2017年4月13日の写真の記事


まだ朝8時前で人の少ない桜ノ宮へとやっ…

|   
(2017:04:13 07:42:28, NIKON D810, F11.0, 1/125, -1/2, ISO:200, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

まだ朝8時前で人の少ない桜ノ宮へとやって来ました。今日は天気がいいので花見の人もたくさん訪れそうです。


小塩山は今日にすればよかったと後悔する…

|   
(2017:04:13 07:52:42, NIKON D810, F16.0, 1/45, ISO:31, 50mm, AF-S Nikkor 50mm f/1.8G, ☆, 撮影地, 潮位)

小塩山は今日にすればよかったと後悔するほどの快晴。


暖かな日差しを浴びて鳩も気持ちよさそう…

|   
(2017:04:13 07:54:24, NIKON D810, F4.8, 1/250, ISO:64, 50mm, AF-S Nikkor 50mm f/1.8G, ☆, 撮影地, 潮位)

暖かな日差しを浴びて鳩も気持ちよさそう。


(タイトル未設定)

|   
(2017:04:13 08:08:20, NIKON D810, F8.0, 1/125, 0, ISO:80, 50 mm, AF-S Nikkor 50mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)




桜ノ宮の桜

|   
(2017:04:13 08:12:25, SONY Xperia Z(F5121) F2.0, 1/800, +1, ISO:40, 4.2 mm, 撮影地, 潮位)
カテゴリ: リアルタイム投稿  

大阪城付近は桜が満開。



(タイトル未設定)

|   

今日の目的は桜ではなく川崎橋付近で大川…

|   
(2017:04:13 08:19:01, NIKON D810, F8.0, 1/125, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

今日の目的は桜ではなく川崎橋付近で大川と合流するこの川。寝屋川です。寝屋川のさらに支流を行きます。
それにしてもこれが寝屋川だったのね。よく聞く名前だけどこの川だとは思いませんでした。


大川の川崎橋と大阪城の間、京橋に京橋川…

|   
(2017:04:13 08:24:03, NIKON D810, F8.0, 1/125, 0, ISO:80, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

大川の川崎橋と大阪城の間、京橋に京橋川魚市場跡が。江戸時代に川魚を独占的に取引していた場所だそうです。


京橋川魚市場跡

|   
(2017:04:13 08:24:06, NIKON D810, F8.0, 1/125, 0, ISO:180, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

京橋川魚市場跡

大阪の魚市場といえば雑魚場市場が著名である。しかし近世の魚市場は雑魚場ひとつではなく、木津や天満にも海魚を扱う市場が営まれていた。また海魚とは別に川魚を扱う市場が京橋にあった。
京橋川魚市場の起源は、石山本願寺の時期に設けられた鮒市場とされる。もともとは漁民が、京橋の北詰に川魚を持ち寄って販売する市のようなものだったと考えられる。寛保元年(1741年)の「京橋川魚独占販売由来記」によれば、慶長年間(1596~1615年)の初め頃に、小出播磨守秀政の指示を受けて構成員55人、うち5人を幹事である年寄とする市場機構のシステムが整えられた。
以降近世を通して、幕府に大坂で川魚を独占的に扱うことを公認された市場となった。
近代に入り、市場機構の変革が進む中、京橋川魚市場明治末期には中之島6丁目付近へ移転し、大正4年(1915年)に大阪川魚株式会社が設立された。

大阪市教育委員会


大阪城の外堀の外側にあたる寝屋川沿いの…

|   
(2017:04:13 08:24:32, NIKON D810, F8.0, 1/500, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

大阪城の外堀の外側にあたる寝屋川沿いの遊歩道へ。


対岸右側のレンガ造りの建物の上にほんの…

|   
(2017:04:13 08:25:07, NIKON D810, F8.0, 1/750, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

対岸右側のレンガ造りの建物の上にほんのわずか大阪城が見えました。


寝屋川と第二寝屋川との合流点。対岸側に…

|   
(2017:04:13 08:27:33, NIKON D810, F8.0, 1/1000, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

寝屋川と第二寝屋川との合流点。
対岸側にぐるっと回って正面奥の第二寝屋川の方へと向かいます。


対岸に大阪城が見えました。左側はビルに…

|   
(2017:04:13 08:33:07, NIKON D810, F9.5, 1/180, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

