トイレの記事


|<< 前へ;  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

万座毛(その1)

|
(2010:04:20 17:49:26, NIKON D300, F8.0, 1/125, 0, ISO:200, 14.0 mm(換算21 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5121.jpg DSC_5122.jpg DSC_5125.jpg DSC_5126.jpg DSC_5127.jpg DSC_5128.jpg

ようやく万座毛に到着です。万座毛の駐車場入り口右側に、万座毛の名前の由来にまつわる歌碑がありました。有名な場所ですがこんな時期、こんな時間なので駐車場はすかすかでした。






冨着ビーチ

|
(2010:04:20 13:57:11, NIKON D300, F8.0, 1/1000, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4647.jpg DSC_4648.jpg DSC_4649.jpg DSC_4650.jpg DSC_4651.jpg DSC_4652.jpg

広い砂浜の冨着ビーチに到着です。冨着公民館のところがバス停の近い中央口で、トイレなどの施設も整っていました。ただここはまったく日陰のない砂浜。パラソルなどがないと快晴時はツラそうです。






真栄田岬(その1)

|
(2010:04:20 11:12:05, NIKON D300, F8.0, 1/640, 0, ISO:200, 22.0 mm(換算33 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4540.jpg DSC_4541.jpg DSC_4542.jpg DSC_4543.jpg DSC_4544.jpg DSC_4545.jpg

ようやく真栄田岬に到着です。これまで観光客やウエットスーツ姿の人にはまったくと言っていいほど出会いませんでしたが、ここには溢れています。駐車場でもアスファルトの上で体験ダイビングの講習をしているほど賑やか。






宇加地近隣公園(その1)

|
(2010:04:19 18:15:20, NIKON D300, F8.0, 1/80, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4196.jpg DSC_4194.jpg DSC_4195.jpg DSC_4197.jpg DSC_4198.jpg DSC_4199.jpg

恩名村に入ってすぐの場所にきれいな公園がありました。トイレや水道、日除け(雨避け)もあって完璧です。とりあえずここで先ほどもらった貝を食べながら飲むことに。写真を撮るだけで看板は読んでいなかったのですが、飲食禁止だったとは、、、すみませんでした。






舞洲人工磯(その3)

|
(2010:03:14 14:34:59, NIKON D300, F9.0, 1/1250, -1/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2359.jpg DSC_2358.jpg DSC_2360.jpg DSC_2361.jpg

1枚目は救命浮輪の入ったボックス。何箇所かに設置されていました。






舞洲人工磯(その2)

|
(2010:03:14 14:29:27, NIKON D300, F9.0, 1/250, -1/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2353.jpg DSC_2352.jpg DSC_2354.jpg DSC_2355.jpg DSC_2356.jpg

舞洲人工磯は釣りにいい感じですが、一応魚釣りは禁止です。遊泳も禁止。3枚目の建物は意味ありげに人工磯の真ん中にありましたが、、、中は何もありませんでした。






舞洲緑道を舞洲人工磯へ

|
(2010:03:14 14:10:26, NIKON D300, F9.0, 1/640, -1/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_2328.jpg DSC_2329.jpg DSC_2330.jpg DSC_2332.jpg

常吉大橋を渡ってすぐに入り口がある舞洲緑道に入りました。マラソンコースが設定されていて散歩している人がたくさんいる場所です。舞洲はあるのは工場と公園ばかりで住宅はたぶんなし。どこから遊びに来ているのでしょう?

施錠はされないと思いますが、この舞洲緑道は午前7時から午後10時までの利用だそうです。






祇園橋緑地

|
(2010:03:11 18:04:48, NIKON D300, F8.0, 1/8, -4/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_1993.jpg DSC_1994.jpg DSC_1995.jpg DSC_1997.jpg DSC_1998.jpg

再び出会い橋まで戻ってきました。ここから運河を離れて北上。祇園橋緑地を歩きます。見上げると完全に青空。数時間前までは雲がだいぶあったのに知らないうちに快晴になっていました。阪神電鉄の尼崎センタープール前駅まで歩きそこから梅田経由で帰宅。今日も足がぱんぱんになりました。






尼崎の森中央緑地

|
(2010:03:11 17:19:23, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_1941.jpg DSC_1942.jpg DSC_1944.jpg DSC_1945.jpg DSC_1946.jpg DSC_1947.jpg DSC_1948.jpg

パナソニックプラズマディスプレイのすぐ西側、1枚目の左側に尼崎の森中央緑地がありました。まだ建設中の緑地公園で、現在はまだはじまりの森以外へは行けません。今後、南側に海浜ゾーンなどができるそうです。






尼崎閘門の南西

|
(2010:03:11 16:28:16, NIKON D300, F8.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_1901.jpg DSC_1903.jpg DSC_1904.jpg DSC_1908.jpg DSC_1907.jpg DSC_1910.jpg

