200910 京都の記事



トロッコおじさんのレンタサイクルトロッコおじさんのレンタサイクル臨川寺臨川寺一ノ井堰一ノ井堰一ノ井堰一ノ井堰
一ノ井堰嵐山(その他)嵐山(その他)嵐山(その他)嵐山のエノキ嵐山のエノキ嵐山のエノキ嵐山のエノキ
嵐山のエノキ渡月橋渡月橋渡月橋渡月橋渡月橋京都は嵐山へ京都・嵐山へ
京都・嵐山へ京都・嵐山へ


|<< 前へ;  1  2   >>|

  • 地図内の宿泊施設/画像の表示設定
    ホテルを表示
    宿泊費情報のないホテルも表示
    1人で泊まれるホテルのみ表示
    宿泊費が円のホテルを表示
    画像を表示

京都・嵐山へ

|
(2009:10:11 13:31:58, NIKON D300, F11.0, 1/640, 0, ISO:200, 14.0 mm(換算21 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3675.jpg DSC_3680.jpg DSC_3682.jpg

京都は嵐山へ行って来ました。大阪から京都へはすぐですが、なかなか行く機会のない場所。最近では地方に行ってもあまり見かけることのない茅葺きの建物が街中に残っていました。さすが京都です。






京都・嵐山へ

|
(2009:10:11 13:35:46, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3675.jpg DSC_3680.jpg DSC_3682.jpg

京都は嵐山へ行って来ました。大阪から京都へはすぐですが、なかなか行く機会のない場所。最近では地方に行ってもあまり見かけることのない茅葺きの建物が街中に残っていました。さすが京都です。






京都・嵐山へ

|
(2009:10:11 13:36:44, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3675.jpg DSC_3680.jpg DSC_3682.jpg

京都は嵐山へ行って来ました。大阪から京都へはすぐですが、なかなか行く機会のない場所。最近では地方に行ってもあまり見かけることのない茅葺きの建物が街中に残っていました。さすが京都です。






嵐山のエノキ

|
(2009:10:11 13:44:19, NIKON D300, F11.0, 1/50, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3734.jpg DSC_3694.jpg DSC_3723.jpg DSC_3731.jpg DSC_3814.jpg

渡月橋付近には何本かの巨木が生えています。エノキという木のようです。すぐ下では修学旅行生が記念撮影をしている姿も見れました。






京都は嵐山へ

|
(2009:10:11 13:46:27, SO905i, , , 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

0910111432_320x240.jpg
京都までやって来ました。飲んでしまったのでしばらく移動できない状態になってます。






渡月橋

|
(2009:10:11 13:47:00, NIKON D300, F11.0, 1/250, +1, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3697.jpg DSC_3701.jpg DSC_3707.jpg DSC_3714.jpg DSC_3730.jpg

嵐山と言えばこの渡月橋です。これ以外は何もないと言い切ったら怒られますが、言い切りたくなるぐらいこれ以外見る場所はありません。この日は天気もよかったため、ものすごい人・人・人でした。






渡月橋

|
(2009:10:11 13:47:50, NIKON D300, F11.0, 1/125, +1, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3697.jpg DSC_3701.jpg DSC_3707.jpg DSC_3714.jpg DSC_3730.jpg

嵐山と言えばこの渡月橋です。これ以外は何もないと言い切ったら怒られますが、言い切りたくなるぐらいこれ以外見る場所はありません。この日は天気もよかったため、ものすごい人・人・人でした。






渡月橋

|
(2009:10:11 13:49:34, NIKON D300, F11.0, 1/125, 0, ISO:200, 70.0 mm(換算105 mm), Nikkor 70-300mm F4.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3697.jpg DSC_3701.jpg DSC_3707.jpg DSC_3714.jpg DSC_3730.jpg

嵐山と言えばこの渡月橋です。これ以外は何もないと言い切ったら怒られますが、言い切りたくなるぐらいこれ以外見る場所はありません。この日は天気もよかったため、ものすごい人・人・人でした。






渡月橋

|
(2009:10:11 13:51:55, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 22.0 mm(換算33 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3697.jpg DSC_3701.jpg DSC_3707.jpg DSC_3714.jpg DSC_3730.jpg

嵐山と言えばこの渡月橋です。これ以外は何もないと言い切ったら怒られますが、言い切りたくなるぐらいこれ以外見る場所はありません。この日は天気もよかったため、ものすごい人・人・人でした。






嵐山のエノキ

|
(2009:10:11 13:52:55, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3734.jpg DSC_3694.jpg DSC_3723.jpg DSC_3731.jpg DSC_3814.jpg

渡月橋付近には何本かの巨木が生えています。エノキという木のようです。すぐ下では修学旅行生が記念撮影をしている姿も見れました。






嵐山(その他)

|
(2009:10:11 13:54:10, NIKON D300, F11.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4405.jpg DSC_3727.jpg DSC_3728.jpg

子供はたくさんいましたが、ちょっと水かさが増してるためなのか、バチャバチャ水遊びをする子供は数人しかいませんでした。






嵐山(その他)

|
(2009:10:11 13:55:33, NIKON D300, F11.0, 1/400, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4405.jpg DSC_3727.jpg DSC_3728.jpg

