九華公園

|   
(2009:08:22 12:51:36, NIKON D200, F8.0, 1/1250, 0, ISO:100, 14 mm(換算21 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm f/4G, 撮影地, 潮位, 月齢:1.7, 中潮)
カテゴリ: 200908木曽三川  

(この記事は移行作業中につき本文やタイトルがほかの記事と重複している場合があります)

九華公園(きゅうかこうえん)

 昭和3年(1928年)、楽翁公(松平定信の隠居後の号)没後100年祭を記念して、当時の桑名町が桑名城跡の本丸・二之丸一帯を公園として整備しました。
 城にはよく地形や形から別の名前が付くことがありますが、桑名城はその形から「扇城(おうぎじょう)」と呼ばれました。桑名城跡には九華公園という名前が付いていますが、「九華」は、「くわな」と読ませ、江戸時代から使用されていました。これは、中国に九華扇という扇があり、扇城の名と「くわな」の読みにかけて付けられたということです。
 現在の九華公園は8.65ヘクタールあり、桜・つつじ・花菖蒲(はなしょうぶ)などの名所として、市民の憩いの場所となっています。





前の画像次の画像

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com