平清盛ゆかりの乙姫大明神

|   
(2017:04:14 09:51:59, NIKON D810, F8.0, 1/125, ISO:140, 20mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位, 月齢:17.0, 中潮)

平清盛ゆかりの乙姫大明神

塩屋駅から川沿いに、旧神明道路下畑橋の下へ。「乙姫大明神」の額がかかる朱色の社殿が乙姫神社。背後の樹木が茂る巨岩を仰ぐ。自然に宿る鎮守社。ご祭神は豊玉姫神。承安年間(1171年~1175年)平清盛の建立と伝えられる。下畑の鯛取山で浦島太郎が鯛を釣り、その鯛を助けて竜宮城に行き、岩の上で100年目に、目を覚ましたという「竜宮城伝説」があると地元の人に聞く。伝説の由来は明石藩主松平忠国ともいわれる。

(絵と文 伊藤太一)

下畑町





前の画像次の画像


アクセス順位



  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com