対岸に大阪城が見えました。
左側はビルに空などが写り込んでいます。帰宅してから画像をチェックしたとき、この写真のサムネイルを見てデータ破損が起きたの?!とビックリしてしまいました。


寝屋川と第二寝屋川の合流点に来ました。…

|   
(2017:04:13 08:38:11, NIKON D810, F9.5, 1/250, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

寝屋川と第二寝屋川の合流点に来ました。
右側が寝屋川。左側が第二寝屋川です。左側へ。


竿を自作器具で固定して釣りをしている人…

|   
(2017:04:13 08:38:25, NIKON D810, F9.5, 1/180, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

竿を自作器具で固定して釣りをしている人が数人いました。
練り餌を使っている人もいたから鯉や鮒狙い?遡上してきたキビレ狙い?何ねらいでしょう。
ちなみにこの付近の大川でウナギが釣れるらしいので、ここでも夜ならウナギが釣れそう。


大阪ビジネスパーク開発の碑

|   
(2017:04:13 08:39:24, NIKON D810, F9.5, 1/125, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

大阪ビジネスパーク開発の碑

元禄時代より、この地には大阪城の京橋口定番下屋敷が置かれていまさいた。ここに積まれている石垣は、当時の定番下屋敷を囲んでいた石垣の一部を保存、修景したものです。
寝屋川(旧 大和川)を行き交う「野崎参り」の屋形舟の上からは、手前にこの石垣が、そしてその背後に大阪城が眺められました。
定番下屋敷と大阪城内とは、鴫野橋によって結ばれていましたがその位置はほぼ現在の新鴫野橋の位置にあたります。鴫野橋を手前に、後方大阪城を望む情景は、大阪名所のひとつに数えられ、安永7年(1778年)の「絵本名物浪花のながめ」にも当時の風情が画き残されています。
明治時代から太平洋戦争の集結まで、当地区一帯は陸軍省用地とされていましたが、戦後は民有地となって、工場や倉庫として利用されてきました。その後、当地区一帯約26ヘクタールを、新しいビジネス都心として再開はああつする機運が高まり、1976年、区画整理事業による「新都心」の開発が始まりました。
元禄時代より今日に至る由緒あるこの地に、大阪の新しい都心の発展を期待して、この碑を定めました。

1985年3月
大阪ビジネスパーク開発協議会


保存されている石垣。

|   
(2017:04:13 08:40:16, NIKON D810, F9.5, 1/180, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

保存されている石垣。


200年以上前から大阪城を望む名所とな…

|   
(2017:04:13 08:42:17, NIKON D810, F9.5, 1/250, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

200年以上前から大阪城を望む名所となっているという新鴫野橋。
新鴨野橋かと思ったら鴨(かも)ではなく鴫(しぎ)です。紛らわしい・・・


新鴫野橋

|   
(2017:04:13 08:42:32, NIKON D810, F9.5, 1/125, +2, ISO:110, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

新鴫野橋

かつてこの地に鴫野橋と呼ばれた橋があった。初めて架けられた時期は明確ではないが、豊臣氏の大阪城築城の後には、城と鴫野村の間にあったと推定される。徳川時代にはこの付近に京橋口御定番下屋敷や、その他の幕府の施設がおかれ「公儀橋十二ヶ所」のひとつと定められた。また近くには弁財天の祠もあり、梅の花ざかりの頃は多くの人々で賑わったと言われている。
明治時代になって、この辺りは、大阪砲兵工廠の敷地となり、橋も軍の施設となったが、太平洋戦争後に大阪市へ引き継がれ、この間に新鴫野橋と改称された。廃墟と化した大阪砲兵工廠跡も、大阪城公園と大阪ビジネスパークという新しい街として生まれ変わった昭和61年より、大阪府の河川改修事業の一環として、歴史と環境に調和した新しい橋の工事が始められた。
その竣工に際し由緒あるこの橋の由来をここに示すものである。

平成元年3月吉日
大阪府


鴫野橋には大阪城を撮る観光客がたくさん…

|   
(2017:04:13 08:44:57, NIKON D810, F9.5, 1/250, 0, ISO:64, 20 mm, AF-S Nikkor 20mm f/1.8G, 撮影地, 潮位)

鴫野橋には大阪城を撮る観光客がたくさんいましたが、そこから上流側の桜並木には観光客の姿なし。


  

  • 購読


  • jpcoastcom2@gmail.com