明石海峡大橋と流星群

|   
(2018:12:13 03:04:36, SONY α7R II, F2.8, 4, ISO:3200, 20mm, Nikon AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, ☆, 撮影地, 潮位, 月齢:5.8, 小潮, 3.3℃, 992.8hPa, 78%)

今回は明石海峡大橋にふたご座流星群が流れる写真を撮ろうとここを選びました。
撮影は19時22分から3時28分。その間に写っていた流星はたったの7つでした。流星7枚、ライトアップされた明石海峡大橋、3時4分の星空で9枚合成です。

明石海峡大橋は旗振山山頂から見て南西の方向。ふたご座が南西側に来るのは午前3時ぐらいなため、早い時間帯は西側はあまり流星が現れません。空を見上げていても、流れ星が来るのは東の空ばかり。でも深夜は明石海峡大橋のライトアップが消えるため、我慢して初期からこの角度でカメラを固定して撮影し続けました。
最後は雲が増えてきたので撮影終了。あともう少しだけ晴れていれば冬の大三角形が正面に来たのになぁ。
ついでに右の長い流星の右側にはウィルタネン彗星があるはずだけどよく分かりませんでした。

今回レンズはAF-S Nikkor 20mm/1.8Gを使ったのですが、最初は周辺まで綺麗に撮れていたのですが、明け方には中央は綺麗で周辺が土星のようにひずんでしまいました。大失敗。





前の画像次の画像

  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com