2010年の記事


 前へ  193  194  195  196  197  198  199  200  201  202  203  次へ >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

ネバーランド豊中ロマンテという大きな…

|
(2010:05:22 15:29:19, NIKON D300, F7.1, 1/60, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


ネバーランド豊中ロマンテという大きなマンションの横を通るとすぐに千里川。



千里川から行く場合はここを曲がります。

|
(2010:05:22 15:30:46, NIKON D300, F7.1, 1/125, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


千里川から行く場合はここを曲がります。



ちょうどこの場所は河川敷に降りて水遊…

|
(2010:05:22 15:30:50, NIKON D300, F7.1, 1/125, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


ちょうどこの場所は河川敷に降りて水遊びができるエリアになっています。決して綺麗とは言えない川ですが、この日はたくさんの子供が水に入って遊んでいました。



今回のヒメボタル生息地に行くには、こ…

|
(2010:05:22 15:34:57, NIKON D300, F7.1, 1/160, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


今回のヒメボタル生息地に行くには、ここから上流2本目の中央橋付近に車を停めて川沿いに歩き、川に降りれる場所の前で曲がるのが一番迷わないルートです。
電車を使う場合は、阪急豊中駅で下車、阪急バス40系統の千里中央行きに乗り、「春日町2丁目」のバス停で降車。バスの進行方向に50メートルほど歩きスーパー「アプロ」やスギ薬局の所のT字路を右折。野畑図書館前を通って坂を下ると千里川の中央橋につきます。そこから下流に向かえばこの位置に着きます。
OAパーク春日町

24時間最大1200円

昼間8:00~20:00
40分毎100円
最大800円

夜間20:00~8:00
60分毎100円
最大400円

24H
一時預かり



野畑図書館の前には遺跡の看板が。バス…

|
(2010:05:22 15:36:59, NIKON D300, F7.1, 1/60, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


野畑図書館の前には遺跡の看板が。バスで来る場合はこの歩道を奥から手前へ歩き千里川を目指します。



野畑春日町遺跡 現在の府営豊中春日住…

|
(2010:05:22 15:37:02, NIKON D300, F7.1, 1/40, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


野畑春日町遺跡

 現在の府営豊中春日住宅の一角から、弥生時代の土器がみつかり、遺跡の存在が明らかになったのは、終戦後間もない頃のことでした。
 それから40年が過ぎた昭和61年(1986年)、野畑図書館の建設にともなって、初めて本格的な調査が行われました。その結果、弥生時代の遺構とともに、縄文時代の初め頃(約1万年前)に作られた石の槍先(有舌尖頭器)や、縄文時代中頃(約4000年前)に掘り込まれた大小の穴が数多くみつかりました。これらの穴のいくつかは、土の成分を調べた結果、人を埋葬した墓である可能性が指摘されています。おそらく当時、この千里川を見下ろす低い段丘の上には、縄文人たちの住むムラがあり、狩猟や採集をして生活していたものと考えられます。
 千里川流域には、このほかにも野畑遺跡や内田遺跡、柴原遺跡など、縄文時代中頃から終り頃にかけての遺跡が点在しています。
 千里川の豊かな水と、緑深い森に生活の糧を求めながら、流域を移り住んでいった縄文人たちの姿が、これらの遺跡からしのばれます。

豊中市教育委員会



ちなみにヒメボタルで飛べるのはオスの…

|
(2010:05:27 20:23:22, NIKON D300, F6.3, 1/60, +1/3, ISO:800, 70.0 mm(換算105 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6)


ちなみにヒメボタルで飛べるのはオスのみ。豊中市や箕面市の千里川流域で見れる蛍はゲンジボタル、ヘイケボタル、クロマドホタルとヒメボタルの4種類です)。



ヒメボタルの光跡

|
(2010:05:31 19:50:33, NIKON D300, F8.0, 17, 0, ISO:800, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6)


たくさん飛んでいればいいのですが、あまり飛んでいないのでなかなか撮れません。



ヒメボタルの光跡

|
(2010:05:31 19:58:57, NIKON D300, F8.0, 10, 0, ISO:800, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6)





ヒメボタルの光跡

|
(2010:05:31 19:59:51, NIKON D300, F8.0, 10, 0, ISO:1250, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6)





ヒメボタルの光跡

|
(2010:05:31 20:07:23, NIKON D300, F8.0, 13, 0, ISO:1250, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6)





 前へ  193  194  195  196  197  198  199  200  201  202  203  次へ >>|

カテゴリ