• 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

SONY α7RIIを使った感想

|
(2017:06:28 23:11:15, NIKON D810, F2.0, 1/125, 0, ISO:12800, 35.0 mm(換算35 mm), AF-S Nikkor 35mm f/1.8G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


実はちょっと前からSONY α7RIIを使っています。初めて使うミラーレスタイプの一眼。

α7RIIが一番素晴らしいのは自分でアプリを作ってインストールできる点。
中身がスマホと同じAndroidなので普通にAPKを開発/インストール/実行できてしまいます。これまでのホタルの写真はサクッと作った独自アプリで自動撮影していました。
(ちなみにSONY公式ストアでタイムラプスアプリ1000円を購入しましたが、最大990枚しか撮れず、間隔は1~60秒、ソフトからAF切れず、ブラケット未対応などなど。まったく使い物にならないゴミアプリでした。もちろん返金もできません。ほかにも画像転送アプリはexif変えてくるなど、純正アプリはどれもこれも使い物にならない感じ。ふぅ)

さらに手ブレ補正がすごいです。
川や滝をちょっと撮るぐらいなら三脚がなくてもいい感じ。1秒近い露出時間の手持ちでもぶらさずに撮れてしまいます。
こういうのを経験してしまうとすぐブレるNIKONのVRレンズとは一体何なんだろうと思ってしまいます。

α7RIIが一番致命的なのはバッテリー持ちの悪さ。
電源を入れているとすぐにバッテリーが減ります。電源を消し忘れて10分放置したら5%は減ってる感じ。
NIKONのデジカメは基本的に電源ONのまま持ち運んで撮りたいときにシャッターボタンを押すだけでした。しかしα7RIIは撮りたいときに電源を入れてからシャッターを押すことになります。
それじゃぁ不便すぎる!ということでモバイルバッテリーをカメラボディに固定できるようにしました。これのせいでコンパクトなミラーレスのはずなのに重い・・・ちなみに10,000mAhのモバイルバッテリーですが、これでも日の出から日没までバッテリー持ちません。
(ちなみに電源をOFFにしていてもバッテリーがどんどん減るそうです。なぜに?!)

あとはAFが使い物にならない点。
NIKONのレンズを使えるようにするComliteのAFマウント変換アダプターが特に悪いのですが、とにかくAFが使い物になりません。日中は大丈夫なものの、少し暗くなる昼過ぎ以降はMFでしか使えません。SONY純正のSEL2470GMだとAFはそこそこですが、それでもやはり夕方になってコントラストAFに切り替わるとファインダーでボケているのがわかる程度のAF精度。精度悪いしAF遅いわでD810のようにパッと撮れません。
ただしNIKONの光学ファインダーと違ってピント確認が容易なのでMFでもやっていけそうな印象です。NIKONではライブビューを使ってもピントを合わせきらないような状況下でも、α7RIIではファインダーで簡単にピント調整できてしまいます。

またピント合わせは、SEL2470GMなどの純正レンズだとAF-S+マニュアル調整の設定ができます(こんなのNikonなら当然できることなのですが、マウント変換アダプター利用時など未対応レンズではできません)。このときピントリングを回すと、フォーカスポイント部分が拡大表示されます。この辺は光学ファインダーでは作れない便利機能です。
ただし全体の構図が判りにくくなるので動体相手だったりすると使うのは無理ですが。端に全体像の表示もしてくれたらいいのに。

電源を入れてシャッターを押すとおかしなシャッタースピードになって「カメラエラー電源を入れなおしてください」と表示が出て電源OFF/ONしないといけなくなることがあります。これは炎天下だと起きやすいのかな?まだα7RIIを買って1ヶ月程度ですが1日に3回この現象が起きた日すら経験しています。
(リリース優先モード設定してるのに)シャッターをいくらおしてもAFが動くだけでシャッター落ちないこともあります。これも電源入れ直しで復旧。
ただでさえ電源ONからシャッターが切れる状態になるまで数秒かかるのに、こういうトラブルがあるので撮りたいときに撮れずシャッターチャンスを逃すこともありました。

ほかにも小さなバグや操作性の悪さはいっぱい。
MFで撮っているしメニューで切設定にしているにも関わらずAF補助光が光るとか、
設定してもバッテリー抜くまでそれが反映されないことがあるとか、
サイレントシャッターモードでブラケットをするとExifがおかしくなる?そもそもの露出がおかしい?とか、
メモリーカードへの保存中は画像確認できないから連射した後は画像確認まで1分ぐらい待たされたり、
撮影画像の拡大表示が遅くてやりにくいとか、
せっかくストロボにビデオライトがついているのにそれをMFのピント合わせに使えない?とか、
レリーズとモバイルバッテリーの給電が同じUSB端子だからどちらか片方しか使えなかったり、
Aモード設定でダイヤル回しても絞りが変わらずシャッター切ったら今度はダイヤルに触れてないのに絞りがF2.8→F22→F2.8→F22とぐるぐる変化しだしたり・・・

NIKONはカメラとしての完成度は高いものの、デジカメとしては不満な点ばかりでした。
α7RIIはカメラとしての完成度は低いけど、フィルムカメラからデジタルカメラとしての正常進化を肌で感じれる機種。これからに期待です。



前後の画像

前の画像 次の画像

カテゴリ