ向かいました。

1枚目は如意谷の沢に入る入口近くのマンションにあった掲示。道路に敷いたタイルが壊れるから駐車するな、ということ。これは施工主が悪いでしょう。タイルだけでなくマンション自体にも欠陥ありそう。

そんなことを考えながら如意谷へ。相変わらず沢のはるか上を通る道路から?不法投棄されたゴミが散乱していたりと汚いもののいい感じの雰囲気でした。最後の写真はイノシシの足跡。如意谷の住宅街でも白昼堂々と歩き回る猪が目撃されたりしているようでした。






久々の箕面へ

|
(2009:12:02 12:14:51, NIKON D300, F9.0, 1/100, -2/3, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_9478.jpg DSC_9483.jpg DSC_9487.jpg DSC_9492.jpg DSC_9493.jpg

聖母被昇天学園前から坂を上り如意谷経由で箕面へ向かいました。

1枚目は如意谷の沢に入る入口近くのマンションにあった掲示。道路に敷いたタイルが壊れるから駐車するな、ということ。これは施工主が悪いでしょう。タイルだけでなくマンション自体にも欠陥ありそう。

そんなことを考えながら如意谷へ。相変わらず沢のはるか上を通る道路から?不法投棄されたゴミが散乱していたりと汚いもののいい感じの雰囲気でした。最後の写真はイノシシの足跡。如意谷の住宅街でも白昼堂々と歩き回る猪が目撃されたりしているようでした。






鈴鹿サーキット

|
(2009:11:22 22:39:12, NIKON D300, F4.0, 1/60, 0, ISO:1600, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_8875.jpg DSC_8876.jpg DSC_8883.jpg

カーナビを見ていたらサーキット道路なんていう表示がありました。どうやら鈴鹿サーキットのようです。日が暮れていて真っ暗なため、残念ながらコースがどこにあるのかとかはわかりませんでしたが、ライトアップされた観覧車などが見れました。それにしても走っている車の中からよく写真撮れたなぁ。






鈴鹿サーキット

|
(2009:11:22 22:39:32, NIKON D300, F4.0, 1/60, 0, ISO:1600, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_8875.jpg DSC_8876.jpg DSC_8883.jpg

カーナビを見ていたらサーキット道路なんていう表示がありました。どうやら鈴鹿サーキットのようです。日が暮れていて真っ暗なため、残念ながらコースがどこにあるのかとかはわかりませんでしたが、ライトアップされた観覧車などが見れました。それにしても走っている車の中からよく写真撮れたなぁ。






鈴鹿サーキット

|
(2009:11:22 22:42:12, NIKON D300, F4.0, 1/60, 0, ISO:1600, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_8875.jpg DSC_8876.jpg DSC_8883.jpg

カーナビを見ていたらサーキット道路なんていう表示がありました。どうやら鈴鹿サーキットのようです。日が暮れていて真っ暗なため、残念ながらコースがどこにあるのかとかはわかりませんでしたが、ライトアップされた観覧車などが見れました。それにしても走っている車の中からよく写真撮れたなぁ。






道の駅「紀伊長島マンボウ」

|
(2009:11:22 18:51:18, NIKON D300, F5.6, 1/8, 0, ISO:1000, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_8865.jpg DSC_8860.jpg DSC_8863.jpg DSC_8861.jpg

再び道の駅です。ここは屋台にマンボウの串焼きや唐揚げ、サメの串焼まであります。こんな時間だから営業していないのが残念すぎです。中にある食堂もなかなか面白そうなメニューがたくさんでした。






道の駅「紀伊長島マンボウ」

|
(2009:11:22 18:46:24, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_8865.jpg DSC_8860.jpg DSC_8863.jpg DSC_8861.jpg

再び道の駅です。ここは屋台にマンボウの串焼きや唐揚げ、サメの串焼まであります。こんな時間だから営業していないのが残念すぎです。中にある食堂もなかなか面白そうなメニューがたくさんでした。



道の駅「紀伊長島マンボウ」

町の紹介

 紀伊長島町は、伊勢志摩、吉野熊野の両国立公園の中間に位置し、町の面積110.57平方キロメートルのうち約87%が山林です。リアス式海岸を有する景勝の地で、背後に大台山系を、前面に熊野灘を擁しており、緑なす山野が清浄な水と空気と豊かなる産物を与えてくれる自然に恵まれた町です。
 主な観光スポットは、熊野古道(ツヅラト峠、荷坂峠、始神峠)、大昌寺の格子絵天井などがあり、またレクリエーション都市「孫太郎」、古里温泉、ダイビングリゾート道瀬など、健康志向の施設が数多く整備されています。
 主な特産品として、海産物、みかん、味噌、さんま寿司、ひのきなどがあります。


道の駅について

 道の駅「紀伊長島マンボウ」は、紀伊長島町の申請に基づき、国土交通省道路局長により「道の駅」に登録されたものです。(平成13年8月21日登録)
 「道の駅」は、一般道路で安心して利用できる道路利用者のための休憩施設で、休息・情報発信・地域連携の3つの機能を併せ持つ個性豊かなにぎわいの場として、快適で質の高いサービスを提供するものです。
 道の駅「紀伊長島マンボウ」は、熊野灘臨海公園内にあり、紀伊長島町、三重県、国土交通省が連携し、特産物直売所、レストランを紀伊長島町が、休息・情報コーナー・駐車場等を三重県が整備したものであり、地域の特色を生かした休憩施設を形成しています。



道の駅「紀伊長島マンボウ」

|
(2009:11:22 18:50:58, NIKON D300, F5.6, 1/60, 0, ISO:320, 13.0 mm(換算19 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_8865.jpg DSC_8860.jpg DSC_8863.jpg DSC_8861.jpg

再び道の駅です。ここは屋台にマンボウの串焼きや唐揚げ、サメの串焼まであります。こんな時間だから営業していないのが残念すぎです。中にある食堂もなかなか面白そうなメニューがたくさんでした。



マンボウ串焼き350円
鮫の串焼き300円
マンボウ唐揚げ350円



 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13   >>|

カテゴリ