MusicBox EQIIの記事


|<< 前へ;  1  2   >>|
  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

地面を入れてオリオン座を撮ってみまし…

|
(2011:09:16 02:37:25, NIKON D300, F3.5, 15, 0, ISO:1000, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6)


地面を入れてオリオン座を撮ってみました。15秒露出だから赤道儀がなくてもいいレベル。



今回の旅の目的の2つ目はポータブル赤…

|
(2011:09:16 02:47:02, NIKON D300, F5.6, 62, 0, ISO:400, 85.0 mm(換算127 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6)


今回の旅の目的の2つ目はポータブル赤道儀のテスト。電池を使わないゼンマイ式のMusicBoxEQ IIの初利用です。

こちらはオリオン座の3つ星とオリオン大星雲M42。35mm換算画角で127mm、62秒露出。それだけ開けて星を流れずに撮影できました。
ピンぼけだったりするけどその辺りは気にしない方向で。どのみち性能の悪いレンズだし、充電器を持ってきていない旅行中なのでバッテリー節約のためにも試行錯誤はほとんどしないで撮影していました。



これが昨夜活躍した赤道儀のMusic…

|
(2011:09:16 07:15:01, NIKON D300, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 85.0 mm(換算127 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


これが昨夜活躍した赤道儀のMusicBoxEQ II。

通常の赤道儀は手動で動かすか、モーター&電源で自動で動かします。この赤道儀は、モーターの代わりにゼンマイ式のオルゴールを搭載。その回転力を使ってカメラを動かします。そのため電源不要!歩き旅でもこれなら使えるかな?と思い購入しました。値段は1万9800円。安っ。

昨夜が初利用だったのですが、いきなり部品紛失です。簡易的に緯度を見るための部品がなくなってしまいました。まぁ北極星が見える場所でしか使わない予定のため必要度ゼロの部品なので気にしないことにします。



昨夜はこんな感じで砂場に三脚を拡げて…

|
(2011:09:16 07:15:16, NIKON D300, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 35.0 mm(換算52 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


昨夜はこんな感じで砂場に三脚を拡げて撮影していました。

MusicBoxEQ IIを一晩使った印象、、、
・ゼンマイが硬いので巻くときに極軸がずれないかな?と思ったが、案外ずれない
・北極星の導入は慣れれば簡単だけど、やっぱり面倒。レーザーポインターでも装備した方がいいかな?
・カメラの固定は自由雲台&クイックシューが必須。極軸チェックのときなどカメラを外せるので、特に一眼レフで使うときには便利。
・片付け終わってもいつまでもオルゴールが鳴っていてうるさい
・オルゴールが今どれくらい動いていて、後どれくらい動くのかがわからない。きちんと時計を用意して測るか、プログラマブルレリーズを使ったほうがいいのかな?

まったく赤道儀とは関係はないけど、星の撮影には赤道儀のセッティングや利用よりも遙かにピント合わせが大変、、、このレンズで星を撮ったことはほとんどなかったけど、ほんとに出来が悪くてピントが合わせれなかったです。ズームしたらピント位置がどんどんずれますし。星の撮影に特化するならまともなレンズをセレクトしたほうがいいと思いました。



これがオルゴールを巻くつまみ。9回転…

|
(2011:09:16 07:15:33, NIKON D300, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 62.0 mm(換算93 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


これがオルゴールを巻くつまみ。9回転ぐらいできて7分程度オルゴールが鳴ります。曲はキラキラ星。さすがに恥ずかしいので、一度分解して音を鳴らす板を斜めにしました。高音だか低音だか半分だけ出ないので音は鳴りますが、きらきら星の原型を留めない音になっています。



久々に北極星まで出たのでMusicB…

|
(2011:09:24 20:44:49, NIKON D300, F5.0, 63, 0, ISO:1000, 38.0 mm(換算57 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


久々に北極星まで出たのでMusicBoxEQIIのテストです。アンドロメダ銀河を撮影。空が明るすぎてこれ以上露出すると真っ白になるのでここまで。残念。



0時を回って星が動いたのでもう一度M…

|
(2011:09:25 01:32:52, NIKON D300, F4.2, 30, 0, ISO:1600, 28.0 mm(換算42 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


0時を回って星が動いたのでもう一度MusicBox EQIIを出して赤道儀のテストです。とりあえず天の川。空が明るいので30秒露出に抑えました。



アンドロメダ銀河が天頂付近に来たので…

|
(2011:09:25 01:38:58, NIKON D300, F5.0, 163, 0, ISO:1000, 28.0 mm(換算42 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


アンドロメダ銀河が天頂付近に来たので再び狙ってみました。たった2カット試しただけですが、、、どうしても星像が流れてしまってダメでした。
レンズとカメラ本体で1.5kg程度。使っている雲台の問題もありそうですが、それ以上にMusicBox EQIIの対応は約2kg程度なのでちょっと重すぎて天頂を狙うのは難しいのかもしれません。



ようやく夜になったので琵琶湖旅行に引…

|
(2011:10:09 01:15:57, NIKON D300, F4.0, 30, 0, ISO:500, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


ようやく夜になったので琵琶湖旅行に引き続いてオルゴール赤道儀のMusicBoxEQIIのテスト撮影です。

満月が近くてものすごく空が明るいです。そしてものすごい夜露。レンズをヒーターやホッカイロで温めて露を避けるなんてことはしていないので、レンズ面を拭いてはシャッターを切り、の繰り返し。1分露出したらレンズ面が露で真っ白という劣悪環境での撮影になりました。

