• 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

長浜城跡模型

|
(2010:09:18 09:27:46, NIKON D300, F14.0, 1/800, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


長浜城跡模型

長浜城跡は発端丈山から北東に延びる尾根先端部にあり、敵の攻撃から重須湊を守るために築かれた城です。
城の南側を除く三方は、急傾斜でけわしい深い海に接しており、戦国時代の軍艦である安宅船など大型船の停泊にも適していました。
また、城の周囲も崖となっており、水軍城として絶好の立地条件にあったといえます。
模型は、地形測量や発掘調査の成果を基に城の地形や敷地などを表示しています。
なお、表示した城周辺の海岸線や道などは、現在では埋め立てが進み地形も大きく変化しているため明治20年の旧陸軍による測量図を参考にしています。まだ重須には山越え道が続いており、戦国時代から大きな変化がなかったものと考えられます。
縮尺は、垂直縮尺200分の1、水平縮尺300分の1として、やや高さを強調しています。



前後の画像

前の画像 次の画像

カテゴリ