原発10km圈内の記事


道路工事をする際に車線ごとに工事をする…

|   
(2011:03:29 15:28:45, NIKON D300, F9.0, 1/320, 0, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

道路工事をする際に車線ごとに工事をするからなのか、センターラインで地割れている場所が結構ありました。


知命寺交差点

|   
(2011:03:29 15:33:32, NIKON D300, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

電気があるようで、信号は光り、ガソリンスタンドには価格の電光表示、さらに信号の横にある電光掲示板には「km圏内」と写っていました。撮影時にはまったく気が付かなかったのですが、どのようなメッセージが流れていたのでしょう?


広島風、大阪風、東京風、果てはイタリア…

|   
(2011:03:29 15:41:30, NIKON D300, F10.0, 1/400, 0, ISO:200, 45 mm(換算67 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

広島風、大阪風、東京風、果てはイタリア風ドリアもんじゃまで、粉物ならなんでも任せろ!と言わんばかりの店がありました。

お好み焼き
鉄板焼き
ぽんぽこ


原田直之 生誕の地

|   
(2011:03:29 15:42:54, NIKON D300, F9.0, 1/320, 0, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

民謡歌手
原田直之 生誕の地
浪江町観光親善大使


目を合わせると懐いてそのままついてきて…

|   
(2011:03:29 15:45:38, NIKON D300, F9.0, 1/320, 0, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

目を合わせると懐いてそのままついてきてしまうので、できるだけ犬の方はみないように気をつけながら先へ。それでもしばらく追いかけられました。


浪江町のマンホール

|   
(2011:03:29 15:46:00, NIKON D300, F7.1, 1/200, -1/3, ISO:200, 34 mm(換算51 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  




原発の圏内には放たれた犬が多くいました…

|   
(2011:03:29 15:48:10, NIKON D300, F10.0, 1/400, -1/3, ISO:200, 68 mm(換算102 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

原発の圏内には放たれた犬が多くいました。夜になると犬と牛の鳴き声ばかりが聞こえます。この2匹は人懐っこく、2kmぐらいは自転車に付いて走っていました。


双葉町へ

|   
(2011:03:29 15:52:59, NIKON D300, F9.0, 1/320, -1/3, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  




ひび割れたアスファルト

|   
(2011:03:29 15:54:35, NIKON D300, F10.0, 1/400, -1/3, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  




地震により傾いた家

|   
(2011:03:29 15:58:29, NIKON D300, F10.0, 1/400, -1/3, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  




倒れたブロック塀が暖かかったのでしょう…

|   
(2011:03:29 15:58:32, NIKON D300, F8.0, 1/250, -1/3, ISO:200, 85 mm(換算127 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

倒れたブロック塀が暖かかったのでしょうか?猫が日向ぼっこをしていました。


国道6号に大きな段差がありました。震災…

|   
(2011:03:29 16:02:27, NIKON D300, F9.0, 1/320, -1/3, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

国道6号に大きな段差がありました。震災時この付近では道路工事が行われていたようです。「わ」ナンバーの工事車両などが路肩に停めてありました。返却できるのかな、、、
DVDなどのレンタルをしているTSUTAYAは震災者の延滞料や紛失時の買取を免除するそうです。各種レンタル業者も大変です。


段差を車が乗り越えやすくするために板が…

|   
(2011:03:29 16:07:12, NIKON D300, F9.0, 1/320, -1/3, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

段差を車が乗り越えやすくするために板が敷かれていましたが、何台も通るうちにぼろぼろになっていました。


原子力明るい未来のエネルギー

|   
(2011:03:29 16:10:14, NIKON D300, F10.0, 1/400, -1/3, ISO:200, 85 mm(換算127 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, ☆☆, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

、、、本当に何なんだろうという状態です。右側には放射線防護服を着た巡回の人がいます。20km圏内で自動車は多く見かけましたが、歩いている人を見たのはこの人と正門の受付の人のみでした。


双葉町のマンホール

|   
(2011:03:29 16:12:23, NIKON D300, F7.1, 1/200, -1/3, ISO:200, 26 mm(換算39 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

町の木のせんだんが描かれていました。


福島第一原子力発電所の上空撮影に向かっ…

|   
(2011:03:29 16:13:16, NIKON D300, F10.0, 1/400, -1/3, ISO:200, 85 mm(換算127 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

福島第一原子力発電所の上空撮影に向かっているのでしょうか?上空を一機の飛行機が通過していきました。原発から離れた地域ではヘリコプターをよく見かけましたが、原発周辺ではこのような飛行機がよく飛んでいました。


ゴーストタウンと化した双葉町では公共放…

|   
(2011:03:29 16:14:08, NIKON D300, F9.0, 1/320, -1/3, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

ゴーストタウンと化した双葉町では公共放送のテープが流れていました。「今日一日どうでしたか?」「そろそろ家に帰りましょう」、、、
そして夜は余震と犬の鳴き声。揺れがあった直後にたくさんの犬が一斉に吠えていました。


液状化したガソリンスタンド

|   
(2011:03:29 16:15:02, NIKON D300, F9.0, 1/320, -1/3, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

地震によりガソリンスタンドが液状化して泥が噴出、段差ができていました。


水がありません

|   
(2011:03:29 16:27:04, NIKON D300, F6.3, 1/160, -1/3, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

この付近は水道・電気は当然復旧していません。しかも運んできていた水の在庫尽き、、、しようがないのでここの用水路の水を利用しました。原発から約3km。ちょっと放射性物質は多そうですが、たったの1リットルのみ。継続して飲むわけでもないから別にいいかな?ということで。内部被曝のことを考えると気分は悪いですが普通に美味しい水でした。


ちなみに今回の旅ではこんな感じで車中泊…

|   
(2011:03:30 07:27:23, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:200, 16 mm(換算24 mm), 16.0-85 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: 201103東日本大震災  

ちなみに今回の旅ではこんな感じで車中泊もしくは野宿でした。普段は道路にテントを張ることはないのですが、ここは原発から数キロと近い場所で自動車が通ることもないだろうということで選びました。

原発から近いということを考えると10~20マイクロシーベルト/時といったぐらいでしょうか?。しかしたいていの場合この値は道路からある程度の高さで測るのが一般的です。こういう場所では原発の原子炉から直接飛んできた放射線が検出されるわけではありません。飛来して来た空中に舞っている放射性物質や地面に落ちた放射性物質からの放射線です。そして空中放出が少量に抑えられている現状では舞っている放射性物質よりも地上に落ちている放射性物質からの放射線の割合が高くなっています。つまり、、、

テントの中に寝転がっている状態では、立って歩いている状態に比べて、被爆する放射線量がケタ違いに多くなります。

今回の旅では1日のうち12時間以上をテントの中で寝転がって過ごしていました。仮に空中線量が15マイクロシーベルト/時、地表面線量が50マイクロシーベルト/時、寝転がっていた時間を1日12時間と仮定すると、原発30km圏内で過ごした2泊3日(74時間)での累積被爆量は2ミリシーベルト。これだけでおおよそ1~2年分の外部被曝です。はぁ。


ちなみに具体的に地面から何センチメートルで放射線を測るかはおそらく測定者次第。気温や湿度を測る百葉箱のように規格が決まっているとは思えないので適当でしょう(実際、原発敷地内のモニタリングポストでは地上にセンサーが設置されていますが、双葉町では建物の屋上に設置されています)。
現在報道されているモニタリング値。それが無意識的にも低い線量を示すように計測されている可能性があります。実際のところ各市町村や東電などがどうやって測っているかは興味深いところです。


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com