まずはオリオン座。奥に見える塔は昼間に見たNHKのアンテナ。



プレアデス星団。35mm換算画角18…

|
(2011:10:09 02:34:03, NIKON D300, F5.6, 62, 0, ISO:500, 122.0 mm(換算183 mm), 70.0-300.0 mm f/4.0-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


プレアデス星団。35mm換算画角180mmの60秒露出でもなんとか流れずに撮影できています。オルゴール赤道儀なかなかです。



中央左下寄りがM35、中央上がM37…

|
(2011:10:09 03:06:20, NIKON D300, F2.8, 63, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


中央左下寄りがM35、中央上がM37、その右側がM36かな?
若い番号のメシエ天体は適当にシャッター切っても結構写っているからいいのだけど、、、アンドロメダ銀河とかオリオン大星雲みたいにインパクトあるのが少ないのが難点。単に星が密集しているだけだもんなぁ。



オリオン座の三ツ星とオリオン大星雲。…

|
(2011:10:09 03:13:01, NIKON D300, F2.8, 58, 0, ISO:800, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


オリオン座の三ツ星とオリオン大星雲。三ツ星のうちの一番左側の星の周りにボヤッと馬頭星雲のおまけが写り込んでいたのにはビックリ。



香住浜海水浴場から見たカシオペア座。…

|
(2011:10:09 04:39:43, NIKON D300, F5.6, 65, 0, ISO:500, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


香住浜海水浴場から見たカシオペア座。ちょうど対岸?の赤い光の真上にW字にならんでいます。拡大すると一応アンドロメダ銀河も見えるけどさすがにこの広角だとぼやっと見えるのみです。



こちらが北斗七星。右側の山の上に立つ…

|
(2011:10:09 04:41:54, NIKON D300, F5.6, 30, 0, ISO:500, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


こちらが北斗七星。右側の山の上に立つように星が並んでいます。



ちょうどカシオペア座の北極星側に国際…

|
(2011:10:09 04:53:14, NIKON D300, F4.0, 30, 0, ISO:500, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


ちょうどカシオペア座の北極星側に国際宇宙ステーションが姿を見せました。



そして国際宇宙ステーションは東の空へ…

|
(2011:10:09 04:55:59, NIKON D300, F4.0, 30, 0, ISO:500, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


そして国際宇宙ステーションは東の空へと消えて行きました。

それにしても雲台を動かすのに手間取ってばかり、しかもピントは外れてるし、露出時間が短いから星もほとんど見えず、、、見事に失敗しました。



午前3時も回って空が暗くなってきたの…

|
(2011:10:10 03:11:52, NIKON D300, F5.0, 115, 0, ISO:640, 24.0 mm(換算36 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


午前3時も回って空が暗くなってきたので星野撮影開始です。最初はオリオン座やオリオン大星雲と冬の大三角形。いつ見ても本当に正三角形だよなぁ。
噂によると近々ベテルギウスが超新星爆発を起こす可能性があるらしいです。本当に爆発したらもうこの形が見えなくなるかもしれません。



こちらはアンドロメダ銀河。前回琵琶湖…

|
(2011:10:10 04:13:07, NIKON D300, F5.0, 83, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


こちらはアンドロメダ銀河。前回琵琶湖旅行で狙ったときは色々失敗していたけど今回はまぁまぁ。でも露出が足りないのが残念。これ以上シャッター開けると真っ白になってしまうからどうしようもないです。死蔵している光害除去フィルターの出番かな?



シリウスとそのすぐ下にあるM41を撮…

|
(2011:10:10 04:45:14, NIKON D300, F5.0, 66, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


シリウスとそのすぐ下にあるM41を撮ろうかなとしていたら、ちょうど流れ星が写り込んでいました。りゅう座流星群の極大が近いのでその流星かな?左隅にはM47も写っていました。
それにしてもぶれてるし、構図も微妙。せっかく流星が写ったのにもったいなかったなぁ。



もう一度シリウスとそのすぐ下のM41…

|
(2011:10:10 04:54:07, NIKON D300, F5.0, 55, 0, ISO:640, 60.0 mm(換算90 mm), Nikkor 60mm F2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


もう一度シリウスとそのすぐ下のM41。下に見えるのはトイレの屋根。そのすぐ向こう側に街灯があるので明るすぎです。

オルゴール赤道儀MusicBoxEQIIの使い方がなんとなくわかってきたので再びメモ。

・説明書にも書かれている通り、ゼンマイを巻いてから1分はシャッターを切らない。これは本当に守らないと写真がぶれます。30秒や15秒待つだけでは不足。できれば1分半とかもう少し長く待ちたいところ。

・カメラを取り付ける雲台は自由雲台&クイックシューがお薦め。クイックシューは極軸や撮影画像のチェック時、レンズ交換時などに気軽にカメラを取り外せるからです。ただし、クイックシューはガタがあるのはNGだから要注意。私が使っていた自由雲台は新品なのに少しガタがあったから、、、これから新しいのに換えないと。

・撮りたい方向にカメラが向けれないときは、本体を傾けて設置する。極軸があってさえすれば、MusicBoxEQIIの本体が真横を向いていても全然問題ないので、カメラが向けれないときは本体の向きを変えて極軸設定し直すだけで撮れるようになることが多いです。ただしバランスが不安定になるので、それなりにしっかりした三脚の利用が前提。


前回の琵琶湖旅行のときは天頂部の撮影が流れてしまって撮れなかったのですが、、、今回のテストでは天頂も問題なく撮れました。



|<< 前へ;  1  2   >>|

カテゴリ