201104 富山の記事


ホタルイカの産卵シーズンになりました。毎年この時期には「ホタルイカの身投げ」が起きます。夜中に沿岸に集まったホタルイカが勢い余って砂浜にうち上がる現象です。今年は見ることができるのでしょうか?
ということで砂の中から引っ張り出すと…(タイトルなし)富山港展望台の麓では、風で桜吹雪が舞…(タイトルなし)おっちゃんが砂浜でゴルフの練習をして…荒波によって角が取れた大きな丸石を積…履物 問屋 高木商店 電話144番昔、橋場として賑わっていた場所らしい…
滑川本陣跡日没後しばらくは空が赤紫色に染まって…朝になっても波が高くテトラポットを越…神通川の土手にはたくさんのハマダイコ…電車までまだ時間があったので富山駅前…富山駅の北側は近代的な富山ライトレー…富山へ深海魚を発見!
ほたるいかミュージアム帰宅中車内清算満月の大潮に合わせて富山にやって来ま…ホタルイカの身投げが起きるのはこの場…とりあえず八重津浜海水浴場を富山火力…ここ場所にはコメツキガニがピンポイン…八重津浜海水浴場に入っているテトラポ…
富山新港側にも火力発電所が見えます。そういえばちょうど今は鮎の遡上シーズ…富山火力発電所の麓までやって来ました。骨組みちっくなところがなんとなく福島…彦助浜彦助浜(タイトルなし)富山市のマンホール
富山市の消火栓来るたびに思うのですが、富山はほんと…富山市のマンホール凍結検知装置神通川に架かる橋では、縁石から融雪用…境内の海側に大きな常夜燈がありました…金刀比羅社と常夜燈金刀比羅社(琴平神社)と常夜燈


 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   >>|

  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

滑川本陣跡

|
(2011:04:17 17:06:25, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:320, 26.0 mm(換算39 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


滑川本陣跡

 江戸時代、参勤交代などで、街道を往復する大名の休泊のため宿駅に本陣を設けた。
 寛永2年(1625年)桐沢家2代九郎兵衛は、加賀藩から御旅屋を命ぜられ、およそ6000平方メートルの敷地内に、格式ある屋敷をかまえ本陣とした。
 桐沢家は歴代綿屋と称し、火災により一時的な変更もあったが、天保9年まで約200年余りの間本陣を勤めた。
 この地が、その跡である。

滑川市教育委員会



滑川本陣跡

|
(2011:04:17 17:07:16, NIKON D300, F5.6, 1/640, +1/3, ISO:320, 85.0 mm(換算127 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, ☆, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





重厚な扉の蔵造り。なんとなくこの付近…

|
(2011:04:17 17:08:44, NIKON D300, F8.0, 1/160, +2/3, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


重厚な扉の蔵造り。なんとなくこの付近に似つかわしくない建物がありました。1階部の屋根が曲線を描いているのがここっぽい?

小川温泉案内所



芭蕉「奥の細道」と川瀬屋

|
(2011:04:17 17:09:29, NIKON D300, F8.0, 1/250, +2/3, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





芭蕉「奥の細道」と川瀬屋

|
(2011:04:17 17:09:40, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


なめりかわ宿場回廊6

芭蕉「奥の細道」と川瀬屋

 元禄2年(1689年)、松尾芭蕉と同行の曾良は、奥の細道の旅の途中、7月13日(新暦では8月27日)の夕方滑川に着き宿った。旅籠の川瀬屋という説が有力でこの辺りにあった。宝暦13年(1763年)に「俳諧早稲の道」を著した川瀬知十は翁の宿泊を記念して自家の壇那寺である徳城寺の境内に「早稲の香や分け入る右は有磯海」の吟詠を刻んだ句碑を建立した。徳城寺は、この頃はまだ新町(荒町)の海辺にあったが、明治13年(1880年)に、句碑とも現在地に移転した。


【荒町の成立】
 新町は、大町、瀬羽町に次いで、慶長年間に新しくできた町であったと伝えられる。海岸線に平行して東西に北国街道(北陸街道)が走り、その両側に家並みが連なり、浜に抜ける小路が発達した

滑川市



芭蕉「奥の細道」と川瀬屋

|
(2011:04:17 17:09:54, NIKON D300, F8.0, 1/320, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





鍛治屋橋と中町

|
(2011:04:17 17:14:26, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:320, 18.0 mm(換算27 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





鍛治屋橋と中町

|
(2011:04:17 17:14:31, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:320, 18.0 mm(換算27 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