尼崎閘門の西側の海沿いはベランダになっています。第2閘門側は柵があり近づけませんが、よく見える位置関係なので出港する船があれば撮影にちょうどいいかもしれません。






尼崎のびのび公園

|
(2010:03:11 13:04:09, NIKON D300, F9.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_1739.jpg DSC_1740.jpg DSC_1741.jpg DSC_1742.jpgDSC_1743.jpg

突然整備された公園が現れました。小さなグラウンド、丘上の風当たりいい休憩所があります。こんな僻地なので訪れる人も少ないでしょうからちょっとした穴場かもしれません。ただ水道は飲用不可、トイレは仮設でした。






浜当目海岸(その4)

|
(2010:01:03 11:00:10, NIKON D300, F9.0, 1/640, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_0784.jpg DSC_0772.jpg DSC_0775.jpg DSC_0787.jpg

浜当目海岸の東端まで来ました。ここには浜から少し海側に入っているテトラポットまで太い堤防が伸びていました。その堤防には数人の釣り人が。ものすごい強風の中、糸を垂らしていました。






浜当目海岸(その2)

|
(2010:01:03 10:39:42, NIKON D300, F9.0, 1/1250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_0766.jpg DSC_0767.jpg DSC_0763.jpg DSC_0765.jpg

浜当目の正面には亀をモチーフにした公衆トイレがありました。駐車場も広くかなりの台数を停めれそうです。

この日は波浪警報が発令。海に突き出した堤防では風に煽られて海に落ちそうなほどの強風でした。






樫野埼灯台(その他)

|
(2009:11:22 12:29:30, NIKON D300, F10.0, 1/400, -1, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_8586.jpg DSC_8584.jpg DSC_8592.jpg

1枚目は樫野埼灯台の近くにあった魚見台。わかりにくい脇道の先なので気づかない人も多いかもしれません。3枚目は奄美大島でも見かけた植物。動物の頭のような形をしています。何でしょう。






樫野埼灯台へ

|
(2009:11:22 12:10:26, NIKON D300, F9.0, 1/320, -1/3, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_8531.jpg DSC_8529.jpg DSC_8600.jpg DSC_8533.jpg

紀伊大島の南側にある樫野埼灯台へ向かっています。車で来れるのはここまで。無料駐車場の入り口には杖が置かれていました。ここから先、灯台までの道は険しいのかと不安にもなりましたが、全然そんなことのない普通の道でした。






紀伊大島の大島漁港

|
(2009:11:22 11:25:43, NIKON D300, F10.0, 1/400, -1, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_8449.jpg DSC_8451.jpg DSC_8452.jpg DSC_8491.jpg DSC_8506.jpg DSC_8500.jpg

紀伊大島に渡って、まずは大島漁港に来ました。大島内は起伏に富んでいて徒歩では絶対に来たくない場所です。そのためもうここには一生来ない(来れない)気がします。

港前では温川みかんの無人販売がありました。酸味の効いたみかん。もうちょっと甘みがほしかったかな。港のすぐ外側には養殖用のイカダがたくさんです。大島港近辺では釣り用の渡船とこの養殖業が中心なのかな。






本州最南端に到着

|
(2009:11:22 08:09:35, NIKON D300, F7.1, 1/200, 0, ISO:500, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_8178.jpg DSC_8177.jpg DSC_8179.jpg DSC_8180.jpg DSC_8204.jpg

本州最南端に到着です。下村記念館が営業していました。下村さんが何をやった人かは不明です。実際の「最南端」はまだ先ですが、とりあえずここが本州最南端のトイレや売店であることは確かです。






佐久米から礫島へ(その1)

|
(2009:10:13 12:21:12, NIKON D300, F9.0, 1/160, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5598.jpg DSC_5600.jpg DSC_5602.jpg DSC_5603.jpg DSC_5611.jpg

浜名湖佐久米駅を過ぎてからは国道362号からしばらくお別れをして猪鼻瀬戸方面へと半島を南下します。この辺の車道は車通りも少なく自転車で走りやすい道でした。






浜名湖佐久米駅

|
(2009:10:13 12:18:47, NIKON D300, F9.0, 1/640, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5596.jpg DSC_5594.jpg DSC_5592.jpg

天竜浜名湖鉄道の浜名湖佐久米駅に到着です。喫茶店を併設した戸建ての駅舎に何だかよく分からない生き物をモチーフにしたトイレ、そして奥浜名自然歩道の解説がありました。






内浦湾の遊歩道

|
(2009:10:13 10:07:54, NIKON D300, F9.0, 1/800, 0, ISO:200, 19.0 mm(換算28 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_5440.jpg DSC_5437.jpg DSC_5438.jpg DSC_5429.jpg DSC_5442.jpg

浜名湖の県道320号付近の遊歩道は、近くに浜名湖舘山寺美術博物館があることもあり、モニュメントが設置されていい雰囲気になっていました。






|<< 前へ;  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11   >>|

カテゴリ