成ヶ島の記事


|<< 前へ;  1  2  3  4  5   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

2分ほどで成ヶ島に到着です。速すぎ。…

|
(2011:12:11 08:23:17, NIKON D3100, F9.0, 1/400, 0, ISO:200, 19.0 mm(換算28 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


2分ほどで成ヶ島に到着です。速すぎ。淡路島へ帰るのは釣り人でした。クーラーなどを船に積む間、船長さんは手で船が離れないように係留。普通の定期船ではありえない光景でした。



瀬戸内海国立公園成ヶ島へようこそ! …

|
(2011:12:11 08:23:27, NIKON D3100, F9.0, 1/400, 0, ISO:200, 24.0 mm(換算36 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


瀬戸内海国立公園成ヶ島へようこそ!

環境省


成ヶ島では利用者の安全対策上、夜間の利用や、宿泊を伴うキャンプを禁止しております。

環境省近畿地方環境事務所
神戸自然保護官事務所
078-331-1146



成ヶ島まで乗せて来てくれた渡船が出航…

|
(2011:12:11 08:23:37, NIKON D3100, F9.0, 1/400, 0, ISO:200, 34.0 mm(換算51 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


成ヶ島まで乗せて来てくれた渡船が出航です。
ちなみに帰りは、帰りたいときに電話をしてくれということでした。電話があり次第こちらまで迎えに来てくれるというシステム。オフシーズンだからでしょうが臨機応変すぎでした。



成山毘沙門天

|
(2011:12:11 08:23:45, NIKON D3100, F9.0, 1/320, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


定期船を降りてすぐの場所に毘沙門天がありました。



毘沙門天堂改築記念碑

|
(2011:12:11 08:23:58, NIKON D3100, F9.0, 1/200, 0, ISO:200, 62.0 mm(換算93 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


毘沙門天堂改築記念碑

今井宇三郎 選
平野安夫 書

伝へ聞く、文政5年(1822年)の春、この浦の海岸に漂着せし毘沙門天を由良の漁師平三郎なる者拾い上げて成山南麓のこの地に御堂を建てて安置し祀りしものなりと。●来160年余年、その間、木造の御堂なれば度々修繕改築のことありしなるべし。近くは昭和25年、多年の風雨に曝され度々の台風禍により、御堂は言うに及ばず、もったいなくも御本尊に至るまで大破し、修繕不可能の状態となりて近年に及べり。今春、役員有志相集まり改築寄進のことを決議し、発起人、世話人、一丸となりて寄進のことに奔走せり●来7ヶ月を経て秋11月に至り、予想以上の御賛同を得て立派に改築の業を了へたり。●に改めて御堂の地鎮祭を行い御本尊を高野山より招請して、落慶の法要を営むに至る。是れ偏に由良の漁業に従事せる方々及び有志、約300名の信仰心の賜物にして、故人平三郎の志を継ぐものなり。●に改築に至りし次第を記し永々後世に伝えんことを希うものなり。

昭和62年(1987年)丁卯11月吉日
発起人世話人一同
右代表 樫本寛



成山毘沙門天

|
(2011:12:11 08:24:06, NIKON D3100, F9.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





コンクリートで固められた由良大橋側を…

|
(2011:12:11 08:26:01, NIKON D3100, F9.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


コンクリートで固められた由良大橋側を歩いて行きます。こちらから成山の山頂へ登れるようです。



コンクリート舗装された道路を成山山頂…

|
(2011:12:11 08:30:46, NIKON D3100, F6.3, 1/20, 0, ISO:800, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


コンクリート舗装された道路を成山山頂に向って歩いています。すると道端にあるものを発見しました。



小さな鳥の巣でした。

|
(2011:12:11 08:30:55, NIKON D3100, F6.3, 1/13, 0, ISO:800, 85.0 mm(換算127 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


小さな鳥の巣でした。



成山の山頂に到着。広い芝生広場になっ…

|
(2011:12:11 08:34:16, NIKON D3100, F9.0, 1/320, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


成山の山頂に到着。広い芝生広場になっていました。



屋根付きの休憩所もあり。

|
(2011:12:11 08:35:09, NIKON D3100, F10.0, 1/320, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


屋根付きの休憩所もあり。



成山からの風景概要

|
(2011:12:11 08:35:24, NIKON D3100, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


