兵庫県の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

甲山の頂上で記念撮影をしてる3人組を…

|
(2012:04:08 14:28:10, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 35.0 mm(換算35 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


甲山の頂上で記念撮影をしてる3人組を発見。



二等三角点 甲山

|
(2012:04:08 14:37:07, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


二等三角点 甲山

北緯34度46分29秒7679
東経135度19分46秒3782
標高309.21メートル
設置年 明治34年(1901年)

ここに設置されている標石は「三角点」です。
「三角点」は、地球上の正確な位置(緯度・経度)が求められており、地図を作ったり道路や橋を建設するときの測量に使う大切なものです。
このような三角点は、日本全国の山の山頂など、見晴らしのよい場所にたくさん設置されています。
三角点を大切にしましょう。

平成20年1月1日

国土交通省国土地理院近畿地方測量部
(社)兵庫県測量設計業協会

6月3日は「測量の日」



甲山山頂を後にして下山です。 どの方…

|
(2012:04:08 14:42:00, NIKON D800, F8.0, 1/125, 0, ISO:200, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


甲山山頂を後にして下山です。
どの方向に降りようか悩んだのですが、甲山自然の家経由で甲陽園、そして再び夙川沿いに阪急夙川駅まで戻って帰ることにしました・・・(が、結局そうならずにさらに変な方向へ進むことになってしまいました)



頼朝之塚

|
(2012:04:08 14:43:45, NIKON D800, F8.0, 1/125, -1, ISO:1000, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


源頼朝関連の塚がありました。



嫌になるくらい花崗岩質の登山道です。…

|
(2012:04:08 14:45:19, NIKON D800, F8.0, 1/160, 0, ISO:100, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


嫌になるくらい花崗岩質の登山道です。一見すると粗い砂のような感じですが、細かい粒子もあるためジャケットを落としたら真っ白になりますし、カメラを地面に置いたらレンズなどに入り込んでズームなどをするときにゴリゴリするようになってしまいます。



甲山山頂から15分。甲山自然の家に到…

|
(2012:04:08 14:50:14, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:100, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


甲山山頂から15分。甲山自然の家に到着です。ここまで車で来れるようで駐車場がありました。



奥のコンクリートの建物が甲山自然の家…

|
(2012:04:08 14:51:05, NIKON D800, F8.0, 1/320, 0, ISO:100, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


奥のコンクリートの建物が甲山自然の家(甲山青年の家)、手前の木造ガラス張りの建物が甲山自然学習館です。



甲山のなりたち

|
(2012:04:08 14:51:21, NIKON D800, F8.0, 1/160, 0, ISO:100, 22.0 mm(換算22 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


甲山のなりたち

およそ約2億数千万年ほど前の古生代、阪神間は海でした。
六甲山の姿はまったくありませんでした。

1.約8000万年前~6000万年前
六甲花崗岩が上昇し始める
この時代にはまだ「人」はいません。「恐竜」が生きていた時代です。

2.約1200万年前
甲山が噴火する
1200万年前、六甲花崗岩を貫いてマグマが噴出しました。吹き出したマグマが六甲安山岩です。その後長い年限を経て、雨水に削り取られ、今の山の姿となりました。甲山自然の家前にあるある岩石は、六甲花崗岩と甲山安山岩のくっついたもので、甲山誕生の過程を示す貴重なものです。

3.約1000万年前~500万年前
雨や風が岩を削っていく

4.約300万年前
甲山は海の中
今からおよそ300万年ほど前、甲山一帯がゆっくりと沈み始めました。そして、周囲の山々からたくさんの土砂や泥が流れこみ堆積していきました。甲山にはこのときにできた小石のチャート礫層(大阪層群)が、仁川広河原付近には海成粘土層が見られます。約30万年ほど前から地殻変動がおこり、押し上げられて現在の高さになったようです。



捕獲岩の標本

|
(2012:04:08 14:51:33, NIKON D800, F8.0, 1/200, 0, ISO:100, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


捕獲岩の標本

甲山を作ったマグマは、近く深くから花崗岩の割れ目をつき破って上昇し、吹き出して固まっていった。マグマが花崗岩の中を上昇するとき、周りの花崗岩を取り込んで上昇している。このようにして取り込まれた岩石を、捕獲岩とよんでいる。

「ふるさと西宮の自然」(発行 西宮自然保護協会)より抜粋



甲山自然学習館

|
(2012:04:08 14:54:47, NIKON D800, F8.0, 1/125, 0, ISO:2500, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