子供はたくさんいましたが、ちょっと水かさが増してるためなのか、バチャバチャ水遊びをする子供は数人しかいませんでした。






渡月橋

|
(2009:10:11 13:56:50, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 15.0 mm(換算22 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3697.jpg DSC_3701.jpg DSC_3707.jpg DSC_3714.jpg DSC_3730.jpg

嵐山と言えばこの渡月橋です。これ以外は何もないと言い切ったら怒られますが、言い切りたくなるぐらいこれ以外見る場所はありません。この日は天気もよかったため、ものすごい人・人・人でした。






嵐山のエノキ

|
(2009:10:11 14:01:22, NIKON D300, F11.0, 1/250, 0, ISO:200, 75.0 mm(換算112 mm), Nikkor 70-300mm F4.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3734.jpg DSC_3694.jpg DSC_3723.jpg DSC_3731.jpg DSC_3814.jpg

渡月橋付近には何本かの巨木が生えています。エノキという木のようです。すぐ下では修学旅行生が記念撮影をしている姿も見れました。






嵐山のエノキ

|
(2009:10:11 14:02:41, NIKON D300, F9.0, 1/500, -1/3, ISO:200, 75.0 mm(換算112 mm), Nikkor 70-300mm F4.5-5.6, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3734.jpg DSC_3694.jpg DSC_3723.jpg DSC_3731.jpg DSC_3814.jpg

渡月橋付近には何本かの巨木が生えています。エノキという木のようです。すぐ下では修学旅行生が記念撮影をしている姿も見れました。






嵐山(その他)

|
(2009:10:11 14:05:18, NIKON D700, F8.0, 1/1000, 0, ISO:200, 16.0 mm(換算16 mm), 16.0 mm f/2.8, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_4405.jpg DSC_3727.jpg DSC_3728.jpg

子供はたくさんいましたが、ちょっと水かさが増してるためなのか、バチャバチャ水遊びをする子供は数人しかいませんでした。






一ノ井堰

|
(2009:10:11 14:16:09, NIKON D300, F11.0, 1/320, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3756.jpg DSC_3757.jpg DSC_3760.jpg DSC_3762.jpg DSC_3779.jpg

渡月橋のすぐ上流部には堰があります。そこは手漕ぎボートによるカップル天国。しかし、普通の場所とは違い、水が流れ落ちる堰の所までボートで行けます。そしてそこまで行ってしまうと、流れ落ちる水の流れに負けて進めなくなり立ち往生。そんなボートを救出する係りの人が大活躍な場所でした。



京野菜を育む
一ノ井堰(洛西用水)

 一ノ井堰は、桂川の水を田畑に送るため、古くは5世紀末に設けられたという農業水利施設です。嵐山の水面の風景をつくる礎ともなっています。
 一ノ井堰から流れゆく洛西用水は、下流で枝分かれし、今も地域の田畑を潤し続け、京野菜やお米を育んでいます。

洛西土地改良区(水土里ネット洛西)



一ノ井堰

|
(2009:10:11 14:17:13, NIKON D300, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3756.jpg DSC_3757.jpg DSC_3760.jpg DSC_3762.jpg DSC_3779.jpg

渡月橋のすぐ上流部には堰があります。そこは手漕ぎボートによるカップル天国。しかし、普通の場所とは違い、水が流れ落ちる堰の所までボートで行けます。そしてそこまで行ってしまうと、流れ落ちる水の流れに負けて進めなくなり立ち往生。そんなボートを救出する係りの人が大活躍な場所でした。






一ノ井堰

|
(2009:10:11 14:18:20, NIKON D300, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3756.jpg DSC_3757.jpg DSC_3760.jpg DSC_3762.jpg DSC_3779.jpg

渡月橋のすぐ上流部には堰があります。そこは手漕ぎボートによるカップル天国。しかし、普通の場所とは違い、水が流れ落ちる堰の所までボートで行けます。そしてそこまで行ってしまうと、流れ落ちる水の流れに負けて進めなくなり立ち往生。そんなボートを救出する係りの人が大活躍な場所でした。






一ノ井堰

|
(2009:10:11 14:19:52, NIKON D300, F11.0, 1/500, 0, ISO:200, 12.0 mm(換算18 mm), AF-S DX Nikkor 12-24mm F4G, 撮影地, 周辺ホテル, 潮位)


(この記事は現在移行作業中のため、他記事と文章が重複している可能性があります。ご了承下さい。)

DSC_3756.jpg DSC_3757.jpg DSC_3760.jpg DSC_3762.jpg DSC_3779.jpg

渡月橋のすぐ上流部には堰があります。そこは手漕ぎボートによるカップル天国。しかし、普通の場所とは違い、水が流れ落ちる堰の所までボートで行けます。そしてそこまで行ってしまうと、流れ落ちる水の流れに負けて進めなくなり立ち往生。そんなボートを救出する係りの人が大活躍な場所でした。






|<< 前へ;  1  2   >>|

カテゴリ