成山からの風景概要

瀬戸内海の「瀬戸」という言葉は、狭い門という意味の「狭門」の変化したものとの説があります。陸地と陸地の間に海が挟まれた海峡という意味です。
瀬戸内海国立公園は、静かな海面、点在する多くの島々、白砂青松の浜、段々畑など自然と人間の営みが一体となった多島海景観として、昭和9年にわが国最初の国立公園として誕生しました。
ここ成ヶ島と、目の前に浮かぶ友ヶ島、その向こうに横たわる加太の間にも、3つの瀬戸が形成されています。成ヶ島と友ヶ島の間にある由良瀬戸では、速いときで時速6.5kmの潮流が観測されます。
下の海図のとおり、最も深い由良瀬戸は深さ197メートルありますが、加太瀬戸は65メートル、中ノ瀬戸は118メートルです。このことから、海面が低かった大昔、加太と友ヶ島は陸続きであったと考えられます。

環境省



海の向こうに友ヶ島が見えます。

|
(2011:12:11 08:35:32, NIKON D3100, F7.1, 1/200, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


海の向こうに友ヶ島が見えます。



成山山頂の一番南側に展望エリアがあり…

|
(2011:12:11 08:36:16, NIKON D3100, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


成山山頂の一番南側に展望エリアがありました。



成ヶ島の地形概要

|
(2011:12:11 08:36:27, NIKON D3100, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


成ヶ島の地形概要

成ヶ島は、紀淡海峡に面した淡路島本島の沖合約1kmに位置し、南北に約2.5kmの細長い形状をしています。現在地である北端の成山(49.2メートル)と南端の小丘高崎(17.9メートル)との間は標高約2~3メートルの陸繋砂州(トンボロ)で結ばれています。これは、淡路島本島の南側に続く灘海岸から沿岸流により砂礫の供給を受けて形成されたもので、このように大規模な陸繋砂州は非常に珍しいものです。
成ヶ島は過去に淡路島本島と陸続きになっていましたが、後の時代になり人工的に北の新川口を成山と淡路島本島の間に開くことで、天然の良港として洲本市由良地区が栄えてきました。

環境省



紀淡海峡
六本松台場跡
高崎砲台跡
今川口
大阪砲兵工廠由良試験場跡
生石山砲台跡



嫌になるほどの逆光でしたが、成ヶ島が…

|
(2011:12:11 08:37:02, NIKON D3100, F8.0, 1/250, -2/3, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


嫌になるほどの逆光でしたが、成ヶ島がよく見渡せました。



成山砲台の観測所跡

|
(2011:12:11 08:37:27, NIKON D3100, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


コンクリートで丸く固められた成山砲台の観測所跡です。



成山から見た成ヶ島の全景

|
(2011:12:11 08:38:21, NIKON D3100, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 31.0 mm(換算46 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


なにこの島?と言いたくなるぐらい細長い島です。



成山と周辺の歴史概要

|
(2011:12:11 08:39:10, NIKON D3100, F7.1, 1/200, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


成山と周辺の歴史概要

慶長18年(1613年)、姫路城主池田輝政の三男池田忠雄は成山に由良城を築き、淡路国支配を行いました。その後、淡路は元和元年(1615年)に阿波藩領(蜂須賀家)となりますが、寛永8~12年(1631~1635年)に城郭を洲本へ移城(由良引け)するまで、由良の地は淡路の中心として維持されました。
幕末になると由良には異国船警備のために高崎台場や六本松台場が築かれ再び軍事施設が置かれました。さらに、紀淡海峡を臨む由良の重要性は近代化を進める明治政府にも引き継がれ、成山や生石山・高崎(台場跡地を利用)に砲台が築かれ、海峡を封鎖する「由良要塞」が構築されました。日露戦争が開戦となった明治37年(1904年)、由良要塞に据えられた28糎榴弾砲が旅順(現在の大連)に送られ、旅順要塞陥落に役立った話は有名です。
公園の南端にある展望台は成山砲台に設置された観測所の跡です。中央の円形の場所で敵船に向って砲撃するための観測や指揮が行われました。周囲に厚くコンクリートが塗られているのがわかります。あmた、この公園の整備に伴う発掘調査が平成17年度に行われ、芝生広場への階段を降りた周辺に砲台跡が見つかっています。

由良地区の砲台・補助施設
・生石山砲台
・成山砲台
・高崎砲台
・由良演習砲台
・赤松山堡塁
・伊張山堡塁
・小佐毘弾薬本庫
・由良要塞司令部

環境省



看板に書かれていた芝生広場へ降りる階…

|
(2011:12:11 08:39:49, NIKON D3100, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


看板に書かれていた芝生広場へ降りる階段の下というのはこの辺りでしょうか?この付近に砲台跡があったのかな?
どうやら成山には猪が生息しているようで、芝生がほじくり返されていました。



|<< 前へ;  1  2  3  4  5   >>|

カテゴリ