富士見広場の記事


|<< 前へ;  1  次へ >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

ここが元は富士見広場だった場所のよう…

|
(2010:09:18 09:14:55, NIKON D300, F7.1, 1/200, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


ここが元は富士見広場だった場所のようです。富士見トンネル完成記念の石碑がありました。元は大きな広場だったようですが、石碑に書かれているように施設の充実(公民館や消防団の建物建設)などを行った結果、広場が狭くなって公民館の裏手にグラウンドが残るのみになっているようです。



昭和49年2月8日、この日はわが内浦…

|
(2010:09:18 09:15:11, NIKON D300, F6.3, 1/160, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


昭和49年2月8日、この日はわが内浦長浜区民にとって誠に忘れることの出来ない記念すべき日となった。それは待望久しかった富士見トンネル工事の完成の日であり、また、それまで当区の山裾を延る県道(沼津-土肥線)に虜接して迫っていた長浜海岸の実に水深11メートルの線までをそのトンネル工事排土約6万8000立方メートルをもって総面積1万3945平方メートル(約4000坪)埋め立てした工事も同時に完成した日であった。大正9年開通の不ニ見トンネルの代替として1日も早き新しいトンネル開削工事の実現が内浦地区前住民のみならず、この剣道利用者の全てからどれほど強く待ち望まれていたか計り知れないものがあっただけに、昭和44年7月第18代沼津試聴に就任した重須出身の原精一氏を始め県議会議員小池政太郎氏、同じく青木昇平氏を中心に山口萬次郎、当区長始め各役員ら結集して精力的に関係機関に陳情を続け就中衆議院議員元建設大臣遠藤三郎先生(故人)また参議院議員元建設省技監古賀雷四郎先生の絶大なる理解と協力それに竹山祐太郎静岡県知事の決断と相まってついに昭和47年8月23日その名も富士見トンネルとして着工されたのであった。
トンネル工事及び関連総工費2億円、長浜海岸埋め立て及び整備総工費4億5600万円、一地点事業に合計6億5600万円の巨費を投じ、しかも着工後わずか1年半足らずの短期間に見事にこの事業が完成したことは用地や漁業拉問題等について長浜区民の積極的協力があったこととまた前記各位の格別なるご配慮と静岡県出先機関の尽力によるものであって関係者に対し深甚なる謝意を表する次第である。
長浜埋立地はこれまで狭益なる地域をかこってきた区民のためにいわば大きな天手の恵みとして利用されることになったが、その中で特に区民の誇りとするものに「富士見広場」(面積3960平方メートル・約1200坪)の建設がある。約6750万円をかけて建設したこの区有の広場をわれわれは今後力を合わせて施設の充実を計り潮風に耐える樹木や草花を増やし区民の憩いと団楽の中心の場としてこの天恵の楽園を保持していくことを誓うものである。
富士見トンネルと長浜埋立地と、そして富士見広場の縁りを記して記念碑に刻す。

昭和50年3月5日
碑建設者 長浜区 区長 菊池保男
他役員一同

題字者 山口萬次郎

埋立建設委員
山口萬次郎
菊池吉治
菊池保男
菊池伊三夫
大川恒次
児玉隆雄
大村功



長浜公民館

|
(2010:09:18 09:16:02, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 38.0 mm(換算57 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





|<< 前へ;  1  次へ >>|

カテゴリ