なめりかわ宿場回廊5

鍛治屋橋と中町

 神明町と中町の境界を成す大町川が街道を横切るあたりに、江戸時代初期ごろ鍛冶屋が置かれ、加賀藩によって地子除けの地(免税地)とされたという。東側には御蔵所があったため川には橋が掛けられ、鍛治屋橋と呼ばれた。
 日蓮宗長福寺は、松倉城から天正10年(1582年)に現在地に移転した。浄土宗無縁寺は、元禄年間に、綿屋九郎兵衛によって再興された。明治11年(1878年)、明治天皇は北陸巡行に際し、竹中禎三郎家でお休みされた。従った人に、岩倉具視や大隅重信らがあった。

滑川市



幾原神社と神明町

|
(2011:04:17 17:17:08, NIKON D300, F8.0, 1/100, +2/3, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





幾原神社と神明町

|
(2011:04:17 17:17:14, NIKON D300, F8.0, 1/80, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


なめりかわ宿場回廊4

幾原神社と神明町

 もとは柳原町(現滑川柳原)に所在したといわれ、延喜式内社の系譜を有する神社。
 江戸時代に遷座した。天明3年(1783年)の「滑川惣絵図」は「神明社」と記されている。江戸初期に町の東端の社地に成立したのが神明町である。境内には、安政2年(1855年)、滑川町の俳人亀田呉橋や石川東邱らによって建立された芭蕉句碑があり、「しばらくは花のうへなる月夜かな」の句が刻まれている。


【常夜灯】

 ここの常夜灯は、川瀬屋によって金毘羅社に寄進されたものといわれ、文化12年(1815年)の年号が刻まれている。
 本来、金毘羅社では船舶航行の安全を祈願するが、これは道しるべを兼ねた献灯施設として寄進されたものと思われる。

滑川市



幾原神社

|
(2011:04:17 17:19:41, NIKON D300, F8.0, 1/125, 0, ISO:320, 45.0 mm(換算67 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





麦飯石銭湯 塩湯

|
(2011:04:17 17:21:08, NIKON D300, F8.0, 1/100, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


幾原神社の裏手にひっそりと銭湯がありました。


おふろやさん
麦飯石銭湯 塩湯

営業時間
午後2時30分~午後9時30分
(水曜日は、薬湯の日午後2時00分より)

定休日
毎週木曜日


本日
龍宮風呂
海洋深層水のゆ
3月27日(日)~5月8日(日)
毎週日曜日



この付近はテトラポットが大量に積まれ…

|
(2011:04:17 17:22:51, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


この付近はテトラポットが大量に積まれていました。



常盤町と町域の拡大

|
(2011:04:17 17:25:01, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





常盤町と町域の拡大

|
(2011:04:17 17:25:07, NIKON D300, F8.0, 1/250, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


なめりかわ宿場回廊3

常盤町と町域の拡大

 滑川宿の東端は、幾原神社のある神明町であったが、文化・文政期になると、周辺農村部からの流入人口で町域が肥大化し、神明町の家並みに連続して東側に家建てされるようになり、天保期頃には「新屋敷」と呼ばれた。
 浄土真宗大谷派称永寺は、かつて大町の海辺にあったので浜の御坊とも称されるが、万延元年(1860年)に現在地に移った。
 参道の周辺に茶屋街が立ち並び、明治時代に常盤町と改められた。
 東側の石碑群の中に、江戸後期の俳人青山百爾の「みておればおはれか々るや夜の花」の句碑がある。
 厚生連滑川病院には、孝子伝説による湧水「孝徳泉」の跡が残る。

滑川市



和田の浜古戦場跡

|
(2011:04:17 17:25:37, NIKON D300, F8.0, 1/160, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)





海辺を歩くことが多かったため撮影は出…

|
(2011:04:17 17:26:33, NIKON D300, F8.0, 1/200, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


海辺を歩くことが多かったため撮影は出来ていませんが、このような解説などが用意されていない詳細不明な石碑が至る所にありました。



だいぶ日が暮れて来ました。

|
(2011:04:17 17:28:03, NIKON D300, F8.0, 1/500, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


だいぶ日が暮れて来ました。



養鶏場の排水なんて普通に下水処理場に…

|
(2011:04:17 17:28:49, NIKON D300, F8.0, 1/125, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


養鶏場の排水なんて普通に下水処理場に運ばれるのでは?なんて思っていたのですが、どうやら川に(そのまま?それとも処理してから?)垂れ流すようになるため川の上流部であれば水源が汚染されるそうです。今まで養鶏場=近くは臭い、小規模養鶏場なら卵の自販機がある、程度にしか考えたことがありませんでした。


孫の代まで守ろう早川の水
養鶏場建設反対
滑川市民の水道・水源を守る会
076-475-6302



ほたるいか群游海面

|
(2011:04:17 17:29:02, NIKON D300, F8.0, 1/125, 0, ISO:320, 16.0 mm(換算24 mm), 16.0-85.0 mm f/3.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


国指定特別天然記念物
滑川を中心として沖合1260メートル
ほたるいか群游海面



 前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10   >>|

カテゴリ