滑川市の記事


|<< 前へ;  1  2  3  4  5   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

滑川市のマンホール

|
(2011:04:17 16:35:46, NIKON D300, F9.0, 1/125, -1, ISO:200, 32.0 mm(換算48 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





この付近は旧港でしょうか?テトラポッ…

|
(2011:04:17 16:37:42, NIKON D300, F9.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


この付近は旧港でしょうか?テトラポットの内側に堤防が残されていました。外側が多少荒れた今日のような日でも泳ぎやすそうなプールです。



延々とテトラポットが入っています。

|
(2011:04:17 16:41:06, NIKON D300, F9.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


延々とテトラポットが入っています。



HELL?!

|
(2011:04:17 16:43:15, NIKON D300, F8.0, 1/640, 0, ISO:320, 30.0 mm(換算45 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


「HELL ERI is SMILE」と書かれていると思いました。HELLとかひどいなぁ、なんて考えていたのですが、よく見たらHELLOでした。



荒波によって角が取れた大きな丸石を積…

|
(2011:04:17 16:46:36, NIKON D300, F8.0, 1/320, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


荒波によって角が取れた大きな丸石を積んだ塀に防潮/防風林の名残りだろう松の木。雰囲気的にこの地域の歴史的な造りが残った場所な気がしました。



この付近の家は窓の外側に木の棒が縦に…

|
(2011:04:17 16:50:29, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


この付近の家は窓の外側に木の棒が縦にたくさん並べられた雨戸?が見られました。



道路沿いに昔懐かしの手押しポンプの井…

|
(2011:04:17 16:52:11, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


道路沿いに昔懐かしの手押しポンプの井戸を発見しました。



ポンプを動かそうと思ったのですが、、…

|
(2011:04:17 16:52:16, NIKON D300, F8.0, 1/50, 0, ISO:320, 31.0 mm(換算46 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


ポンプを動かそうと思ったのですが、、、よく見ると壊れていて利用できない状態でした。



この一角だけ防潮壁にポップな絵が描か…

|
(2011:04:17 16:55:42, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


この一角だけ防潮壁にポップな絵が描かれていました。名前など書かれてなかったので誰が描いたのかなどは不明です。



史跡 立山、大岩道しるべ

|
(2011:04:17 16:56:48, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





史跡 立山、大岩道しるべ

|
(2011:04:17 16:56:53, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


史跡 立山、大岩道しるべ

 山岳信仰は、奈良・平安時代から僧侶や修験者たちによって、そのもとがきずかれた。
 江戸時代には、一般庶民の信仰登山も認められ、立山、大岩の登拝者は、地元はもとより、陸奥、出羽根、越後をはじめ全国より集まったが、この道しるべは、そのための道案内であった。もとは、この近くにあった旧北陸道からの分岐点にたっていたものである。
 この大岩道しるべは、文化8年(1811年)のものであるが、このほか加積雪嶋神社東側路地にも、2基の道しるべがある。

平成13年3月、滑川市指定文化財となっている。

滑川市教育委員会



この通りには趣きのある建物が多くあり…

|
(2011:04:17 16:59:05, NIKON D300, F8.0, 1/125, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


この通りには趣きのある建物が多くありました。



瀬羽町と信仰の道

|
(2011:04:17 17:00:34, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





瀬羽町と信仰の道

|
(2011:04:17 17:00:41, NIKON D300, F8.0, 1/320, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


なめりかわ宿場回廊9

瀬羽町と信仰の道

 天和3年(1683年)狭町から現在の瀬羽町と改めました。もともと街並みが海沿いにあったため被害を受け、寛永6年(1629年)山側に移転しました。橋場から道路が鈎形に曲がっているのはそのためです。
 滑川は橋場を中心とした宿場町で、東側には大町を中心とした官庁街と、商家の集まりの瀬羽町(狭町)とで構成され、文化10年(1813年)町には251軒の商売屋がありました。
 瀬羽町には江戸時代後期に味噌・醤油の醸造を始めた神田屋(城戸家・国指定重要建造物)のほか、酒醸造業の宮崎家などが今も古い佇まいを見せています。
 養照寺は脇本陣として加賀藩主のお休みどころでした。山王町に住む堂宮大工岩城庄之丈(1843年~1928年)は寺社建築に多くの傑作を残していますが、養照寺、加積雪嶋神社神輿もその1つです。
 町外れには街道から立山へと続く登拝道があり、道しるべが残されています。

滑川市



こちらには古い商店の看板。電話144…

|
(2011:04:17 17:01:07, NIKON D300, F8.0, 1/125, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


こちらには古い商店の看板。電話144番。出ました。また3桁の電話番号発見です(前回は岡山旅行の際に発見)。

履物
問屋
高木商店
電話144番



履物 問屋 高木商店 電話144番

|
(2011:04:17 17:01:09, NIKON D300, F8.0, 1/60, 0, ISO:320, 62.0 mm(換算93 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


履物
問屋
高木商店
電話144番



滑川市のマンホール

|
(2011:04:17 17:02:15, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:320, 85.0 mm(換算127 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


汚水の蓋です。真ん中にウインクしたホタルイカが描かれていました。



橋場

|
(2011:04:17 17:02:45, NIKON D300, F8.0, 1/320, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





橋場

|
(2011:04:17 17:02:51, NIKON D300, F8.0, 1/400, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


なめりかわ宿場回廊8

橋場

 滑川旧町部を貫いて、海岸線に沿って南西から北東に延びる北国街道の中心部を流れる中川河口で町の東西を結ぶ橋の左岸を橋場という。
 藩政時代、河口は船着き場で加賀藩の年貢米が積み出しされ、中新川郡の物資の集散地として賑わった。周辺は、藩の高札場、旅籠、商家が軒を並べ、荷車や旅人、日用品を買い求める人で往来が絶えなかった。
 明治期には、中新川郡役所、警察などが置かれ行政の中心として、また周辺は中新川郡髄一の繁華街として賑わった。
 橋場に残る旅籠「嶋屋」は、安政6年(1859年)ごろは売薬商売や紅粉商売を営んでいた。建物は当時の面影を今に留めている。
 中川右岸には、堂営大工の岩城庄之丈が建てた廣野家(国登録建造物)が数寄屋造りの優美な姿を川面に映している。

滑川市



橋場

|
(2011:04:17 17:03:03, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





|<< 前へ;  1  2  3  4  5   >>|

カテゴリ