の記事


中ノ峠のすぐ手前にある峠池。

|   
(2012:02:09 08:33:29, NIKON D300, F8.0, 1/60, 0, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位, 月齢:16.8, 中潮)
カテゴリ: 201202阪南・海南   大阪湾  

中ノ峠のすぐ手前にある峠池。


今日は強い風がずっと吹いていました。お…

|   
(2015:06:18 11:38:57, NIKON D810, F8.0, 1/250, -1/2, ISO:80, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.5, 中潮)

今日は強い風がずっと吹いていました。お陰で水面がゆらゆら。


小さな上池。。その岸辺を見てみると・・…

|   
(2015:06:18 15:12:02, NIKON D810, F8.0, 1/200, 0, ISO:2000, 14 mm, AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.5, 中潮)

小さな上池。。その岸辺を見てみると・・・


無数に黒いのが。

|   
(2015:06:18 15:30:34, NIKON D810, F8.0, 1/200, 0, ISO:1800, 70 mm, AF-S Nikkor 70-200mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.5, 中潮)

無数に黒いのが。


全部ウシガエルのおたまじゃくしでした。…

|   
(2015:06:18 15:31:42, NIKON D810, F8.0, 1/250, 0, ISO:3600, 200 mm, AF-S Nikkor 70-200mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.5, 中潮)

全部ウシガエルのおたまじゃくしでした。中には足が生えているのも。


ここまで上桂駅から30分。山道脇に・・…

|   
(2018:07:11 08:59:24, SONY α7R II, F8.0, 1/125, ISO:1600, 24mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位, 月齢:27.3, 中潮, 29.8℃, 1002.3hPa, 61%)

ここまで上桂駅から30分。
山道脇に・・・


古井戸でしょうか?小さな池がありました…

|   
(2018:07:11 08:59:36, SONY α7R II, F8.0, 1/125, ISO:3200, 25mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位, 月齢:27.3, 中潮, 29.7℃, 1002.3hPa, 61%)

古井戸でしょうか?小さな池がありました。


池の真上には古くなったモリアオガエルの…

|   
(2018:07:11 08:59:50, SONY α7R II, F8.0, 1/125, ISO:2500, 69mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位, 月齢:27.3, 中潮, 29.7℃, 1002.3hPa, 61%)

池の真上には古くなったモリアオガエルの卵塊。


池の中にはオタマジャクシがいっぱいでし…

|   
(2018:07:11 09:00:14, SONY α7R II, F8.0, 1/125, ISO:12800, 70mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位, 月齢:27.3, 中潮, 29.7℃, 1002.3hPa, 61%)

池の中にはオタマジャクシがいっぱいでした。


龍神池は小さな池でカエルがたくさんいま…

|   
(2018:10:02 09:50:51, SONY α7R II, F8.0, 1/125, ISO:400, 25mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位, 月齢:22.4, 小潮, 23.7℃, 986.9hPa, 52%)

龍神池は小さな池でカエルがたくさんいました。あまり人が来ないようで途中はクモの巣だらけ。
ここまで登山道から5分弱でした。


龍神の池

|   
(2018:10:02 09:51:39, SONY α7R II, F8.0, 1/125, ISO:320, 52mm, 24-70mm F2.8(SEL2470GM), 撮影地, 潮位, 月齢:22.4, 小潮, 23.6℃, 986.5hPa, 54%)

龍神の池

円明寺村は水利が悪く水に苦しんでいました。少しでも日照りが続くと田んぼは干上がり、まさに生活をかけたものでした。
村人が苦しんでいるのを見かねて池に龍神が降り立ちました。竜王神社の社も建てられ村の守護神として信仰を集めました。雨乞いは「雨たまえ、雨たまえ」と夜明けまで続きました。
その後江戸末期に社は小倉神社の境内に移され、雨乞いの風習は昭和10年ごろまで続きました。

大山崎ふるさとガイドの会



アクセス順位



  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com