内部にはところ狭しとパネルや写真、水槽、触れる標本や図鑑などの書籍コーナーなどが置かれていました。



甲山自然の家の裏手は景色が開けていま…

|
(2012:04:08 14:56:49, NIKON D800, F8.0, 1/250, 0, ISO:100, 35.0 mm(換算35 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


甲山自然の家の裏手は景色が開けていました。望遠レンズではないので分からないですが、遠く箕面の方まではっきり見えました。



甲山湿原観察園

|
(2012:04:08 14:59:51, NIKON D800, F8.0, 1/125, 0, ISO:125, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


甲山湿原に到着です。湿原周りはイノシシの侵入を防ぐために柵が作られています。



甲山湿原観察園

|
(2012:04:08 15:00:30, NIKON D800, F8.0, 1/125, 0, ISO:100, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


甲山湿原のうち、人が入れる場所は数十メートル四方。たったこれだけの狭いエリアです。



甲山湿原

|
(2012:04:08 15:00:53, NIKON D800, F8.0, 1/125, 0, ISO:180, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


甲山湿原

甲山湿原は六甲山系の東の端にある甲山(309.4メートル)の斜面にあり、不透水層(水が染み込みにくい地層)の上に出来た湿原です。かつて六甲山系にはこうした湿原が多くありましたが、今では産地の整備と開発などによって少なくなっています。この甲山湿原は南阪神間では最大規模の、とても機長な湿原です。現在、西宮市の天然記念物(昭和49年度指定)、生物保護地区として、手入れをしながら大切に守っています。


湿原が現れるまでの移り変わり
1.アカマツ林の時代
2.土砂崩れによる表土の流出
3.不透水層の露出・湿原の成立


湿原の花暦
ショウジョウバカマ 3~5月
イシモチソウ 5~6月
ノハナショウブ 5~7月
カキラン 6~7月
モウセンゴケ 6~8月
サギソウ 8月
ミミカキグサ 8~10月
ミズギボウシ 8~10月
サワヒヨドリ 8~10月
ウメバチソウ 9~10月
キセルアザミ 9~10月
スイラン 9~10月


甲山湿原観察園

甲山周辺には、現在大小あわせて5ヶ所の湿原がありますが、植物や昆虫などの生き物を保護する生物保護地区となっているため湿原の中に入って観察する事はできません。
そこで、市民が自由に観察したり、環境学習に使えるよう「甲山湿原観察園」を造り、公開しています。


パネル制作:特定非営利活動法人こども環境活動支援協会(LEAF)

西宮市・全労済環境活動助成事業



甲山湿原観察園にはショウジョウバカマ…

|
(2012:04:08 15:03:03, NIKON D800, F8.0, 1/125, 0, ISO:720, 35.0 mm(換算35 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


甲山湿原観察園にはショウジョウバカマが1輪咲いているのみでした。



甲山湿原観察園から少し下って仁川に出…

|
(2012:04:08 15:06:15, NIKON D800, F8.0, 1/250, 0, ISO:100, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


甲山湿原観察園から少し下って仁川に出ました。少し濁りがある水です。甲山自然学習館にあった水槽によると、仁川にはアカムツやドンコなどの魚がいるそうです。



バードウォッチングをしているおばちゃ…

|
(2012:04:08 15:07:03, NIKON D800, F8.0, 1/125, 0, ISO:140, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


バードウォッチングをしているおばちゃんを発見。鳥に夢中で橋を塞いだままどきそうもなかったので声を掛けて通らせてもらいました。ふぅ。



道路沿いの沢に洗車禁止の看板がありま…

|
(2012:04:08 15:09:45, NIKON D800, F8.0, 1/125, 0, ISO:280, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


道路沿いの沢に洗車禁止の看板がありました。こんな山の中で洗車?!と思いますが、やっている人がいたからこんな看板が立てられたのでしょう。何を考えているのでしょ。

警告!
危険につき、この場所で水を採取し、周辺又は、道路肩で洗車することを禁止する。
西宮市・管理者



道路沿いにトイレを発見。ここにも洗車…

|
(2012:04:08 15:09:55, NIKON D800, F8.0, 1/160, 0, ISO:100, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


道路沿いにトイレを発見。ここにも洗車禁止の表示がありました。

警告!
便所の手洗水を洗車目的で使用することを禁止する。
西宮市公園管理者



トイレの脇から仁川の河川敷に降りまし…

|
(2012:04:08 15:10:52, NIKON D800, F8.0, 1/250, 0, ISO:100, 17.0 mm(換算17 mm), AF-S Nikkor 17-35mm F2.8D, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


トイレの脇から仁川の河川敷に降りました。この付近は「仁川ピクニックセンター」と呼ばれている公園エリアです。



 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21   >>|

カテゴリ