2012年の記事


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

ダイバーの皆さまへ ここでダイビング…

|
(2012:01:05 12:51:34, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 85.0 mm(換算127 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


ダイバーの皆さまへ

ここでダイビングされる方は、必ず真鶴潜水利用者会(琴ヶ浜ダイビングセンター 68-5814)に受付して下さい。

潜水区域は右図のとおりです。
潜水時間は午前8:00から午後3:00までです。
違法駐車は通報します。
キャンプは禁止します。
魚介類は絶対にとらないでください。(違反者は県規制により罰せられます)
ゴミは持ち帰りましょう。
違反者を見たら注意をうながしましょう。応じない場合は、真鶴潜水利用者会 68-5814まで。

真鶴町漁業協同組合
真鶴潜水利用者会
小田原警察署
真鶴町



この付近がダイビングエリアになってい…

|
(2012:01:05 12:51:48, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


この付近がダイビングエリアになっているようでした。



網を持ってガサガサしている人がいまし…

|
(2012:01:05 12:53:13, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


網を持ってガサガサしている人がいました。
バケツを覗くと、小魚、エビ、アメフラシ、、、何でもかんでも捕っていました。何に使うのでしょう?



遊歩道の終端まで来ました。ここから先…

|
(2012:01:05 12:54:29, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


遊歩道の終端まで来ました。ここから先は山の中の道路を行きます。



ここに駐車場やトイレがありました。

|
(2012:01:05 12:55:09, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


ここに駐車場やトイレがありました。



今歩いてきた琴ヶ浜を振り返ってパチリ。

|
(2012:01:05 12:56:07, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


今歩いてきた琴ヶ浜を振り返ってパチリ。



大きなクスノキが生えた道路を真鶴半島…

|
(2012:01:05 12:58:26, NIKON D300, F8.0, 1/40, -5/3, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


大きなクスノキが生えた道路を真鶴半島の先端に向って進みます。



途中、苔むした社がありました。

|
(2012:01:05 13:04:38, NIKON D300, F8.0, 1/15, -7/3, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


途中、苔むした社がありました。



本殿自体は新しいですが、ほかは古そう…

|
(2012:01:05 13:05:11, NIKON D300, F8.0, 1/10, -2, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


本殿自体は新しいですが、ほかは古そうです。



山の神社建替記念碑

|
(2012:01:05 13:06:30, NIKON D300, F8.0, 1/60, -1/3, ISO:200, 40.0 mm(換算60 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


山の神社建替記念碑

古くから魚つき保安林の守り神として漁業者が大漁祈願をしてきた山の神社であるが、平成18年1月には老地区かに加え台風による倒木で祠の屋根が破損したままであった。
この状況に心を痛めた有志が集まり本殿の建替えが計画され、また80余名からのご寄付及び真鶴町の協力を得て、ここに完成となった。

平成18年3月吉日



山神社修復記念碑

|
(2012:01:05 13:07:24, NIKON D300, F8.0, 1/60, -1/3, ISO:200, 40.0 mm(換算60 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


山神社修復記念碑

当町の主要産業の一つである石材採掘場として、ここでも石が伐り出され、また魚つき保安林として永くほぞんされているが、元文元年(1736年)奉納の燈籠にも刻まれているとおり、商売繁盛、大漁祈願等の信仰の場でもある。今回、露大勇太郎氏の遺志により、笠原律子、前田サト、高橋義雄、青木清治、青木タエ、三木隆、原小作の各氏、また、貴船神社、真鶴町漁業協同組合、貴船神社山神講、(有)青木東男石産、石共石材店、(株)鈴木組各社の厚意と、真鶴町の了解により、本殿の修復、参道の改良、鳥居の移転等の修復ができた。


昭和59年7月吉日



灯籠をよく見ると、セミの抜け殻がぶら…

|
(2012:01:05 13:07:48, NIKON D300, F8.0, 1/60, -1/3, ISO:200, 30.0 mm(換算45 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


灯籠をよく見ると、セミの抜け殻がぶら下がっていました。こんな時期まで残っているなんてすごすぎです。



このクスノキも大きいです。

|
(2012:01:05 13:10:05, NIKON D300, F8.0, 1/13, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


このクスノキも大きいです。



道沿いには数えきれないほど多くの巨木…

|
(2012:01:05 13:11:27, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


道沿いには数えきれないほど多くの巨木がありました。



森の中に駐車場がありました。

|
(2012:01:05 13:13:51, NIKON D300, F8.0, 1/25, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


森の中に駐車場がありました。



トイレも完備。

|
(2012:01:05 13:13:53, NIKON D300, F8.0, 1/125, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


トイレも完備。



駐車場から数百メートルで真鶴半島先端…

|
(2012:01:05 13:18:50, NIKON D300, F8.0, 1/80, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


駐車場から数百メートルで真鶴半島先端の三ツ石が見えてきました。ここから階段を一気に波打ち際まで降りて行きます。帰りのことを考えると憂鬱。



真鶴半島の三ツ石

|
(2012:01:05 13:18:54, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:200, 62.0 mm(換算93 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


笠島とも呼ばれているそうです。



この地点の標高は海抜15.0メートル…

|
(2012:01:05 13:20:21, NIKON D300, F8.0, 1/13, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


この地点の標高は海抜15.0メートルです
地震を感じたら津波に注意しましょう

神奈川県
真鶴町



真鶴半島に生息するウメボシイソギンチャク

|
(2012:01:05 13:20:29, NIKON D300, F8.0, 1/15, -2/3, ISO:200, 25.0 mm(換算37 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


神奈川県指定天然記念物

真鶴半島に生息するウメボシイソギンチャク

昭和54年2月16日指定

岩浜の潮間帯上部に生息するウメボシイソギンチャクは、南は九州沿岸まで、北は太平洋側では茨城県沿岸、日本海側では北海道沿岸まで分布しています。
体の大きさは、十分に成長すると高さが6センチ、口盤の直径は4センチぐらいになります。体の色は濃紅色、触手の色は鮮紅色で、大変美しいイソギンチャクです。干潮時には岩陰などで丸く縮み、その色や形が「しそ漬けの梅干し」を連想させることから、この名があります。
関東大震災以前には相模湾の岩礁のいたる所に見られましたが、震災によって海岸が隆起した結果ほとんどが死滅し、一部の海岸だけに残ったと言われています。
真鶴半島の海岸にはとくに個体数が多く、県内髄一の生育地として動物分布の上からも重要であるので、本種をサンゴイソギンチャクとともに半島海岸の豊かな自然を示す一つの指標として県の天然記念物に指定し、保護をはかるものです。

注意

真鶴半島においてウメボシイソギンチャクを許可無く採取することは固く禁止されています。
岩礁に生息する他の小動物も観察だけにとどめて、採取することをやめましょう。

平成9年3月31日
神奈川県教育委員会



 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18   >>|

カテゴリ